台湾観光旅行の交通手段

台湾観光旅行は交通手段を考えておきましょう。 主なものはMRTと言う地下鉄と、台湾高速鉄道、いわゆる台湾新幹線、そしてタクシーです。 MRTは台北だけの乗り物です。 台北の観光地を巡るのであれば、一番便利ですね。 快適な鉄道ならば台湾新幹線です。 ほとんど日本の新幹線と変わりません。 わざわざ乗らなくてもいいかもしれませんね。 台湾旅行に来た気がしません。 タクシーはたくさんありますから、気軽に利用できます。 この他にも通常の鉄道やバスもあります。 交通手段は心配する必要はないでしょう。 ただし、全体の地図を頭に入れておかないと、どこに向かっているのかわかりません。 もちろん、ガイドブックなどを持っていれば安心ですね。 路線図などは台湾語で書かれていますから、日本人にはわかりません。 しかし、漢字ですから、読み方はわからなくても自分の目的地がどこかはわかるでしょう。 バスに乗る時の注意です。 理由はわかりませんが、バスではおつりをもらうことができません。 小銭を持っておかなければならないのです。 それから、運転は荒いですから、座席に座っておくのが安全の秘訣です。 バイクや車が猛スピードで走っていきます。 歩行者は危険を感じるほどなのです。 タクシーも同じようなものです。 運転手の荒さは当たり前と思ってください。 そう考えますと、鉄道が安心できますね。 外国の観光旅行は乗り物も楽しいものです。 日本と違うのだと実感できるからです。 台湾は九州と同じくらいの広さですが、交通手段で困ることはあまりないようですね。

台湾観光旅行と日本語

海外旅行では言葉の壁に心配する人が多いようです。 台湾の観光旅行での日本語はどうでしょうか。 日本人観光客が多いところは日本語で表記されている場合もありますし、ガイドが日本語で話してくれることもあります。 台湾全体で見ると、日本語が通じないところもありますが、通じるところもある感じですね。 インターネットなどで調べてみると、日本語のわかるスタッフがいるかどうかわかります。 どうしても日本語でなければ不安だと言う人は、そのような場所をピックアップして予約するとよいでしょう。 しかし、外国ですから日本語が通じないことが当たり前です。 あまり心配しなくてもよいでしょう。 また、台湾では中国語ですが、表記は漢字です。 漢字を見れば何となくイメージできるような気がします。 お年寄りなどには日本語を話せる人がいます。 日本の統治時代を生きてきた人たちです。 特別にローカルなところに行かない限り、言葉の心配はしなくてもいいと考えてください。 中国語も英語も話せない日本人が多いのに、不便を感じている人が少ないことがその証拠です。 台湾の特徴として、コンビニが多いことが挙げられます。 日本で販売されているものが置いてあることも多く、ほとんど違和感はありません。 悪く言えば外国に来た気がしないのです。 いずれにしても、相手とは笑顔で接すれば意思が通じるのかもしれません。 どうしても話さなければならない時は片言の英語で十分です。 相手もゆっくりと話してくれます。

台湾観光旅行のトラブル

台湾は日本から近いと言っても、やはり外国です。 思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。 観光旅行に出かける前に台湾についての注意事項を確認しておきましょう。 旅行中の貴重品の管理は一番のことです。 これは台湾に限ったことではありません。 どちらかと言えば台湾は治安のよい国ですから、大きな事件に発展することはありません。 しかし、貴重品は手元から離さないことが大切です。 マッサージなどをやってもらう時も預けずに手元に置いておきましょう。 台湾の交通では歩行者よりも車やバイクが優先です。 道路を渡る時には左右確認を怠ってはいけません。 信号無視をする車も多いのです。 それから、食事です。 南国ですから生ものには注意が必要です。 食べ物として刺身の人気が高いのですが、お勧めできません。 鮮度に問題がある場合もあるからです。 屋台での生ものは果物だけですね。 水道水をそのまま飲むことも止めた方がいいでしょう。 ミネラルウォーターをコンビニで買ってきてください。 もちろん、沸かしたお湯なら問題ありません。 水道水にはいろいろな雑菌がいますが、それを毎日飲んでいる人には免疫があります。 しかし、他所から来た旅行客には免疫がいないために、生水でおなかを壊してしまうのです。 結論としては果物以外の生ものは口にしないことが一番です。 楽しい観光旅行にしたいと思うなら、注意事項を守った方が安心です。 ツアーなどで一人だけ取り残されるのも悲しいものです。

ゴールデンウィークの台湾観光旅行

2012年に海外旅行に出かける人の傾向が発表されていました。 それによるとゴールデンウィークに海外観光旅行に出かけた人は前年比で15%増だったそうです。 もちろん、円高の影響もあるのでしょう。 行く先はアジアが上位を占めています。 都市で言えば上位10都市のうち8都市までがアジアです。 ヨーロッパやアメリカにあこがれるよりも、身近なアジアに目が向いていると言うことかもしれません。 そして台湾は第4位となっています。 台湾が人気を集めているので、何と60%増だそうです。 日本の各空港から、台湾への直行便が増便されていることからもわかります。 直行便なら数時間で台湾に着いてしまうのです。 台湾に住む人たちは親日派の人が多いと言われています。 そのことも観光旅行として、行ってみたい国になっている理由かもしれません。 ゴールデンウィークの時期の台湾は台風シーズン前ですから、一番いい季節かもしれません。 暑さは日本以上ですが、それは南国ですからしかたのないことです。 日本の喧騒から逃れて、台湾の旅を楽しみましょう。 観光スポットはたくさんあります。 旅行ガイドなどで調べてみるとよいでしょう。 ツアーの費用は決して高くありません。 格安旅行を楽しむなら、本当に安いです。 台湾旅行はリピーターの人が多いのですが、初めての海外旅行先としても台湾はお勧めですね。 台湾旅行に出かける人が増えたとしても、予約で満杯となることは少ないようです。 数日前の予約でも可能なツアーがあります。

台湾のグルメ旅行

台湾の食事は多くの人が認めているように、おいしいものばかりです。 海外の観光旅行で食事が合わないケースがあるのですが、台湾だけは日本人の口に合っているのでしょう。 観光旅行の後にはグルメを満喫しましょう。 観光スポットの一つとしてもあげられている夜市ですが、並んでいる屋台の食べ物は美味しいものばかりです。 高級食材と言うことではなく、庶民のごちそうと言った感じでしょうか。 グルメ旅行を考えているなら、夜市の屋台巡りが一番ですね。 ハズレはありません。 メニューは基本的に中国語で書かれていますが、所によっては日本語が併記されている場合もあるようです。 ただ、漢字で書かれていますから、何となく料理が想像できます。 もちろん、日本では食べたことのないような料理も出てきます。 お勧めはかき氷です。 適当なトッピングを盛り付けて、その上に黒蜜をかけて食べます。 屋台によってトッピングは変わりますが、ライチのような木の実をシロップ漬けしたものが多いようです。 それぞれのトッピングだけでもおいしく食べられます。 台湾は南国ですから、やはり暑いです。 そんな時のかき氷はあなたの舌に溶け込んでくることでしょう。 蓮の実、タロイモ、白玉など自由にトッピングしていいのです。 台湾の料理は中国料理の流れを受け継いでいます。 しかし、日本の統治時代も長かったために、食事が日本風になっているのかもしれません。 世界の料理の中で日本人が満足できる料理はそれほど多くないですよね。

台湾の歴史と観光旅行

台湾の歴史を知る観光旅行に出かけませんか。 日本からは隣の国となる台湾ですから、日本との関係も深いものがあります。 しかし、私たちの多くはその歴史をあまり知らないのです。 台湾の観光地を巡る旅行でも、随所に日本との関係を見ることができます。 台北市の植物園のそばにある中華風の建物が国立歴史博物館です。 台北に行ったならば、ぜひ訪れたい場所ですね。 閑静な環境に囲まれた博物館では、芸術品を見終わった後のお茶を楽しむこともできます。 この博物館は1955年に建てられました。 台湾の歴史と文化を一堂に集めた博物館として、国内外の各界から高い評価を受けています。 芸術品のコレクション、文化教育の推進、研究、または展示会イベントの開催と多方面の活動を行ってきました。 1階は特設展示場となっており、2,3か月周期で大きな展示イベントが行われます。 観光旅行で訪れた時にどのような展示が行われているか調べておくといいでしょう。 台湾国内の展示物だけではなく、世界各国の芸術品、文化物の展示が行われています。 日本では見られない展示も行われているケースが少なくありません。 それから2階は同じように特設展示場となっていますが、規模は少し小さくなります。 博物館の入館料だけで観覧することができます。 台湾の陶芸文化は1970年代に花開いたと言われています。 近代芸術は経済と教育の振興によって成し遂げられたのです。 その開拓者とも言えるのが曾明男です。 そして、博物館で最後に寄ってもらいたいのが「忘言軒」です。 2階にあるカフェです。 窓際の席からは、中庭の景色がすばらしいです。 カップルなら、格好のデートスポットですね。

おすすめの台湾観光旅行

台湾に住んでいる人のお勧めスポットを紹介しましょう。 お勧めなどは人によって異なりますから、一例と思ってください。 現地に住んでいると観光旅行に出かけるわけではありませんから、日本からのリピーターの方が意外と知っているかもしれませんね。 さて、台湾観光では足裏マッサージが有名ですね。 これはかなり痛いです。 時には無理やり力を入れてくる施術者もいるそうですから、あまり我慢しないで途中で中止することも考えておきましょう。 どこでもいいわけではなく、足裏マッサージをやってくれるところを厳選した方がいいのです。 台北にある「知足健康中心」は安心して任せられるマッサージ師です。 先生だけではなく奥さんと娘さんも施術師だそうです。 片言の日本語で話しかけてくれます。 足裏マッサージは30分で50元です。 台北駅前で清潔な店内です。 それから、エステですね。 日本と同じ価格ならば、時間は2倍受けられます。 ゴージャスな雰囲気に浸りましょう。 旅行先でエステを受ける時にはお金をけちらない方が結果はよいようです。 気持ちがリフレッシュできるのですから、安いものですよ。 アロママッサージではお客によってマッサージの強さを変えてくれます。 また、アトピーの人のためのマッサージや男性用マッサージもあります。 朝早くから開いているお店もあります。 ただ、日本語はほとんど通じませんから、英語か中国語ができるとかなり楽です。 観光スポットのより楽しむことができるでしょう。

台湾の観光地

剥皮寮は台湾の萬華地区にある観光名所です。 観光旅行では欠かせないところです。 萬華地区は300年ぐらい前から商業の町として栄えてきたところです。 船を利用して、サツマイモや茶葉などの産物を運んでいたそうです。 その後、木材や炭などの売買も行われるようになり、ますます発展していきました。 剥皮寮は日本の統治時代に小学校の一部として、整備されたところです。 しかし、面積が広すぎたために、学校として使われなかった部分が商店として活用されていたのです。 建物は台湾の伝統的な様式と洋風バロック様式が混然となった町並みです。 近代までほぼ完全な姿で残されていました。 現在では老朽化による危機で、剥皮寮も改築の動きが出ています。 台北市政府は1988年に歴史的な街並みとして保存することを決め、2009年に修復を完了させています。 剥皮寮の名前の由来は、木材の皮を剥いで加工した場所であることから、この名前になったのだそうです。 駅から徒歩5分で剥皮寮に着きますから、アクセスはとても便利ですね。 美しい近代的な街並みと古い町並みが不思議な雰囲気を醸し出しています。 見学だけでもいいのですが、商店街ですから、お土産を購入するとよいでしょう。 展示物もたくさんあるのですが、入場料が必要なわけではありません。 また、表示はほとんど中国語ですが、日本語の解説ガイドを依頼することもできるようです。 2日前までに予約が必要です。 展示品の中には日本統治時代の新聞のコピーなどもあります。 台湾と言いながら、昔の日本と錯覚してしまいますね。 台湾観光旅行に行ったら、剥皮寮を見学してください。

台北の観光旅行

台北観光なら台北ナビで調べてみましょう。 台湾の中心地が台北です。 観光名所もたくさんありますから、初めての旅行には一番でしょう。 台湾の面積はそれほど大きくありません。 台北だけで観光旅行を終らせるのはもったいないですから、各地を周るとよいでしょう。 しかし、台北だけでも見どころ満載です。 その一部を紹介しましょう。 台湾の目当ての一つがマッサージと言われています。 足裏マッサージは有名ですよね。 気軽に入れる足裏マッサージ店は多いのですが、ちょっとリッチな気分にさせてくれるスパはいかがでしょう。 台北の東区エリアには隠れ家のようなスパがあります。 緑が多い教化南路沿いの道路に面したところにあります。 入り口は普通のオフィスビルです。 看板もないのですが、中に入ると高級感あふれる空間が待っています。 こんなところでマッサージができるなんて驚きですね。 観光客を相手にしているわけではありませんから、日本語は通じないと思っておきましょう。 ただし、英語は通じるようですね。 それから、木炭文化に触れることができる谷巴レジャー村はどうでしょうか。 郷土文化と観光産業が合体したエリアです。 観光客に台湾の文化を伝えることが目的で作られたようです。 炭を使ったDIYを楽しむこともできます。 炭しおりを作ってみると貴重な体験になることでしょう。 木炭で作った置物や小物など日本では見られないものがたくさんあります。 将来的に木炭文化芸術の国際交流センターを作る構想があるそうです。

台湾の天気

旅行に行く前に現地の天気を調べておくことは大切ですね。 台湾は日本の隣ですから、日本の天気予報の中に台湾の天気予報もあります。 観光旅行先として台湾が選ばれる理由の一つとして、天気の安定があります。 亜熱帯、熱帯気候ですから、1年中温暖な気候となっています。 台風の時期を除けば、過ごしやすい国だと言えるでしょう。 日本のように明確な四季はありません。 3月から5月は晴れると暑いのですが、朝晩は少し冷えることがあります。 台風シーズンは6月から9月です。 湿度も高くなり暑苦しいですね。 ホテルなどではエアコンを強力に掛けていますから、逆に肌寒いかもしれません。 10月から11月は春先と同じで、日中は暑くて、朝晩は冷えます。 そして、12月から1月は気候的には日本の春のイメージです。 時には寒波に見舞われることもありますから、セーターを持っておくことをお勧めしますね。 台湾で日中に観光する時には、暑さ対策が大事です。 特に2012年の夏は日本と同じように猛暑となりました。 台湾旅行を計画しているならば、帽子、日笠、水分補給、サングラスなどを忘れないようにしておきましょう。 脱水症状や熱中症になってしまいます。 幸いなことに台湾にはコンビニがたくさんあります。 セブンイレブンやファミリーマートがあります。 お金さえあれば、水分補給の心配はないでしょう。 せっかくの台湾観光ですから、健康に注意して楽しみたいものですね。 しかし、実際の暑さは現地に行ってみないとわかりません。