ソウル市内の交通・ティモニを使おう

韓国旅行でぜひ使いこなしたいのが電車や地下鉄。 特に首都ソウルは、ソウルメトロという路線が網の目のように張り巡らされていて、乗りこなせたら便利ですよ。 運賃も、ICカードである「Tマネー」を買えば改札も楽ちん。 このカードは「ティモニ」と呼ばれていて、バスでも使えます。 また、Tマネー加盟店では電子マネーとして使うことができるので、韓国旅行リピーターの方は持っておくと便利かもしれませんね。 そして、ソウルメトロの各路線にはそれぞれの色があり、車体にくっきり塗装されています。 路線名も番号なのでわかりやすいですよ。 各駅には3桁のナンバーが振られています。 最初の数字は路線番号をあらわし、下二桁が駅の固有の番号です。 だから、ハングルがわからなくても安心して地下鉄に乗れます。 ほとんどの駅や、駅の案内板に漢字表記があるので、日本人にはありがたい限り。 また、空港からソウル市内へは、AREX(エイレックス)と呼ばれる空港連絡鉄道を利用することができます。 この鉄道路線の正式名称は「KORAIL空港鉄道」。 ソウルへの空の玄関口である仁川国際空港と金浦空港、どちらも、ソウル駅からこのAREXで直接でアクセスすることができます。 ちなみに、韓国では車両内で携帯電話を使う人が多かったり、ペットをキャリーケースに入れずにそのまま乗っている人がいます。 そんな、現地の人々の日常を垣間見ることができるのも、公共交通機関のおもしろいところですよね。 安全に、上手に利用して、韓国旅行を楽しみましょう。

韓国旅行・憧れのホテルに泊まる

海外旅行では特に重要なポイントになるホテル選び。 韓国旅行に行く場合、どんなホテルを選ぶのがいいのでしょう。 安全性や、清潔さ、観光地へのアクセス、周辺の利便性や、そしてなによりコストパフォーマンスなど、たくさんのチェックポイントがありますね。 韓国では、国の花であるムクゲの数でホテルのランキングをあらわします。 これは星と同様に5つのムクゲがついているのが最高級で、「特1級」と呼ばれ、金色で表示されます。 そして特2級、1級、2級・・・とランク付けされています。 ソウルの繁華街、明洞地区で有名なのがウェスティン朝鮮ホテル。 このホテルはギネスブックに韓国最古のホテルとして記録されているほど、伝統あるホテル。 しかも、明洞の地下街と、地下鉄の駅も直結していて、交通の便のよさも抜きん出ています。 ホテルの敷地内には、古くからの建造物も残されているのも、風情があります。 ロビー、フロントの高級感あふれる雰囲気は一軒の価値ありです。 また、ロッテホテルも有名ですよね。 ロッテホテルソウルは、ホテル内に10店舗ものレストラン・カフェがあったり、フィットネスジムや免税店もある大型高級ホテル。 とっても便利ですよ。 女性専用客室フロアもあって、女性どうしでの旅行にもオススメ。 隣にはロッテデパートがありますし、明洞もすぐそばで、立地も最高です。 どちらも日本語対応のホームページがあり、インターネット予約も可能なのは助かります。 ホテル代はケチらずに、ラグジュアリーがに過ごしたいという方にオススメのホテルです。

韓国にもドラッグストアコスメが!?

日本でも大人気の韓流コスメ。 実際に韓国は美容に関することはなんであれ、とても発展しています。 また、予算の限られている中でも選択肢が多いのが、韓国コスメの特徴。 そしてユニークな発想のコスメグッズも種類豊富にあります。 韓国旅行に行くと必ず、どっさり!コスメをまとめ買いしちゃいます。 お土産用にも、自分用にも! いろんな商品が一度にいろいろ見れちゃうのが、その名も「化粧品ランド21」。 地元の人もよく利用していますよ。 日本で言うドラッグストアのような感じで、気軽に利用できますし、入りやすい。 そしてもうとにかく品数豊富。 いろんなブランドの、いろんなアイテムが一度に選べてしまいます。 たくさんありすぎて迷ってしまう・・・なんていう方は、スタッフに相談すると気軽にアドバイスしてくれます。 日本語のできるスタッフも常駐してますよ。 それと、「タレント化粧品」というお店も必ずチェックします。 たくさん買い物をすると気前よくサンプルをドッサリくれたりするのもうれしい~。 店員さんも親切でとっても快活な女性ばかりなので、楽しくお買い物できてついついたくさん買ってしまうのでした。 「Dream Cosme」というお店もオススメです。 こちらも明洞にあります。 こちらも、人気の最先端コスメグッズから、お土産に最適なアイテムまで、幅広く揃う便利なお店。 ちなみに隣にある「Dream Mart」は系列店で、韓国海苔などの韓国食材がこちらも安く手に入ります。 お買い物三昧の韓国旅行にしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

韓国のドクターズコスメ

韓国旅行するなら、美容大国・韓国の最先端コスメを見つけたいですよね。 最近とても気になっているのが「It’s skin(イッツスキン)」。 これは韓国トップの名門大学であるソウル大学の皮膚科専門の教授が開発したものだそうです。 いわゆるドクターズコスメですね。 スキンケアラインはすべて無香料、無着色、ノンアルコール。 だから、敏感肌の方や、アルコールのスースー感が嫌いな方にとってもおすすめ。 お土産にもしやすいポイントですね。 また、配合する水の質にもこだわっているそうですよ。 さまざまなラインナップがありますが、なかでもとっても気になるのが、「高麗人参を食べたカタツムリ」のエキス! すごいですよね、文字通り、高麗人参を食べさせたカタツムリのエキスが入ってるんですよ!カタツムリエキスは、肌の弾力とうるおいを保つ美容成分として注目を集めましたが、イッツスキンではさらに高麗人参エキスをすごい方法で配合させたわけです。 製法を聞くだけですごく効きそうでたまりません。 このアイテムは、明洞のショップで手に入れることができます。 地下鉄の明洞駅から徒歩約5分のところに明洞1番街店があります。 お店の中では、気になるコスメを試すこともできますし、商品名が日本語で説明されているのもとってもうれしい。 ちなみに韓国だけではなく日本でも大人気のアイドルグループ、2PM(ツーピーエム)がイメージキャラクターをやっているので、2PMファンの方もぜひチェックしてみてください。

韓国旅行のおみやげにシートマスク

韓国旅行のお土産に、大人気なのがシートマスク。 女性ならもらってうれしくない人はいないし、自分も使いたい! 軽いし韓国で買うとお安く手に入りますもんね。 どっさり買って帰りたいです。 そして、なんといっても美容最先端の韓国のシートマスク。 効き目のありそうなのがたくさんあるんですよね。 なかでもおすすめは「MISSHA(ミシャ)」のシートパック。 「MISSHA(ミシャ)」はリーズナブルなお値段で、効果の高いコスメを手に入れられるブランド。 そのコストパフォーマンスの高さでも人気です。 韓国国内に300店舗ものお店があって、とても人気があります。 シートパックも種類豊富で、ユニークなものがたくさんあります。 たとえば、「SHEET MASK CAVIAR」。 そうです、あのキャビアのエキスがしみこんだシート型パック! 高級珍味として有名なキャビアには、皮膚に弾力を与える効能があるのだとか。 カタツムリエキスのコスメや蛇毒のコスメも話題になりましたが、キャビアのシートマスクもすごく効きそうな感じがします。 お土産にしたときの話題性もバッチリですね。 真珠エキスを配合したシートマスクがあります。 真珠のはたらきで、イキイキとした明るいお肌になれるのだとか。 また、ざくろの成分を配合したものなど、とにかく品揃えが豊富で、発想がユニーク!「MISSHA(ミシャ)」はソウルのロッテデパートから、明洞通りに入ってすぐのところにあります。 分かりやすい場所にあるのでとっても助かっちゃいます。 自分用に、お土産用に、いろんなものをお安く買えて、韓国旅行がいっそう楽しくなりますよ。

韓国コスメをためしてみよう

韓国は、女性にとってはコスメ先進国というイメージも強いのではないでしょうか。 女性の美への意識が非常に高い韓国で人気の化粧品を、韓国旅行の際にはぜひゲットして自分の美を磨きたいですね。 韓国でとても有名なコスメブランドが「AMORE PACIFIC」です。 AMORE PACIFICは韓国最大級のコスメメーカーで、60年以上の長い歴史をもつ化粧品会社です。 さながら、日本でいうところの「資生堂」のようなブランドといったところでしょうか。 日本の著名人や、美容専門家にも愛用者が多いといわれるAMORE PACIFIC。 韓国では「ARITAUM」というショップで購入することができます。 この「ARITAUM」、第一号店はソウルナンバー1の繁華街、明洞(ミョンドン)にあるので、明洞を訪れたら寄ってみたいですね。 地下鉄の明洞駅から徒歩およそ3分というアクセスが便利なこのお店には、日本語ができるスタッフがいます。 また、保湿・美白・敏感肌・アンチエイジング・・・など、悩み別に商品がディスプレイされているのは画期的!自分の欲しいコスメをすぐに見つけることができて、うれしい限りです。 韓国らしさを感じさせる、雰囲気のあるパッケージのラインも揃っていて、目にもうれしい、楽しいこのお店。 韓方化粧品や、男性用アイテムなど、幅広いジャンルの製品があって、お土産を買うのにもいいかもしれません。 韓国旅行で最新アイテムをゲット、韓国美人のような美肌を手に入れられたら素敵です。

韓国といえばBBクリーム!

韓国旅行で、ぜひチェックしたいのがBBクリーム。 日本でも一大ブームとなり、今ではすっかり毎日のメイクアイテムとして定着しています。 もともと韓国でブームだったBBクリーム。 それを韓国の女優さんが紹介したりして、日本でもブームとなりました。 今や使っていない女性はいないのではないか、というくらい、幅広い年代に人気がありますよね。 韓国のコスメショップにはBBクリームがたくさん並んでいますし、韓国旅行のお土産にBBクリームを、とお考えの方も多いのでは。 BBクリームとは、それ1つで美容クリーム、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーなど、さまざまなベースメイクできてしまうという、多機能コスメです。 BBクリームは「Blemish Balm」の頭文字をとって名づけられました。 「Blemish」は「傷」や「汚点」、「にきび」などを意味していて、傷や欠点を補うバームというのがはじまりだったんですね。 そのBBクリーム、どんどん進化を続けていて、それ1本だけでメイクがすべて完了してしまうような、多機能・高機能BBクリームも出てきています。 お仕事に家事に育児に、忙しい女性たちに、ひとつでいろいろな活躍をしてくれるBBクリームは、時短アイテムとしても大人気なのです。 なかでもとくに有名なのが「HANSKIN」のBBクリーム。 「HANSKIN」のショップがソウルの明洞地区に2軒あり、日本語のできる店員さんもいるので、コスメ好きな方、お土産に悩んでいる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

韓国旅行で最先端のメイクアイテムを!

美への意識が高いことでおなじみの韓国。 コスメも多種多様に進化し、最先端のアイテムがたくさんあります! 珍しい発想のコスメが手に入ったり、リーズナブルな価格のものが豊富にあったり、韓国はコスメ大国としても名高いですよね。 韓国旅行に行ったらぜひ、自分のために、またお土産用にコスメをゲットしようと考えている方も多いのでは。 その中でも最近とくにオススメなのがリップティント製品。 リップティントは自分の唇の色を生かして発色させる新しいアイテムで、注目されているんですよ。 リップティントは、口紅やグロス、リップバームなどはまた違った発色が特徴です。 また色が落ちにくく、唇の血色を良くしてくれる優れモノでもあります。 お土産におすすめなのは、「TONYMOLY(トニーモリー)」のベストセラー、「トニーティント」。 とにかくパッケージがかわいい!猫をモチーフにしたかわいらしいデザインと、ティントのビビッドな色彩が、持っているだけでわたしたちをハッピーにしてくれます。 このティントは、スティックのついた液状のもので、コンシーラーやリップグロスと併せて使ったりと、アレンジが効くのもオススメのポイントなんですよ。 ちなみに、この「トニーモリー」というコスメブランドは、ハイクオリティーながら、リーズナブルな価格設定で地元女子にも大人気。 ソウル随一の繁華街、明洞にもお店があります。 明洞1号店には日本語を話せる店員さんがいるので、安心してお買い物できます。 韓国旅行に行ったらぜひチェックしてみてくださいね。

おすすめの韓国旅行のお土産

韓国旅行に行くと、種類がたくさんありすぎて悩んでしまうお土産・・・。 まず定番の韓国海苔は外せないですよね。 ごま油の香りが香ばしくって、ご飯のお供に、お酒のおつまみに、と大活躍。 ごま油で炒られて、塩が振ってあるので、ささっとすぐに食べられるのも魅力です。 誰に送っても喜ばれるし、軽くて持ち帰りやすいのもうれしいですね。 個包装で小分けされていて、お勤め先などで配りやすいタイプのパッケージがとっても助かっちゃいます。 韓国土産ではとうもろこしのお茶もオススメ。 とうもろこしの、ほのかな甘みと香ばしさはクセになります。 また、とうもろこし茶には鉄分と食物繊維が豊富で、健康茶として飲むのもいいですよ。 冷え性や貧血にも効能があるといわれています。 健康茶にありがちなクセがなく、飲みやすく、しかもカフェインレスなので妊婦さんにプレゼントしてもOK。 韓国旅行に行ったらぜひ買って帰りたい一品です。 女子へのお土産にはやっぱりコスメでしょうか。 でも、お顔のお肌につける物は肌質が人それぞれだし、メイクグッズは色のチョイスが難しい・・・なんて方は、リップクリームやハンドクリームがオススメ。 いくらあっても困らないアイテムですからね。 しかも、韓国のコスメの発展ぶりはよく知られているので、本場韓国のコスメグッズは女性にはかなり喜ばれるのではないでしょうか。 お土産、どうしようか・・・と悩むのも旅の醍醐味。 韓国旅行でショッピングをエンジョイし、ハッピーを周りのみんなにもお裾分けしてあげましょう!

韓国旅行で本場のピビンパを味わおう

韓国といえば、日本でもおなじみのピビンパ。 韓国旅行にせっかく行くなら、ぜひ本場のピビンパを食べたいですね。 韓国では、ピビンパは手軽なメニューとして、レストランでも、一般家庭でも人気で、とても親しまれているお料理です。 ビュッフェのように、ご飯の上に乗せる具を自分で好きなだけ取る、というシステムのお店も人気があります。 ピビンパに載せる具はとってもバリエーションが豊富です。 オーソドックスなタイプの、ご飯の上にナムルを乗っけたものは「ボトン(普通の)ピビンパ」といいます。 有名どころではユッケを載せたユッケピビンパ。 タコや貝など海鮮を載せた「ヘムル(海鮮)ピビンパ」なんてのもあります。 最近では、ヘルシー志向を反映して、生野菜をたくさん載せたビピンパが若い女性には人気です。 ピビンパは、辛いお味噌の「コチュジャン」や、ごま油、多くのお店でフリーでサービスされるキムチを混ぜたり、自分でアレンジできるのも魅力です。 韓国では各地域にそれぞれの特色をもったいわば「郷土ピビンパ」があります。 とくに全羅北道と呼ばれる地域発祥の「全州ピビンパ」は、なんと、国の無形文化財に指定されているそうですよ。 ソウルでおいしいピビンパが食べられると有名なのは、「全州中央会館」。 石焼ピビンパはこのお店が発祥といわれているそうです。 美味しいピビンパを冷めずに美味しく食べられる石焼ピビンパ。 おこげもおいしいんですよね~。 「全州中央会館」はソウル随一の繁華街であり観光地でもある明洞に本店があります。 韓国旅行の際にはぜひ訪れてみてください。