ドリームトリップスは世界No.1の会員制旅行サービス

ドリームトリップスは、世界の超一流ホテルに最安値で宿泊できる旅行会社で、ケイティ・ペリー、サミュエル・L・ジャクソン、パフ・ダディといった世界のスターやセレブ達もこぞって参加している世界No.1の会員制サービスです。
憧れだったセレブ旅行

インド旅行の知識

インドに旅行するなら、知っておくべき生活習慣を紹介しましょう。 公用語はヒンドゥー語ですが、英語でも通じる場合がほとんどです。 「こんにちは」はナマステ、「ありがとう」はダンニャワードです。 これだけ知っていればいいかもしれませんね。 それから服装は女性の場合に注意した方がいいでしょう。 インドでは女性は肌を露出しない習慣がありますから、長袖などを着ておくことをお勧めします。 場所によってはスカーフを着用するよう決められているところもあります。 また、イスラム教の教えでは左手は不浄とされています。 物を渡す時や子供の頭をなでる時には右手を使います。 食事の時も右手だけで食べていますね。 イスラム教は飲酒を禁止していますから、インド人はほとんど酒を飲まないと考えていいでしょう。 外国人旅行者の場合はホテルやレストランでの飲酒は問題ありません。 衛生上の問題から生水は決して飲んではいけません。 必ず、ミネラルウォーターを飲みましょう。 それも、購入する時に蓋が開いていないことを確認しておきましょう。 インド人は空いたペットボトルにそこら辺の生水を入れて売っていることがよくあるのです。 インドの気候は日本よりも暑いと考えて間違いありません。 日よけの防止やサングラス、日焼け止めクリームは必需品と考えておきましょう。 また、体調が悪くなった時のための下痢止め、胃腸薬、解熱剤などを持っておくと安心ですね。 蚊にも注意が必要ですから、虫よけスプレー、蚊取り線香もあると役に立ちます。

インド映画と旅行

インドの娯楽は何と言ってもインド映画ですね。 日本や他の国の映画とは趣が非常に違っています。 インド旅行に行ったならば、一度は映画を見てみるのもよいでしょう。 インドで制作される映画の本数は世界一だそうです。 多くの人が映画大好きなのですね。 どのような映画なのでしょう。 映画のほとんどは娯楽作品で、芸術作品はほとんどありません。 ミュージカル仕立てになっています。 ヒーローやヒロインが衣装を変えながらインド歌謡を歌います。 映画音楽がインドのヒット曲となっています。 基本的に楽しい映画ばかりです。 インド映画で大事なのはナヴァ・ラサと呼ばれる九つの情感です。 全体の物語の中に色気、哀れ、怒り、笑い、勇気、恐怖、驚き、憎しみ、安心が入っていることです。 これがインド映画の基本なのですね。 ストーリーは単純で、必ずハッピーエンドになります。 ヒンドゥー語がわからなくても、映像を見ていればあらすじがわかる程度です。 映画館の中はベンチシートになっています。 映画の内容によって観客たちは非常に盛り上がります。 ヒーローやヒロインが登場する時や格闘シーンなどでは観客から歓声が飛び交います。 インド人にとっては、映画が唯一の娯楽なのかもしれません。 毎日の貧しい生活を忘れて、希望を持たせてくれるのが映画なのでしょう。 そのような観点からインド映画を見ていると、幸せな国民だと思ってしまいますよね。 貧しいけれども不幸ではないのです。 逆に裕福だけど幸せに慣れない日本人の方が多いようです。 インド旅行に行って改めて感じられますね。

インド旅行でマッサージ

アーユルヴェーダ・マッサージを知っていますか。 インドで行われているマッサージです。 インド旅行に行ったならば、一度は試してみたいものですね。 どのようなマッサージなのでしょうか。 アーユルヴェーダとはインドの学問で、病気になりにくい体を作るための予防医学のようなものです。 実際のマッサージはオイルマッサージです。 下着一枚になって、オイルを体中に塗ってマッサージをします。 頭にもオイルを垂らして、脳のマッサージをすることもあるそうです。 マッサージのやり方は特別なものではありません。 しかし、インドであることを忘れないようにしておきましょう。 タクシーと同じようにぼったくりが多いのです。 よくわからないマッサージ店に連れて行かれて、高額の金額表を見せられるのです。 インド人は信用してはいけないと多くの日本旅行者が言っています。 インドにそれほど多くの日本人が来るとは思えませんから、他の国の人たちも同じように騙されているのでしょうか。 旅行客が来なかったら、インド人たちはどのようにして生活するのでしょう。 インドとは不思議な国ですね。 このような人たちの小ささとは正反対で、世界遺産のスケールは大きいですね。 このギャップも楽しみと言えるのかもしれません。 インド人の日常生活の相場を知っておくこと大切です。 そうすれば、相手が提示した価格が妥当かどうか判断できるからです。 旅行客相手に少し高くしているのか、とてつもなく高いのかを知ることは大切です。

インドの言葉

外国旅行で困ることの一つに言葉があります。 インド旅行では何語を話せればよいのでしょうか。 インドの公用語はヒンドゥー語です。 歴史が古いインドですから、多くの民族の様々な言葉が混じり合っています。 人種によって話す言葉も違っているようです。 日本人でヒンドゥー語を話せる人はほとんどいないでしょうが、心配する必要はありません。 多くの人が英語でも理解してくれるからです。 旅行に行く時には英語を話せれば全く問題ありません。 インド旅行で注意しなければならないこととして、現地人のことを信用しないことがあります。 彼らが何を話しているのかを理解できないと、わけのわからないお金を捕られてしまうことになります。 また、知らないところへ連れて行かれてしまうこともあります。 治安は悪くありませんから、身の危険が迫ることはないでしょうが、知らない国で現地人に言い寄られてしまうと、とても心細くなってしまうはずです。 また、こちらから現地人に話しかけることはほとんどないでしょう。 迂闊に尋ねると、トラブルの元なのです。 こちらの意思とは無関係に強引な商売を押し付けてくるからです。 このような時には完全に無視することが大切です。 でも、親切そうな顔をして話しかけてくるのですね。 人の良い日本人はすぐに騙されてしまうのです。 そのような現地人とのやり取りも旅行の楽しみと言ってしまえる余裕があればいいのですが。 できるだけ安く旅行をしたいと思っている人にはちょっと高くつきますね。

インド旅行での気候

インドの気候について紹介しましょう。 せっかくの旅行に行くならば、できるだけ過ごしやすい気候の時に行きたいですよね。 しかし、インドの国土は日本の10倍もありますから、国中が同じ気候であるはずはありません。 南の方は暑いけれども北の方は寒いと言った感じです。 でも、インド旅行のベストシーズンは11月から3月頃です。 乾季ですから雨具の心配もなく、移動が大変楽なのです。 初めてインド旅行をするのならばこの時期がいいでしょう。 注意しなければならないのは1月で濃霧になる時があることです。 濃霧で交通がマヒしてしまうことも度々です。 余裕のない旅行日程を組んでしまうと、予定が滞って楽しみが半減してしまうことでしょう。 インド旅行を楽しむつもりならば、時間に余裕を持っておくことです。 できれば、1か月以上かけてのんびりインド中を周る計画がいいですね。 ネットで調べてみると、女性の一人旅で数か月インドに滞在している人もいるようですね。 乾季の反対は雨季ですが、7,8月となります。 一日中、バケツをひっくり返したような雨が続きます。 しかし、この時期しかヒマラヤ山脈の聖地を歩くことはできません。 その時期だけの旅行の魅力があるのです。 本当にインドを楽しみたい人は、何度かに分けて1年の各時期に旅行を計画しているのです。 インドは日本よりも暑いですし、日本よりも寒いと考えておきましょう。 体調を壊さないように注意することが大切です。 体力をつけておくことも大事ですね。

インドとの時差

外国旅行をする時に注意しなければならないのが時差です。 日本を出発する時間と現地に到着する時間のことを考えておかなければなりません。 インド旅行に行く時も時差を考慮するのですが、インドではもっと大事なことがあります。 それは夜になって飛行場に到着してしまうと、ホテルまでの移動が非常に難しくなることです。 もちろん、タクシーはたくさんあるのですがこれが曲者です。 自分が指示したホテルに行くのではなく、全く別のところ、それも初めての旅行客にはわからないところに連れて行ってしまうのです。 そして、怪しげな旅行会社に連れて行ってお金をふんだくられることになるのです。 インド旅行の初日でこのような目に遭った人はたくさんいます。 インド人はこんな日本人旅行客をどう思っているのでしょうか。 知らないから悪いのだと言わんばかりですね。 これは国民性なのでしょうから、簡単に改善されることは期待できません。 自己防衛のために予備知識を豊富に持っておくことが大切ですね。 道を歩いているとインド人がすぐに寄ってきます。 いかにも親切そうな友達の振りをするのです。 ここで迂闊に相手をしてしまうと、しつこく付きまとわれるのです。 さて、本題の時差ですが、ニューデリーで3.5時間です。 時間が逆戻りすることになります。 飛行機に乗っている時間もそれほど長くありませんから、インドが意外と近いところなのだと思ってしまうことでしょう。 海外旅行を楽しむためには現地の情報を十分調べておくことです。 やってはいけないこと、注意しなければならないことを頭にしっかり入れておきましょう。

インドの音楽

長い歴史を持ったインドですから、旅行をするといろいろと新しい発見もあるでしょう。 学校で習ったインド以上に壮大な国なのです。 インド旅行に行く目的は何ですね。 タージマハルやその他の世界遺産を見るのもいいのですが、現地の音楽に触れてみるのはどうでしょうか。 日本にいるとインドの音楽を聴く機会はほとんどありませんよね。 インド音楽のことを紹介しましょう。 インドの音楽はその歴史の影響でしょうか、多様で奥の深い独自の世界となっています。 民族音楽から始まったヒンドゥースターニー音楽、カルナティック音楽などに代表されるインド古典音楽があります。 それから、バングラ、ラジャスタン、ラヴァニなどの民俗音楽が生み出されました。 現代は外国の影響でポップスも若者を中心にかなりの人気を集めています。 また、ヒップホップを取り込んだインド独自のダンスミュージックも広く親しまれています。 そして、世界最多の映画製作本数を誇るインドならではの音楽があります。 それはフィルミーと呼ばれる映画音楽です。 インド映画の多くはミュージカルです。 このミュージカルを形作っている映画音楽はインド人の暮らしの中に溶け込んだ日常の音楽となっているのです。 インドでは古典音楽から現代音楽まで多様な音楽を聴くことができます。 それはまるで、世界の始まりから現代までを聴いているかのようなイメージです。 インド独特の音階で奏でられる音楽はあなたの心に響くことでしょう。 インド旅行をしてよかったと思うはずです。

インド旅行の情報

格安でインドを旅行しようと考えるのはバックパッカーが多いのでしょうか。 インド旅行ツアーはあまり聞きませんよね。 インドは日本とかなり違います。 一人でいきなり旅行をしてしまうと痛い目に遭ってしまうことになります。 そこで事前に情報を仕入れておくことが大切です。 バックパッカーの紀行日記なんかは非常に役立つことでしょう。 また多くの人が外国旅行で参考にしているサイトが「地球の歩き方」です。 このサイトの内容はかなり充実しています。 インドでは日本の常識は通用しないと考えておきましょう。 それを知らなかったばっかりに高額なホテルに泊まらなければならなくなった人もたくさんいます。 インド人から見れば、日本のバックパッカーはすぐわかってしまいます。 もちろん、日本人だけではなく他の国の人も同じように被害に遭っているようです。 しかし、世界の中で日本人は交渉事が苦手な国民です。 そのためにインド人にとっては非常にお得意様のカモになってしまうのです。 日本では普通の人でもインドに行けばお金持ちになってしまいます。 それは物価が安いからです。 ざっと考えて、日本の5分の1以下ですね。 また、インドの空港に暗くなってから到着すると大変な目に遭うと多くの人のブログが警告しています。 あなたが格安インド旅行を考えているのであれば、情報だけが頼りです。 間違っても、現地でインド人に尋ねればわかるだろうと考えてはいけません。 インド人は本当のことは決して教えてくれないのです。

インド旅行の土産

インド旅行に行ったらお土産はどうしましょうか。 インドから買って帰って喜ばれるものはどんなものでしょうか。 旅行に行った経験者が書いたブログなどを参考に紹介してみましょう。 インドと言えばやはり紅茶でしょうか。 本場の紅茶ですよね。 いろんな種類の紅茶がありますよ。 それからお菓子もあります。 デザインが何だか日本の子供用のお菓子に似ているのですね。 どうしてでしょうか。 インドにはベジタリアンの人が多いのです。 そのために材料にはこだわったものがあります。 お土産のビスケットでも卵を使わない商品も売られているのです。 インドカレーのレトルトも販売されていますね。 日本で知人に配ると喜ばれるかもしれません。 もちろん、本場のカレーです。 日本のものとはちょっと趣が違いますけど、味は悪くないですよ。 それから、インド人の女性が着ている民族衣装や腕飾りなども安価です。 インド全体の物価が安いですから、かなり買っても日本円にしたらそれほどでもありません。 しかし、店頭で交渉することによってもっと安く購入できるかもしれません。 現地のインド人は観光客が道を歩いていると、すぐに寄ってきて商品を売りつけようとします。 そのような人から安易な気持ちで買ってしまうと、ぼったくられるのです。 安い品物をいかにも高級品のように売るのです。 このような情報はインターネットにたくさん出てきます。 もちろん、団体旅行でインドに来ればそんな心配はしなくてもいいかもしれませんね。 ゆっくりと買い物を楽しみましょう。

インド料理

旅行に行ったら現地に料理を楽しみたいものですよね。 日本人はカレーが大好きですから、インドでもカレーを食べてみたくなりますよね。 インド旅行での食事について考えてみましょう。 もちろん、日本で食べるカレーと本場のインドカレーは全然違います。 インド料理にはカレーに限らず、スパイスが利いたものが多いのです。 しかし、インドは日本よりはるかに広いですから、料理と言ってもその地域によってかなり変わってくるのです。 多民族国家であり、宗教による料理の制限もありますよね。 しかし、逆に考えれば多様なバリエーションを楽しめることになります。 大きく分けると小麦を主食とするのが北インド料理、米を主食とするのが南インド料理になります。 それから、ベジタリアン料理もあります。 また、海の近くなら淡水魚を材料にした魚料理もあります。 小麦を主体とした北インド料理の代表はスパイシーな焼き鳥であるタンドリーチキンやマトンの串焼きシークカバブが有名ですね。 それから、パンはナンやロティです。 一般の家庭には窯はありませんからフライパンで焼くチャパディやロティがメインです。 カレーの香辛料にはクミン、コリアンダー、カルダモンの他に、カシューナッツ、生クリームなど甘いものも用いられます。 南インドに比べると見た目が豪華です。 南インド料理では米を使います。 野菜だけを食べる菜食主義者も多いことから、料理には野菜がたくさん入ります。 全体的にヘルシーなメニューと言えますね。