海外旅行の服装の準備

海外旅行へ行くための準備で一番困るのが、来ていく服と持って行く服だと思います。 現地が冬の場合は、上着や長袖の準備をすると思いますが、冬の時期ではない暖かいところへ旅行する場合は、上着などはいらないだろうと、思うかもしれません。しかし、レストランやデパート、交通機関などでは、冷房がかなり効いているので、上着をすぐ取り出せるように準備しておきましょう。これは、日本から乗り込む飛行機でも必要になるかもしれないので、機内に持ち込む手荷物の中に用意しておきましょう。 現地へ持って行く服は、3日分程度で良いです。たいてい、海外旅行先のホテルに洗濯ができる施設や、クリーニングサービスなどがあるので、それらを利用しましょう。滞在日数分の着替えを持って行っては、荷物がかなり多くなってしまいます。3日分ならそれほどかさ張らないと思います。 靴は、できればスニーカーにしましょう。海外旅行では、ショッピングや観光など、普段よりも歩くことが多くなります。そのため、足の疲れや痛みを予防するためにも、履き慣れたスニーカーがおすすめです。 ただ、服装に関わらず、ほとんどの日用品は現地で買うことができます。あれもこれもという考えでは、うまく荷物が減らせずに、旅行先で荷物運びが大変になってしまいます。持ち物は、必要最小限にしましょう。 また、服装で注意したいことは、海外旅行中には、体に負担がかからないゆったりとした着心地のものが良いです。海外旅行先が暖かいところなのか、寒いところなのか、気温はどれくらいなのか、しっかり調べておくことが大切です。さらに、現地の文化や宗教、習慣などで、肌の露出が良くないところもあるので、事前に確認しておきましょう。

子ども連れの台湾旅行

冬に子どもさんを連れて海外旅行をするのなら、快適で暖かいところが良いですよね。そこで海外旅行先を台湾にするご家庭もあると思います。ここでは、台湾への海外旅行に子どもさんを連れて行く際に、事前によく確認して欲しいことを紹介します。 まず、持って行った方が良いものです。ハンカチやティッシュ、ウェットティッシュ、虫よけスプレーなど衛生面で必要なものは、旅行バッグ以外のバッグにすぐに取り出せるようにしておきましょう。 冬でなくても、電車やホテル、デパートなどでは、クーラーが寒いと感じるくらいよく効いていることが多いので、子どもさんが風邪をひいてしまうかもしれません。そのため、夏の時期に行く場合や、冬の時期に暖かいところへ行くとしても、長袖のシャツや上着を用意しましょう。 また、台湾ではスコールが降ることがあるので、急な雨から子どもを守るために、子ども用のカッパを用意しておきましょう。また、薬局やコンビニなどで、薄いビニールのカッパが売られているので、現地に着いてからでも手に入ります。ただ、雨がやんで晴れてくると、次は日差しが強くなります。そのため、折り畳みの晴雨兼用の傘を用意しておくと安心です。 台湾への海外旅行なら、生活用品を忘れてしまったという時は、コンビニやスーパーなどでもすぐ手に入るので、それほど心配いりません。いつも使っている風邪薬や頭痛薬、胃薬などは、日本から必ず持って行きましょう。台湾は日差しがとても強いので、日本で買った馴染みのある日焼け止めを持って行きましょう。 ホテルを選ぶポイントとしては、交通の便が良くて徒歩移動がなるべく少ないホテルにしましょう。海外旅行の荷物は大変多いでしょうし、子どもさんの面倒もあって、あまり移動が長いと疲れてしまいます。また、台湾の道路は整備されていなかったり、車やバイクがたくさん走っていたりして、子どもさんを連れて歩くのはとても危険です。できれば、最寄りの駅から送迎バスが用意されているホテルが安心です。

小学生におすすめの海外旅行

子どもが小学生にも成長すると、いろんなことがほとんど自分でできるようになり、体力もついてきます。そのため、長い距離、長い移動時間の旅行も問題なくなるので、海外旅行も楽しむことができるでしょう。また、海外旅行先でのアクティビティも、親子で挑戦して楽しめるようになります。 中でも、小学生の子どもさん連れの海外旅行でおすすめなのが「台湾」です。まず台湾の良いところは、飛行時間が成田空港から約4時間で、時差はたったの1時間ということです。小学生といっても、あまり飛行機に長時間乗っていると苦痛でしょう。また、時差は大きいと体調を崩してしまうこともあります。台湾への旅行なら、そのような飛行機の心配もないのです。 また、台湾は親日的だと知られているように、日本語を話すことができる人も多いですし、日本人とわかればとても親切にしてくれます。子どもにも優しいので、子どもがいると、電車などで席を譲ってくれたり、公共の場で子どもが駄々をこねていても、嫌な顔せずに温かく見守ってくれたりします。 台湾は1年中暖かいところだと思っている人も多いかもしれませんが、台湾にも四季があります。夏は暑くなり、冬の天気の悪い日はかなり寒くなります。冬休みに暖かいところへ行こうと台湾へ行ってみたら、あまりの寒さに驚いた、という方も多いようです。台湾の天気は読みにくく、寒波に覆われることもあるので、特に、子どもさんがいる場合は、暖かい服装を用意するなど、服装に注意してください。

赤ちゃん連れにおすすめの海外旅行

乳幼児を連れての海外旅行は大変だと思いますが、赤ちゃんを連れて行くのにおすすめの旅行先を紹介します。 まずは、韓国のソウルと済州(チェジュ)島です。ソウルへの便は、日本各地の空港から何便も出ていますし、飛行時間も東京からだと2時間半で行くことができます。多くのリピーターがいるということもあり、パケージツアーの選択肢も豊富です。赤ちゃんがいる場合は、ハードに巡る市内観光は避けて、自由に行先や時間を決めることができるフリープランがおすすめです。また、ホテルを選ぶ際は、ゆったり過ごすことができるように、広めの部屋を選びましょう。 ソウルの冬は日本よりも長いです。この時期は、料金が安いのですが、とっても寒いので、小さなお子さんがいる場合はおすすめできません。ソウルは春や秋でも肌寒く感じるので、薄手のコートなどを用意しましょう。 ソウルの街中でベビーカーを押す際は、段差に注意してください。赤ちゃんなら抱っこひもなどを使うことをおすすめします。また、焼き肉店など韓国の料理店では火を扱うことが多いので、やけどの恐れがあります。子どもさんから絶対に目を離さないようにしてください。 済州島は、成田空港から約2時間45分で行くことができるリゾートアイランドです。韓国の中でも暖かいところです。夏は暑くなりますが、湿度が低くカラットしています。暖かいところと言っても、冬はとても寒くなるので、防寒着が必要になります。 直行便はあまりないですが、飛行機に乗る時間が短いですし、リゾート地ならではのゆったりとした時間が流れているので、赤ちゃんとのんびりくつろぐことができます。小さい子を連れての観光は、タクシーチャーターがおすすめです。日本語が話せるドライバーさんが、親切に島内を案内してくれますよ。 赤ちゃん連れの海外旅行の参考にしてみてください。

子ども連れの海外旅行

海外での結婚式に出席するためなどで、小さなお子さんを連れて渡航する機会もあると思います。2歳未満のお子さんは航空運賃やホテル代が安く済むので、旅行費用を抑えることができます。 しかし、幼児を連れての海外旅行は、注意しなければいけないことがたくさんあります。赤ちゃんは免疫がないので、ウイルスに感染しやすいです。ちょっと目を話した隙に、落下や誤飲など、さまざまな事故が起きてしまう恐れもあります。 また、赤ちゃんは必要不可欠なものもたくさんあります。オムツ、粉ミルク、哺乳瓶、ベビーカーなど、荷物はとてもたくさんになるでしょう。また、赤ちゃんが泣くのは当然のことなのですが、静かな機内で泣き叫んでしまったら、親は赤ちゃんをあやすことに必死で、とっても疲れてしまうでしょう。 これらの注意点から、海外旅行に乳幼児を連れて行く場合は、次のことをよく確認しておきましょう。 ・長時間のフライトは避けましょう。 ・時差があまりないところにしましょう。 ・暖かいところにしましょう。 ・ホテルなど長く滞在する施設は、衛生管理がしっかり調っているか確認しましょう。 ・移動の多いツアーは避けて、ゆっくりと滞在できる行程にしましょう。 日本が冬の時期は、空気が乾燥していますし、暖かいところから寒い冬の日本に帰ってくると、急激な環境の変化から、体調を崩してしまうお子さんも多いです。そのため、旅行先は、日本とあまり気温差が激しくないところが理想的です。

さまざまな楽しみ方があるプーケット

年末年始に海外旅行へ行くのなら、比較的安くて暖かいところが良いですよね? タイ南部にあるタイ最大の島「プーケット」は、とても美しい海と白浜のビーチリゾートとして人気の高い観光地です。日本から約8時間のフライトで行くことができ、時差も日本と2時間しかありません。海外旅行のネックと言えば、「時差ボケ」ですが、プーケットへの旅行なら、その心配もないでしょう。むしろ、寒い冬の日本を抜け出して、暖かいところでの解放感で、着いた瞬間からテンションが上がること間違いなしです。 プーケットは、5月~10月が雨季で11月~4月が乾季ですが、年中温暖で過ごしやすい気候です。そんな天候に恵まれた美しいプーケットの海では、やっぱりマリンスポーツを楽しみたいですよね?プーケットはマリンスポーツのメッカと言われるくらい盛んです。ジェットスキー、シュノーケリング、ダイビング、シーウォーカー、シーカヤックなど、小さい子どもさんやアクティビティ初心者の方も楽しめます。 また、最高のコンディションでのゴルフをしたり、タイ式のマッサージ、タイ料理を堪能したり、象のショーを見たり乗ったりと、日本ではなかなかできない体験が思う存分体験することができます。 冬の海外旅行、「どこにしようかな?」と迷ったら、ぜひプーケットにしてください。マリンスポーツは興味がない、という方でも、独特の建物が立ち並ぶ街を歩いたり、海の近くで新鮮なシーフードを堪能したり、ビーチ沿いにある屋台でワンピースや水着、Tシャツを買ったりと、誰でも満足できる楽しみ方はいっぱいあります。

ベトナムの気候と観光

年末年始の海外旅行というと、やはり、寒い冬の日本を抜け出して暖かいところを求めると思います。暖かいところと言うと、定番はハワイでしょう。お正月休みの芸能人がハワイへ行く様子をテレビで見たことがあると思います。多くの人がハワイへ行く一番の理由は、ハワイはいつでも暖かいからでしょう。でも、暖かいところでおすすめの海外旅行先は、ほかにもいくつかあります。 東南アジアは、12月や1月でも全体的に過ごしやすい気候です。ここでは、ベトナムについて紹介します。 首都である北部のハノイは、冬の12月~3月は平均気温が18度~20度くらいです。日本でいうと春や秋のようなカラットした過ごしやすい気候ですが、肌寒いと感じる時もあるので、上着を用意しましょう。5月~10月は平均気温が32度まで上がり、雨も湿気も多く、この時期の旅行はあまりおすすめできません。 ハノイは、湖と緑に恵まれた静かな街です。首都として、長い歴史をもち古都の情緒があふれていますが、路地に一歩入ると、ベトナムの文化とフランス統治時代の面影が交じり合っている独特の雰囲気漂う街並みです。 中部の気候は、南部とは違って、9月~1月頃に雨季になる1日中降り続くことが多いです。また、洪水もよく発生するので、この時期の旅行は注意が必要です。ベストシーズンは2月~7月の乾季の時期ですが、日差しが強く気温は32度くらいまで上がり、湿度も高くなるので蒸し暑く感じることもあります。 中部の街は、自然が多く綺麗な海が特徴で、ベトナムの他の地方に比べて、流れる時間が穏やかに感じます。漁業も盛んで、海産物にも恵まれています。 南部のホーチミンは、平均気温が30度もあます。5月~11月は雨期の時期で、1日に何回か突然スコールがあります。でも、30分くらいでやんですぐに晴れるので、雲行きが怪しくなったら、喫茶店などに入って雨が止むのを待つと良いです。スコールは、たいてい、午後3時以降に降るので、観光地を回るのは午前中にすると安心です。ホーチミンの観光のベストシーズンは、雨がほとんど降らない乾季の12月~4月です。 ホーチミンは、飲食店や雑貨店を楽しんだり、歴史的な建物や博物館を見学したり、大きな市場で多種多様のお店を見て歩いたりと、街歩きを十分満喫できます。

北半球でも暖かいシンガポール

1月~2月の冬の寒い時期に海外旅行に行くのなら、暖かいところがいいですよね?日本が冬の時期に暖かいところというと、日本とは逆の夏にあたる南半球の国を思い浮かべるかもしれません。でも、夏ということで、暖かいというより暑いです。特に、寒い冬に慣れた体は、急な温度変化に耐えられず、体調を崩してしまうこともあります。 北半球への海外旅行でおすすめなのは、タイやシンガポール、台湾ですが、台湾は少し肌寒いと感じるので、おすすめはシンガポールです。 シンガポールの国民は、70%が中国系なので、旧正月は盛大にお祝いをします。レストランやデパート、ホテルなど、街中が正月飾りで彩られ、街を見て歩くだけでも楽しめます。さらに、旧正月の期間は、さまざまなイベントが開催されています。旧正月は、1月中旬~2月中旬頃の時期で、年によって日付けが変わります。元旦の前後1ヶ月の間は、お祝いムード一色です。 シンガポールは、日本の淡路島くらいの大きさの小さな国ですが、人口は約500万人もの人が暮らしています。また、人口密度が高いだけでなく、さまざまな国籍の人がいるので、さまざまな国の文化が取り入れられています。治安も良く清潔な国で、交通の便もとても良いということで、安心して観光できます。小さい国ですが、デパートやスーパーマーケット、コンビニまで、ショッピングスポットも充実しています。 1月~2月は、日本の夏のような気温ですが、日本のうだるような暑さとは違って、少し涼しく感じます。また、冷房も完備されているので、心配いりません。シンガポールへの旅行へ初めて行く方も安心して楽しめます。

観光スポットが満載のロサンゼルス

ロサンゼルスは、一年を通してとても暖かく過ごしやすい気候です。雨も一年中ほとんど降らず天気が良い日が多く、湿気も少ないので、快適に過ごすことができます。冬でも平均気温が15度前後のため、冬に暖かいところを求めて海外旅行をする方に人気の地域です。 ロサンゼルスへの旅行は、年中天気が良いため、ベストシーズンやオフシーズンというものも特にありません。しかし、2月と3月は、雨の降らないロサンゼルスでも、一年で最も雨の降る時期になるので、この時期は避けた方が良いでしょう。せっかくの海外旅行が雨では、気分も落ち込んでしまいます。おすすめの時期は、日本がジメジメした梅雨の時期か、日本が寒い冬に近づく秋です。 ロサンゼルスは、ディズニーランドやユニバーサルスタジオなど、世界中の人が知っている有名なテーマパークや、ショッピングモール、美術館、映画館、ビーチと、まさにエンターテイメントの都市と言えます。 世界中で一番有名で人気のあるテーマパークといえば「ディズニーランド」ですが、アナハイムのディズニーランドは、一番古いディズニーランドです。他のディズニーランドに比べてそれほど大きくはありませんが、ウォルト・ディズニーが携わって作り上げた「聖地」として親しまれています。また、他のパークにはないアトラクションもあります。 また、ロサンゼルスには、絶叫系のマシーンばかりがあるテーマパーク「シックスフラッグス・マジックマウンテン」も大変人気を集めています。 寒い時期に暖かいところへ海外旅行をするのなら、楽しい観光スポットがいくつもあって、天気の心配もなく満喫できるロサンゼルスがおすすめです。

冬のサイパンでダイビング

サイパンの海は、プールよりも透明でとても美しく澄んでいます。そんなクリアな海でキラキラと輝くきれいな魚たちと一緒に泳いでみませんか? サイパンの海は水温が26度~30度と、冬の時期に行っても暖かいところなので快適です。そのため、ダイビングをする際は、冬でも夏用のウェットスーツで大丈夫です。 ダイビングスポットも豊富です。日本ではなかなか見られないような白い砂浜、美しいサンゴ礁、神秘的な沈没船、ドロップオフなどの珍しい地形など、サイパンの海は、ダイビングの醍醐味が凝縮されています。 ダイビングショップがとても多くあり、その中には、日本人を対象とするショップもあるので、言葉の心配もありません。日本人のスタッフが対応するということで、サイパンは、ダイビングライセンスを取得するのにも適しています。海外旅行のダイビングツアーなどは、他の国にもたくさんありますが、あいまいな日本語を使う現地スタッフによる講習では、結局、技術が何も身につかなかったということがよくあります。 また、ダイビングポイントが近いので、移動時間もかからず講習を効率よく進めることができ、短時間でライセンスを取得できます。ダビングライセンスを考えている方は、海外旅行も兼ねて、素晴らしい環境で効率的に取得できるサイパンがおすすめです。 サイパンでは、ダイビングが未経験の方や子どもさんでも安心して体験できます。冬でも暖かいところで初めてのダイビングに挑戦してみませんか?