ドリームトリップスは世界No.1の会員制旅行サービス

ドリームトリップスは、世界の超一流ホテルに最安値で宿泊できる旅行会社で、ケイティ・ペリー、サミュエル・L・ジャクソン、パフ・ダディといった世界のスターやセレブ達もこぞって参加している世界No.1の会員制サービスです。
憧れだったセレブ旅行

台湾のグルメ旅行

台湾の食事は多くの人が認めているように、おいしいものばかりです。 海外の観光旅行で食事が合わないケースがあるのですが、台湾だけは日本人の口に合っているのでしょう。 観光旅行の後にはグルメを満喫しましょう。 観光スポットの一つとしてもあげられている夜市ですが、並んでいる屋台の食べ物は美味しいものばかりです。 高級食材と言うことではなく、庶民のごちそうと言った感じでしょうか。 グルメ旅行を考えているなら、夜市の屋台巡りが一番ですね。 ハズレはありません。 メニューは基本的に中国語で書かれていますが、所によっては日本語が併記されている場合もあるようです。 ただ、漢字で書かれていますから、何となく料理が想像できます。 もちろん、日本では食べたことのないような料理も出てきます。 お勧めはかき氷です。 適当なトッピングを盛り付けて、その上に黒蜜をかけて食べます。 屋台によってトッピングは変わりますが、ライチのような木の実をシロップ漬けしたものが多いようです。 それぞれのトッピングだけでもおいしく食べられます。 台湾は南国ですから、やはり暑いです。 そんな時のかき氷はあなたの舌に溶け込んでくることでしょう。 蓮の実、タロイモ、白玉など自由にトッピングしていいのです。 台湾の料理は中国料理の流れを受け継いでいます。 しかし、日本の統治時代も長かったために、食事が日本風になっているのかもしれません。 世界の料理の中で日本人が満足できる料理はそれほど多くないですよね。

台湾の歴史と観光旅行

台湾の歴史を知る観光旅行に出かけませんか。 日本からは隣の国となる台湾ですから、日本との関係も深いものがあります。 しかし、私たちの多くはその歴史をあまり知らないのです。 台湾の観光地を巡る旅行でも、随所に日本との関係を見ることができます。 台北市の植物園のそばにある中華風の建物が国立歴史博物館です。 台北に行ったならば、ぜひ訪れたい場所ですね。 閑静な環境に囲まれた博物館では、芸術品を見終わった後のお茶を楽しむこともできます。 この博物館は1955年に建てられました。 台湾の歴史と文化を一堂に集めた博物館として、国内外の各界から高い評価を受けています。 芸術品のコレクション、文化教育の推進、研究、または展示会イベントの開催と多方面の活動を行ってきました。 1階は特設展示場となっており、2,3か月周期で大きな展示イベントが行われます。 観光旅行で訪れた時にどのような展示が行われているか調べておくといいでしょう。 台湾国内の展示物だけではなく、世界各国の芸術品、文化物の展示が行われています。 日本では見られない展示も行われているケースが少なくありません。 それから2階は同じように特設展示場となっていますが、規模は少し小さくなります。 博物館の入館料だけで観覧することができます。 台湾の陶芸文化は1970年代に花開いたと言われています。 近代芸術は経済と教育の振興によって成し遂げられたのです。 その開拓者とも言えるのが曾明男です。 そして、博物館で最後に寄ってもらいたいのが「忘言軒」です。 2階にあるカフェです。 窓際の席からは、中庭の景色がすばらしいです。 カップルなら、格好のデートスポットですね。

おすすめの台湾観光旅行

台湾に住んでいる人のお勧めスポットを紹介しましょう。 お勧めなどは人によって異なりますから、一例と思ってください。 現地に住んでいると観光旅行に出かけるわけではありませんから、日本からのリピーターの方が意外と知っているかもしれませんね。 さて、台湾観光では足裏マッサージが有名ですね。 これはかなり痛いです。 時には無理やり力を入れてくる施術者もいるそうですから、あまり我慢しないで途中で中止することも考えておきましょう。 どこでもいいわけではなく、足裏マッサージをやってくれるところを厳選した方がいいのです。 台北にある「知足健康中心」は安心して任せられるマッサージ師です。 先生だけではなく奥さんと娘さんも施術師だそうです。 片言の日本語で話しかけてくれます。 足裏マッサージは30分で50元です。 台北駅前で清潔な店内です。 それから、エステですね。 日本と同じ価格ならば、時間は2倍受けられます。 ゴージャスな雰囲気に浸りましょう。 旅行先でエステを受ける時にはお金をけちらない方が結果はよいようです。 気持ちがリフレッシュできるのですから、安いものですよ。 アロママッサージではお客によってマッサージの強さを変えてくれます。 また、アトピーの人のためのマッサージや男性用マッサージもあります。 朝早くから開いているお店もあります。 ただ、日本語はほとんど通じませんから、英語か中国語ができるとかなり楽です。 観光スポットのより楽しむことができるでしょう。

台湾の観光地

剥皮寮は台湾の萬華地区にある観光名所です。 観光旅行では欠かせないところです。 萬華地区は300年ぐらい前から商業の町として栄えてきたところです。 船を利用して、サツマイモや茶葉などの産物を運んでいたそうです。 その後、木材や炭などの売買も行われるようになり、ますます発展していきました。 剥皮寮は日本の統治時代に小学校の一部として、整備されたところです。 しかし、面積が広すぎたために、学校として使われなかった部分が商店として活用されていたのです。 建物は台湾の伝統的な様式と洋風バロック様式が混然となった町並みです。 近代までほぼ完全な姿で残されていました。 現在では老朽化による危機で、剥皮寮も改築の動きが出ています。 台北市政府は1988年に歴史的な街並みとして保存することを決め、2009年に修復を完了させています。 剥皮寮の名前の由来は、木材の皮を剥いで加工した場所であることから、この名前になったのだそうです。 駅から徒歩5分で剥皮寮に着きますから、アクセスはとても便利ですね。 美しい近代的な街並みと古い町並みが不思議な雰囲気を醸し出しています。 見学だけでもいいのですが、商店街ですから、お土産を購入するとよいでしょう。 展示物もたくさんあるのですが、入場料が必要なわけではありません。 また、表示はほとんど中国語ですが、日本語の解説ガイドを依頼することもできるようです。 2日前までに予約が必要です。 展示品の中には日本統治時代の新聞のコピーなどもあります。 台湾と言いながら、昔の日本と錯覚してしまいますね。 台湾観光旅行に行ったら、剥皮寮を見学してください。

台北の観光旅行

台北観光なら台北ナビで調べてみましょう。 台湾の中心地が台北です。 観光名所もたくさんありますから、初めての旅行には一番でしょう。 台湾の面積はそれほど大きくありません。 台北だけで観光旅行を終らせるのはもったいないですから、各地を周るとよいでしょう。 しかし、台北だけでも見どころ満載です。 その一部を紹介しましょう。 台湾の目当ての一つがマッサージと言われています。 足裏マッサージは有名ですよね。 気軽に入れる足裏マッサージ店は多いのですが、ちょっとリッチな気分にさせてくれるスパはいかがでしょう。 台北の東区エリアには隠れ家のようなスパがあります。 緑が多い教化南路沿いの道路に面したところにあります。 入り口は普通のオフィスビルです。 看板もないのですが、中に入ると高級感あふれる空間が待っています。 こんなところでマッサージができるなんて驚きですね。 観光客を相手にしているわけではありませんから、日本語は通じないと思っておきましょう。 ただし、英語は通じるようですね。 それから、木炭文化に触れることができる谷巴レジャー村はどうでしょうか。 郷土文化と観光産業が合体したエリアです。 観光客に台湾の文化を伝えることが目的で作られたようです。 炭を使ったDIYを楽しむこともできます。 炭しおりを作ってみると貴重な体験になることでしょう。 木炭で作った置物や小物など日本では見られないものがたくさんあります。 将来的に木炭文化芸術の国際交流センターを作る構想があるそうです。

台湾の天気

旅行に行く前に現地の天気を調べておくことは大切ですね。 台湾は日本の隣ですから、日本の天気予報の中に台湾の天気予報もあります。 観光旅行先として台湾が選ばれる理由の一つとして、天気の安定があります。 亜熱帯、熱帯気候ですから、1年中温暖な気候となっています。 台風の時期を除けば、過ごしやすい国だと言えるでしょう。 日本のように明確な四季はありません。 3月から5月は晴れると暑いのですが、朝晩は少し冷えることがあります。 台風シーズンは6月から9月です。 湿度も高くなり暑苦しいですね。 ホテルなどではエアコンを強力に掛けていますから、逆に肌寒いかもしれません。 10月から11月は春先と同じで、日中は暑くて、朝晩は冷えます。 そして、12月から1月は気候的には日本の春のイメージです。 時には寒波に見舞われることもありますから、セーターを持っておくことをお勧めしますね。 台湾で日中に観光する時には、暑さ対策が大事です。 特に2012年の夏は日本と同じように猛暑となりました。 台湾旅行を計画しているならば、帽子、日笠、水分補給、サングラスなどを忘れないようにしておきましょう。 脱水症状や熱中症になってしまいます。 幸いなことに台湾にはコンビニがたくさんあります。 セブンイレブンやファミリーマートがあります。 お金さえあれば、水分補給の心配はないでしょう。 せっかくの台湾観光ですから、健康に注意して楽しみたいものですね。 しかし、実際の暑さは現地に行ってみないとわかりません。

台湾観光旅行の利用者

台湾旅行に行くのは女性が圧倒的に多いそうです。 その理由は何でしょうか。 台湾の観光旅行では女性に人気のグルメコースやエステ、マッサージ、ショッピングなどのプランがそろっています。 特に台北ではショッピングモールがどんどん新規オープンしており、女性向けのおしゃれな店が増えているそうです。 食事は台湾料理だけではありません。 中国の上海料理、広東料理、四川料理などバラエティに富んでいます。 高級料理店で食べるのもいいですが、夜市の屋台で食べる料理も素晴らしいものがあります。 日本で言うところのB級グルメですね。 価格も安いですから、食べ過ぎないように注意しましょう。 台湾は足つぼマッサージが本場です。 美容と健康のためにマッサージをしてもらうのもいいですよ。 台湾に滞在している間、毎晩マッサージに通う人もいるのです。 台湾の夜市について説明しましょう。 各都市には夜市があり、大きな都市では複数の夜市となります。 観光客が必ず訪れるようになった夜市ですが、本来は地元住民たちの憩いの場として意味合いが強かったようです。 夜市の人気の秘密も食事のメニューの豊富さです。 観光客なら必ず夜市に行くべきでしょう。 いろいろな料理が安くておいしいのです。 もちろん、食べ物だけが魅力ではありません。 洋服やアクセサリー、雑貨なども販売している屋台もあります。 知人へのお土産を購入する人も多いようですね。 日本の夏祭りの雰囲気でしょうか。 子ども向けのゲームの屋台もありますね。

台湾観光旅行の基礎知識

外国に行くならば、その国の基本的なことは知っておいた方がよいでしょう。 台湾は日本に近いのですが、意外と日本人は台湾のことを知りません。 観光地もどこにあるかわからないですよね。 旅行に出かけて、南も北もわからないと感動が今ひとつになってしまいますね。 さて、台湾の基本情報を紹介しましょう。 まず、人口ですが、おおよそ2000万人強です。 その中の1割以上が台北市です。 その次は高雄市で、150万人です。 国土の面積はほぼ九州と同じです。 ただし、九州の人口は1500万人ですから、人口密度は高いと言えますね。 沖縄の南側に位置していますから、気候的には南国そのものです。 湿度も意外と高いのです、すぐに汗ばんでしまいますが、冬場が一番過ごしやすいようです。 海外の治安の悪さは、いろいろな旅行の口コミを読むとわかるのですが、台湾は犯罪発生件数が少ない方からトップクラスです。 つまり治安はいいのです。 もちろん、国内でも同じですが貴重品はしっかりと持っておかなければなりません。 台湾の物価については、円高の影響もありますが、全般的に安いと考えて間違いありません。 日本の相場の半額と思えばよいでしょう。 台湾の観光名所をいくつか紹介します。 台湾南部の高雄市には「愛河」と言う美しい川があります。 観光スポットですね。 河畔には緑地公園や自転車道などが整備されています。 夕方の散策などいいですね。 それから、日本人が一番助かるのは、台湾にはチップの習慣がないことです。

格安の台湾観光旅行

総合的に旅行情報をインターネットで提供しているサイトはたくさんあります。 台湾への観光旅行を考えているならば、このようなサイトから格安旅行を探すのはどうでしょうか。 もちろん、台湾と言ってもいろいろな地域がありますから、価格だけでツアーを決めることはできません。 しかし、目的地や観光場所を明確にすれば、それなりに格安のツアーや航空券が見つかるのです。 台湾行の格安航空券を探してみましょうか。 国内でも同じことですが、早めに購入することでかなりの割引を受けることができます。 旅行会社はこのような早割の航空券を確保しているのです。 価格の例です。 福岡から台北までの往復ならば、燃料費込みで2万2千円台です。 その代わり、航空会社の指定などはできません。 成田発を選べばもっと安くなります。 後は現地でのホテル代や食事代などですね。 ホテル代も抑えたいと思うなら、格安を探してみましょう。 ただし燃料代がかかりますから、正確な費用は問合せることが大事です。 航空券とホテルをセットにしたツアーが便利ですね。 日中は自由時間がほとんどですが、自分で決めたところに観光に出かければよいのです。 あなたが台湾旅行に出かける時にどのようなスタイルの旅行を考えるかによって、激安の選び方が代わります。 台湾まで往復するだけの金額ぐらいで、どうしてホテル代が出るのか不思議でなりませんよね。 ただし、このような格安ツアーの場合はホテルの質を期待してはいけません。

台湾観光旅行の魅力

台湾旅行の魅力はどこにあるでしょうか。 もちろん、人それぞれに旅行に求めるものは違うでしょう。 台湾には観光地もたくさんありますから、観光地を巡る旅行もいいですね。 他の国と比べてどうかと言いますと、食事がおいしいと言うことでしょうか。 日本人の味覚に合うのでしょうね。 中国や韓国料理はちょっと苦手だと言う人は多いのですが、台湾料理がダメと言う人は少ないのです。 台湾の気候は沖縄のイメージです。 冬がなく、1年中暖かい国ですね。 観光産業が極端に盛んなわけではありませんから、日本語がそのまま通じるわけではありません。 しかし、台湾の表記は漢字ですから、日本人なら何となく意味がわかるようです。 しゃべらなくても指させばいいのです。 レストランでメニューを見ながら、これと言えばいいのです。 ホテルには日本語がわかるスタッフがいるようです。 治安も悪くありません。 ただ、スリだけは注意しておきましょう。 財布やパスポートを取られてしまう日本人は少なくないのです。 台湾のレストランは高級料理店から、道端の屋台でもおいしく食べられます。 もちろん、円高の影響もあり、費用の面ではかなり余裕ができるでしょう。 お土産などもたくさん買えますね。 日本からは3,4時間程度で台湾に着いてしまいます。 沖縄から北海道までと変わらないのです。 あなたも台湾旅行をしてみませんか。 口コミサイトなどを読んでみると、その魅力がわかります。 ぜひ、自分で体感してみましょう。