ドリームトリップスは世界No.1の会員制旅行サービス

ドリームトリップスは、世界の超一流ホテルに最安値で宿泊できる旅行会社で、ケイティ・ペリー、サミュエル・L・ジャクソン、パフ・ダディといった世界のスターやセレブ達もこぞって参加している世界No.1の会員制サービスです。
憧れだったセレブ旅行

海外旅行の保険の特徴

国内旅行などで事故に遭ったり、病気になったりした時は健康保険を使うことができます。 しかし、海外ではそうは行きません。 そのために、海外旅行保険があります。 保険内容は国内の保険とほとんど同じですが、海外特有の危険があるのです。 スリなどは国内よりはるかに多いことはよく知られています。 携行品盗難はおすすめの保険だけではなく、どの海外保険でも特約として付加することが一般的です。 いずれにしても、自分で海外保険の内容を理解することは難しいですから、渡航先の状況に合わせた海外旅行保険を選ぶようにしましょう。 旅行会社が保険契約もやってくれるはずです。 国によって危険度も違いますから、保険金額が変わります。 安全な地域と危険な地域があるからです。 死亡補償や傷害補償はわかりやすいですが、補償を受けられたとしてもその国の病院の状況がわかりません。 あまり、危険な国へは旅行しない方がいいのかもしれません。 日本人は他人に対する警戒感がほとんどありません。 そのためスリなどに遭いやすいのです。 もちろん、海外旅行の注意点として旅行会社からしっかりとレクチャーされていることでしょう。 しかし、現地に着いてしまうとそんなことはすっかり忘れてしまうのです。 最近のおすすめはインターネットでの保険契約です。 国内の保険よりも手続きは簡単です。 旅行の当日まで契約を受け付けているようですが、旅行内容が確定したら、早めに保険の契約をしておきましょう。

海外旅行の保険とは

どれくらいの人が日本から海外旅行に出かけているでしょうか。 その際にほとんどの人が保険契約をしています。 具体的にどのような保険なのでしょうか。 海外旅行の渡航先と滞在日数によって保険の内容と契約金額が異なります。 また、旅行会社と保険会社が一体となって、おすすめの契約を準備していることが多いようです。 海外保険の補償内容を見てみましょう。 基本的なことは国内の保険と同じです。 死亡、傷害、疾病、治療が基本となります。 それにオプションとして、保険会社毎に用意している内容が付加されます。 利用者が多いのは、携行品損害でしょうか。 スリに対する補償です。 それから航空機遅延補償も海外旅行特有かもしれません。 飛行機が遅れたために、ホテルや観光先での余分な費用の発生が補償されます。 救援者費用と言うのもあります。 これは旅行中の被保険者が事故に遭った場合、その親族が救援のために支出した費用が補償されるものです。 海外旅行での事故に遭いたいわけではありませんが、遭った場合には様々な費用がかかることになります。 それが補償されるのですからおすすめですね。 海外旅行保険で注意しなければならないのは、手続きと補償の期間です。 出発当日までに契約すればいいタイプと事前に契約しなければならないタイプがあります。 海外旅行の日数に応じて、保険金額が変わってきます。 旅行を計画する時に保険も確認しておきましょう。 どこまで補償を付けるかを迷うことも少なくないからです。 もちろん、保険が支払われずに無事に帰ってくることが一番です。

お得なツアーの見分け方2

続いて部屋について説明します。 海外旅行で「ハワイ」とか「グアム」といったビーチリゾートへ行く場合には、ダブルルームを選ぶといいと思います。 大概の場合「ツインルーム」でツアーが組まれていることが多いです。 しかし、カップル、夫婦など2人組みが多いこともあり、リゾートホテルではダブルルームの方が景色のいい側になっていることが多いのです。 旅行会社を通して申込み場合は、リクエストしてみてダメならば現地でリクエストしてみると意外に受け付けてくれることがあるので試すといいと思います。 そしてツアーで最もポイントとなるのが「オプション」です。 日本の旅行会社を通して申し込むオプショナルツアーはかなり割高です。 できるならば現地で直接申込みした方がかなりお得です。 ただしすでに満席でツアーがあいていないとか、予約している時間がないという場合もあるため、現地で時間にゆとりがある場合におすすめします。 偉大な遺跡、きれいな景色というのは郊外にあって、交通機関では行きにくいようなところがほとんどです。 オプショナルツアーを利用すれば、交通手段を調べる手間もありませんし、時間の節約にもなって、効率よくまわることができます。 また市内にいくつも観光スポットがある場合、個人で交通機関を利用していくとなるとかなり時間がかかります。 オプショナルツアーでは、半日で4ヶ所、5ヶ所、あるいは一日で7ヶ所、8ヶ所と回れるものもあります。 連れて行かれる感があって大変なこともありますが、じっくりではなく、複数の観光スポットをさっと見て回りたい人におすすめです。 特に旅行期間が短い場合には、市内観光に時間をそこまでかけていることはできないため、オプショナルツアーの利用は有効的です。 自分がどこの観光地を見て周りたいのか事前準備の段階でチェックしておくことが大切です。 ある程度行きたいと思った先を周ることのできるツアーを選ぶことが大切だからです。 自分の興味を持った、条件にあう海外旅行先、ツアーを探すために情報収集は欠かせないことです。 しっかりと事前準備をして、現地では思いっきり楽しんできてください。

お得なツアーの見分け方

何よりも大切なことは、海外旅行へ行く手配をすることです。 事前に各旅行会社のパンフレットをとってきて見比べたり、インターネットで調べたりするなどして準備しなければいけません。 いくつかの情報を得た中から、どの海外旅行がお得なのか見極めていきます。 お得なツアーの見分け方についてポイントを紹介していきます。 海外旅行でポイントとなるのは、ホテルです。 あまりに治安の悪い場所にあるホテル、格安ホテルだと現地での状態が心配になってしまいます。 安全に安心して旅行するためにも、ホテル選びは大切です。 海外のホテルをチェックするポイントは2つ。 「ランク」と「立地」です。 「三つ星ランク」とか「四つ星ランク」といった具合にホテルのランクがされていると思います。 ランク外になるようなホテルは避けた方がいいです。 またいくらランクの高いホテルでも市街地から離れた不便な場所にあるホテルは避けた方がいいと思います。 見知らぬ土地で利用するホテルですから、市の中心地にありある程度のランクがあるホテルを選ぶようにしましょう。 ツアーの場合、部屋までは指定できませんが、個人でホテルを予約するところから全部準備している人ならば、予約の際に部屋のランク指定ができると思います。 高級ホテルのランクが低い部屋と中級ホテルでランクが高い部屋があった場合は、高級ホテルでランクの低い部屋を予約するといいです。 部屋のランクが低いと言っても、高級ホテルですし、ロビー、レストランなど共有部分は断然そちらの方がきれいだと思うからです。

あると便利な持ち物

荷造りは事前に必要な持ち物をリストアップしておいてから行うとスムーズにできます。 当日にならなければ準備できない荷物もありますから、忘れることがないようにリストにまとめて準備できたものからチェックしていきましょう。 海外旅行であると便利な持ち物をいくつか紹介したいと思います。 「薄手の長袖」。 海外旅行先が常夏だったとしても、ぜひ1枚は持参してほしいのが薄手の長袖の服です。 海外では、建物内の冷房がきつめで寒いと感じるところも少なくありません。 日差しの強いところでは、紫外線対策としても役に立ちます。 薄手のものならば荷物にしてもかさばらないので大丈夫です。 「ドライヤー」。 日本のホテルのようにすべてのホテルに設置されているわけではありません。 3つ星以上の高級ホテルになれば大抵設置されているか、ホテルでレンタルすることができます。 しかし現地事情もよくわからないので、念のため持っていくといいと思います。 ただし海外では電圧が違うため、日本で使っているものをそのまま使うことはできません。 電圧の変換プラグを持っていくか、海外対応のドライヤーを持っていくといいでしょう。 「目覚まし時計」。 ホテルの部屋に設置されている時計でアラームを設定できるところもありますし、フロントへモーニングコールを頼むこともできます。 しかし安いホテルになるとアラームがついていないこともあるため、持っていくと便利です。 海外旅行では時間厳守、特にツアーに参加している場合は寝坊することはできません。 収納しやすい小型の時計を1個持っていくようにしましょう。 海外旅行が2週間以上長期化する場合、自分の体調がどうなるか先のことはわかりません。 そのため風邪薬や胃薬、解熱鎮痛剤など必要になりそうな薬を持っていくといいでしょう。 女性の場合は、生理用品も忘れてはいけません。 環境、食べ物の変化で予定より早くなることもあるため、念のため持参した方がいいと思います。

トラブル対策

あってはいけないことですが、海外旅行ではどんなことが起きても不思議ではありません。 不幸なことにトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。 いざというとき慌てずに行動することで、被害を最小限に食い止めることができます。 トラブルに合わないにこしたことはないのですが、知識として対策方法だけは頭に入れておくようにしましょう。 「パスポート紛失」。 パスポートは必ずコピーをとり、別途パスポートのナンバーと発行年月日をどこかにメモするなどして控えておくようにしましょう。 出発までにコピーを準備して、パスポートとは別の場所に保管して海外旅行へ持って行ってください。 海外旅行中にもしも紛失してしまった、あるいは盗まれてしまったら、すぐ現地にある日本大使館へ行き手続きをしてください。 このとき行うのは、「紛失届」と、「新規発給申請」です。 もしも帰国を急いでいたら「渡航書発給申請」をします。 「クレジットカード紛失」。 クレジットカードを紛失あるいは盗まれたら、すぐにクレジット会社へ連絡してください。 日本からカード会社の連絡先、カード番号、有効期限などをメモしていき、いざというときに連絡がとれるように準備していってください。 不正使用されないように、すぐにカードの無効手続きをとってもらわなければいけないので、早急に対応する必要があります。 「航空券紛失」。 すぐに航空会社へ連絡して再発行依頼をする。 航空会社の連絡先をメモして、航空券のコピーを準備しておくといいです。 どんな場合にも事前に連絡先などをメモして準備していることですばやい対応ができます。 紛失してから慌てて連絡先を調べても、時間が経つほど不正使用される可能性が高くなりますし、取り乱していて冷静に探せない可能性があるからです。

現地ツアー

日本から事前にツアーのオプションを予約しているケースが多いと思います。 しかしそれ以外にも魅力的なツアーを見つけたら現地で直接申込みをして参加することができます。 日本ではできない体験を海外で積極的にしていくことも海外旅行の楽しみの1つです。 事前準備が間に合わなくても、おもいつきで現地で参加を決めても間に合うオプショナルツアーはたくさんあります。 もちろん人気のツアーの場合は、空きがないことも考えられますから、そういったものは事前予約するしかないと思います。 現地ツアーには、現地の観光スポットにあちこち連れて行ってもらえる市内観光、ホエールウォッチング、イルカウォッチング、テーマパークツアー、各種体験、イベント参加などいろんなものがあります。 初めて海外旅行へ行った国の場合、まずは市内観光がおすすめです。 自分で周ったらきっと何日あっても周りきれないようなところも、半日か1日で何箇所も見どころを案内してくれます。 自分だと移動する交通手段だけでもかなり大変です。 時間がない場合には半日観光でも十分です。 ショッピング好きには、アウトレットモールへ連れて行ってくれるツアーがおすすめです。 交通手段を探す手間もなく、ホテルから連れて行ってもらえるので大変便利です。 エンターテイメント性のある国ならばショーがおすすめです。 ラスベガスならばぜひ本場のショーを1つは見てほしいと思いますし、ハワイならばフラダンス、ハワイアンダンスといったショーを見てほしいと思います。 日本ではなく海外に来ていると実感できる特別な時間を過ごすことができると思います。 人気があるショーなどの場合には、事前に情報収集、予約と準備して現地へ赴かなければ参加するのは難しいかもしれません。 レストランで食事をしながら気軽に見ることのできるショーなどもありますから、現地のツアーデスクなどで聞いてみるといいかもしれません。

トランスファー

多くの人が戸惑った経験のある「トランスファー」。 トランスファーは、別の飛行機に乗り継ぎすることです。 出発空港から直接目的地まで行ってくれる飛行機ならばいいのですが、海外旅行の場合にはツアーや航空会社によって、トランスファーするケースがあります。 いきなり目的地でもない国に下ろされて、そこからどこに行けばいいのかオロオロしてしまうこともあるでしょう。 まして飛行機が定刻に到着しないで、次の飛行機までの乗り継ぎ時間がわずかしかないときなど、かなり慌ててしまいます。 飛行機が定刻に間に合わず遅れて到着していたために、予定していた乗り継ぎ便に乗れなくて置いて行かれてしまうこともあります。 海外旅行にツアーで参加している場合には、旅行会社が次の便を手配してくれるので安心ですが、個人で航空券を手配していったときにはかなり不安になります。 航空会社から説明される事情をきちんと把握しなければいけません。 いざというときに慌てないように心の準備をしておきましょう。 トランスファーの際に、ターミナルを遠くまで移動しなければいけないこともあるため、迅速に行動する必要があります。 トランスファーと書かれている指示看板を目印にカウンターまで歩きます。 カウンターで、次に乗り継ぎをする搭乗ゲートと時間をすぐに確認してください。 ゲートの変更、搭乗時間の変更はよくあるので、何度も確認する必要があります。 一度確認してそのまま安心していると、いきなり違うゲートから搭乗開始されていたということもよくあります。 最初に日本を出発するときに乗り継ぎ便の搭乗券をもらっていればそれを見せて、もらっていなければカウンターで最初の搭乗券を見せて乗り継ぎ便の券をもらうようにします。 いずれにしても飛行機を降りたら搭乗券を準備して、いつでも出せるようにしておいてください。 トランスファーでは、預けた荷物が一度トランスファーの時に出てきて、受け取らなければいけないことがあります。 この場合には、一度荷物を受け取って再び入国審査を受けて荷物を預けなければいけません。 トランスファーでも、荷物は最終目的地で受け取ることもあります。 日本を出発するときに、どちらになるのか確認しておいてください。 大切な荷物がなくならないように、荷物を預けたときにもらうタグはきちんと保管しておきましょう。

食事

海外旅行の楽しみの1つと言えばやはり「食べること」だと思います。 食事はツアーについていたり、自分たちで現地のレストランへ行って食べたりすることになると思います。 日本でプランを考えているときに、いいお店を見つけたら事前に予約しておくといいと思います。 言語に自信がある人は電話やFAX、あるいはインターネットで予約するといいと思います。 言語が心配な人は、旅行会社を通して予約するといいと思います。 ただし手数料がかかるかもしれません。 もちろん現地に行ってから予約することも可能です。 ホテルの部屋にある電話からレストランへ電話して、自分で予約するか、ホテルのフロントなどに頼んで予約してもらうといいでしょう。 海外旅行ではチップを用意する必要があります。 レストランでは特にチップが必要なるため、小銭を準備しておきましょう。 海外での食事のマナーについて説明します。 レストランへ着いたら、入口で予約名を伝えます。 勝手に店内には入らないで案内されるのを待ちます。 案内されてテーブルまで歩くときにレディーファーストなので女性を前にします。 料理をオーダーするとき、メニューを見て何がいいのか困ったらお店の人におすすめを聞いてみるといいと思います。 「おすすめはなんですか?」という英語を覚えていくと便利です。 食事後の支払いは、海外ではテーブルで行います。 日本のように席を立ってレジに行くのではなく、座ったまま「チェックプリーズ」と勘定をお願いします。 勘定書にサービス料が入っていなければ、チップ分も支払うようにしましょう。 カードで支払うときには、チップ分だけ小銭を置いていくか、カードの伝票にチップ額を記入する欄がありますので確認してください。 レストランによっては、ドレスコードがあるところもあります。 少しおしゃれなレストランを予約したときには、入店を断られないようにきちんとした服装をしていかなければいけません。 どんなときにも困らないように最低でも1着はドレスコード対応の服を準備していった方がいいと思います。

空港で過ごす

空港で過ごす時間も海外旅行の楽しみの1つです。 出国審査が終われば、そこは海外と同じで、消費税や関税のかからない免税エリア。 空港の中で一足先に免税品を買うことができます。 海外旅行の楽しみの1つはショッピング。 そのショッピングの楽しみは空港からすでに始まっているのです。 海外旅行のときには2時間前に空港に行かなければいけません。 そんなに早く行って何をしていればいいのかと思う人もいるでしょう。 しかし出国審査など必要な手続きを済ませてしまえばあとはゆっくりと過ごすことのできるエリアが設けられています。 免税品を扱うお店、コーヒーを飲む喫茶エリア、子どもを遊ばせるキッズエリアなどが確保されています。 お店もかなりたくさんあるので、時間内に全部見切れないかもしれません。 化粧品、たばこ、お酒など免税品を買う予定のある人は、事前にリストを作って準備しておくといいと思います。 海外の空港よりも日本の空港の方が安かったという声も聞きます。 そのときのレートにもよりますが、海外だけではなく日本の出発空港にあるお店も要チェックだと思います。 また空港にあるラウンジを利用すれば、コーヒーやビールなどをソファに座ってゆったりと飲んで過ごしたり、ちょっとしたお菓子も置いてあるので子供もジュースを飲みながら旅立ちまでの時間を過ごしたりすることができます。 クレジットカードによってはこのラウンジ利用が無料になる特典をつけているものもあります。 カードがない場合でも、1人1,000円とか1,500円とか払えばそのスペースを利用することができます。 ラウンジにはコーヒースティック、ティパックなども置いてあります。 事前にこういったものが準備できなかった人は、1つか2ついただいていくと、旅行中にお茶やコーヒーが飲めて便利です。 出国審査前の空港内にもたくさんのお土産屋さん、飲食店があります。 しかし混雑する時期だと、出国までにどれだけの時間がかかるかわかりません。 審査の列に並んでいる間に、搭乗締め切り時間が来てしまったら大変です。 ゆっくりと過ごすのは出国審査を終えてからにしましょう。