インド旅行について

インドを旅行しようと思っている人はどんな人でしょうか。 初めての海外旅行にインドを選ぶ人は少ないのです。 写真や歴史の教科書に出てくるインドしか知らない人もいるでしょう。 インダス文明などに興味があるならば、ぜひインドに行ってみましょう。 インド旅行についてのポイントを少し紹介しましょう。 まずは、予備知識を十分持っておくことが大切です。 インドでは日本の常識があまり通用しないと考えておくべきです。 インド旅行で注意することとして、「インド人を頼らない、インド人を信用しない、インド人に尋ねない」を上げている経験者もいるようですね。 つまり、自分の知識だけを頼りにしなければならないのです。 現地で何気なくタクシーに乗ったりしたら、高額な料金を取られてしまうことも日常的なことのようです。 日本語が通じるところはほとんどありません。 最低限の英語だけはマスターしておきましょう。 食事は悪くありませんね。 インドカレーは日本のカレーとは違いますが、とてもおいしいようです。 インド旅行で困ることは、衛生面です。 トイレの汚さはちょっと閉口してしまうことでしょう。 狂犬病や肝炎などにも要注意です。 インドの犬に噛まれたら狂犬病の危険性があるのです。 野良犬なども多いようですね。 ホテルはたくさんありますから、予約しなくてもいいでしょうが、外国旅行に慣れていないなら日本からのツアーに参加する方が安心できますね。 あなたがまだ若いのであればインドを一人旅するのもいいかもしれませんね。

日本とインド

インドと日本の関係は良好です。 国同士の付き合いとしてはパートナーとしてうまくやっているのです。 しかし、日本人旅行客と現地のインド人はどうでしょうか。 日本の旅行客は現地では歓迎されます。 歴史的な背景としてインド人が日本人を嫌う理由がないからです。 それは中国や韓国などと比較してみればすぐわかることでしょう。 しかし、そのような歴史的な背景とは関係なく歓迎されているのは、日本人がお金持ちだからです。 もちろん、日本でお金持ちと言うことではなく、物価が安いために日本人には普通にお金を使っているつもりでも、現地の所得レベルと比較するとお金持ちなのです。 インドを旅行する日本人はバックパッカーが多いらしいです。 歴史的な建造物を見たいと思っている人は多いのですが、ホテルの予約もせずに一人旅をしようと考えている人がそれほど多いとは思えません。 もちろん、若い時にはどんどん海外で冒険するのもいいでしょう。 インドは治安が悪いわけではありませんから、お金さえケチらなければ身の危険を感じることはないかもしれません。 しかし、何事も交渉で進むインドの商売です。 交渉慣れしていない日本人がカモになってしまうのも仕方のないことでしょう。 表示されている価格は交渉の前段階なのです。 日本の技術がインドで使われていることもよくあります。 インドの地下鉄は日本からの輸入なのですよ。 女性の場合はナンパ目的の男性が道を歩くたびに声をかけてきます。 決して勘違いしないようにしましょう。

インド歴史の旅

インド旅行に行くならば、やはり歴史の旅ですよね。 それほどにインドには昔の遺跡がたくさん残っているのです。 インド旅行のことをネットで調べてみると、誰でもがぼったくりに遭っています。 それを知っているのにインド旅行をしようと考えるのは何故でしょうか。 それはインドにある世界遺産を見たいと思うからでしょうね。 また、インド旅行ではお金を必要としないことも魅力の一つでもあるでしょう。 物価が安いからです。 インドの建築物はほとんどが石でできています。 そのために保存状態が非常に良いのです。 1600年代の皇帝たちは大きな建物をたくさん建てています。 タージマハルを代表とするペルシャ様式を取り入れた高いドームのお城がいくつもあるのですよ。 インド旅行に行く前に予備知識として、歴史のことを調べておきましょう。 どのような皇帝がいて、どんな建物を建てたのかを調べるのです。 現代のインド人はとてもしつこくて、話の相手をしたいとは思わないでしょうが、歴史を持つ国ですから、それなりに歴史の重みを感じさせてくれるはずです。 それを考えるとやはりインドに行ってみたいと思うのです。 建物によっては中を見物できるところもありますが、国の施設として現在も使用されているところもあります。 中に入れない場合もありますから、旅行の日程を考える時には下調べが必要なのです。 日本人の自由な旅行の場合は、たいていの人が行き当たりばったりで見学しています。 列車などの時間がずれることは日常的ですから、予定が立てにくいのですね。

インド旅行でのホテル

インド旅行の情報をインターネットで調べてみましょう。 決してスムーズな旅にはならないと思ってしまいませんか。 本当にそうなのでしょうか。 インドの人口は日本の10倍ですから、いろいろな人がいて当たり前ですね。 中にはしつこくないインド人もいるかもしれませんが、それは例外だと思って間違いないでしょう。 インド人の所得水準は低く、貧困がベースにあるのです。 さて、インド旅行に行く時はホテルのことを調べておきましょう。 単に宿泊するだけならば、ホテルはたくさんあります。 予約なしでも十分です。 しかし、中の設備が違ったり、宿泊費が違ったりしますから、どこでもいいわけではないのです。 インドの衛生状態はあまり良くないことは知っているでしょうか。 特にトイレ事情は最悪ですね。 ホテルの宿泊費は150ルピーもあれば十分おつりが来ます。 日本円にして約400円ぐらいでしょうか。 ホテル内の接客サービスは問題ありませんね。 気を付けなければならないのはホテルを出てからなのです。 ちょっと高級なホテルの場合はビジネスマンなどを相手にしていることもあり、ビジネスに必要なサービスはたいていあります。 インターネットもできますから、情報が必要な時には重宝するでしょう。 インド旅行を女性が一人でするケースも多いようですね。 本当に冒険ですよ。 身の危険を感じることはないかもしれませんが、インド人とのやり取りに疲れてしまうことは間違いないでしょう。 彼らにとっては外国の旅行客からお金と巻き上げることは日常的なことと思っているからです。

インドの旅行会社

インドの旅行会社は悪いわけではありません。 しかし、旅行会社のような真似をして、何も知らない日本人を餌食にしてしまおうと考えているインド人が多いのは事実です。 インターネットでインド旅行に関する情報を調べてみると、必ずと言っていいほど、被害に遭ったことが書かれています。 日本から初めてインドにやってきた旅行者を見るとインド人はすぐに近寄ってくるのです。そして友達のような話し方をします。 親切に車に乗せてやるとか、ホテルに連れて行ってやると言いながら、全く別のことをしているのです。 タクシーに乗ったばかりに、大変高額な費用を払わされたり、高いホテルに泊まらされたりするのです。 事前にインドの旅行会社のことを調べておきましょう。 日本人が経営している旅行会社なら信用してよいでしょう。 しかし、現地人で日本語がわかる程度の旅行会社は非常に怪しいのです。 インド人を見たら、まず疑ってかからなければなりません。 彼らの言葉は信用できないのです。 公共交通機関のように運賃が明記されているものならば安心して乗ることができるでしょう。 インドでは旅行ガイドを持って歩いてはいけないと言われているのですね。 また、詐欺まがいに引っかかりそうになっているとわかっても、しつこく言い寄られてしまい、気の弱い人なら泣く泣くお金を払ってしまうことも多いのです。 できれば2人以上でインド旅行をしたいものですね。 インド以外の国で一人旅に慣れていないと、インドの一人旅はかなり難易度が高いと言えるでしょう。

インドの観光

インドには歴史的な建造物がたくさんあります。 インド北部のデリーだけでもたくさんの観光地がありますから、旅行ですべてを見て周ることは無理です。 しかし、どこに行くかで迷ってしまうでしょうから、旅行に行く前に十分調べておくことが大切です。 インド独立の父と言えばガンジーです。 ガンジーゆかりの地がデリーなのです。 ムガル帝国のシャー・ジャハーン帝が1639年に建設したのがレッド・フォートです。 周囲を赤砂岩の城壁で囲まれたお城です。 城壁は2キロもあります。 クトゥブ・ミナールは12世紀に奴隷王朝が破壊したヒンドゥー教寺院の石材を使って建てられた塔です。 高さは72m以上もあります。 ムガル帝国のフーマユーン帝の廟は最初のムガル様式の建築物です。 ペルシャ様式を取り入れた特徴的な形ですね。 ジャマー・マスジッドは2万人以上の礼拝者を収容できるインド最大規模のモスクです。 建築狂と言われた第5代シャー・ジャハーン帝の建立です。 ガンジーが暗殺後荼毘に付された場所がラージ・ガートです。 黒大理石の慰霊碑があり、その台座にはガンジーの言葉が刻まれています。 また、その向かいにはガンジー国立博物館があります。 生前のガンジーを偲ぶ遺品が展示されています。 デリー最古の地区はプラーナー・キラーです。 ムガル帝国のフーマユーン帝がスール朝のシェール・シャーから奪取したものです。 この他にもたくさんの観光地があります。 デリーだけでこんなにありますから、インド中を見て周るためには何か月かかるでしょうか。

インドの物価

インドに旅行に行くのなら計画を立てましょう。 行く場所のことや世界遺産のどこを見るか、と言ったことばかりを気にしているかもしれませんが、その前にいくらお金があれば足りるのかを知っておかなければなりません。 格安旅行を考えるとしても、普通の価格で旅行をするといくらになるか知らなければ格安もありませんよね。 インドの物価について考えてみましょう。 インドの通貨はルピーで、Rsと表記します。 為替レートだけを考えれば1ルピーは約1.5円です。 以下はおおよその目安と考えてください。 ある人が実際にインド旅行で使用したお金です。 ホテル代が2,000ルピー弱、食事代が1,000ルピー、移動費用1,700ルピーなどです。 この費用は19日間で使ったお金です。 つまり、この金額を19で割った価格が1日分です。 ホテル代は約100ルピーですね。 インドの物価は日本と比べると非常に安いことがわかります。 このような価格を考えれば、格安のホテルに泊まる必要もないかもしれません。 しかし、インドでは注意しなければならないことがたくさんあります。 まず、物の相場を知っておくことです。 相場を知らないと、高いのか安いのか判断できませんから、非常に高い買い物をさせられる可能性が高いのです。 インドの物売りはしつこいです。 そして、高いものを売りつけようとします。 デリー空港近くのタクシーの悪名は多くの人が知るところですが、それでも引っかかってしまうのです。 食べ物は美味しいですから、賢いインド旅行をすれば楽しくすごせますね。

おすすめのインド旅行

インド旅行のおすすめはどこでしょうか。 観光地や世界遺産はたくさんあります。 しかし、インド旅行はそのような遺跡巡りが面白いわけではありません。 インド人を楽しむことの方がいいのではないでしょうか。 日本から飛行機でインドに行く時に注意しなければならないのは夜に空港に着いてしまうことです。 そこでタクシーに乗ったりすると大変な目に遭ってしまいます。 自分が予約しているホテルには連れて行ってもらえずに、ぼったくりのツアーを買わされる羽目になるのです。 このような被害に遭っている日本の旅行者はたくさんいるようですね。 インド人は外国の旅行者をカモにすることが当たり前と思っているのでしょうか。 それとも、インド人は物を購入したりする時にはお互いに価格の交渉をすることが基本だと考えているのかもしれません。 価格等あってないようなものですね。 また、人が少ないところには行かないようにしておきましょう。 特に女性の一人旅は要注意です。 夜になったら、宿でゆっくり休んでおくことです。 決して夜の散歩など考えてはいけません。 インドは特別に治安が悪いわけではありませんが、物売りが非常にしつこいのです。 馴れ馴れしくして、会ったばかりなのに友達になってしまっているのです。 インドの世界遺産の壮大さに比べると、インド人の性格はどうしてせっかちなのでしょうか。 それから、インドの鉄道やバスは時間にルーズです。 インド人自体がルーズなのです。 予定通りにはいかないと思っておきましょう。 おすすめのインド旅行は長期滞在ですね。

インド旅行のブログ

世の中には一人でインド旅行に出かける強者がたくさんいるのですね。 初めての海外旅行でインドに一人で行く勇気はどこから来るのでしょうか。 インド旅行に関するブログを読んでみませんか。 意外と簡単にインドには行けるようですね。 治安も悪くありません。 ただ、タクシーの運転手がしつこく言い寄ってきます。 これらは完全に無視しなければひどい目に遭ってしまうようですね。 旅行会社のツアーに参加すれば、一通りの観光地を巡ることはできるでしょうが、本当のインドの良さはわからないのかもしれません。 海外旅行を楽しみたいと思うのであれば、ぜひともブログを読んでから計画を立てましょう。 ブログを読むと、長期滞在の方がインドの魅力に接することができることは間違いないでしょう。 インドの鉄道は遅れるのが当たり前ですから、計画を立ててもその通りに行かないことが多いからです。 日数にゆとりを持っておくと、対応は簡単なのです。 どうしても行きたいところだけをピックアップして、後は無理な工程を汲まないことだけを注意しましょう。 しかし、ブログを読んでいると何だか楽しそうですね。 言葉も通じないし、あまりインド人には物を尋ねない方がいいと言われています。 人を疑う必要はないのですが、やはり自分の身が大事ですよね。 何事もいい方に考えられる人ならば、インドで2,3か月過ごしてみるのはどうでしょうか。 日本の素晴らしさを改めて実感するかもしれません。 私もインドに行きたくなりました。

インド旅行の予約

海外旅行に行き当たりばったりで行くことに慣れている人にとってはインド旅行は楽しいものかもしれません。 しかし、初めての海外旅行ならばインドはちょっとハードルが高いかもしれません。 インドのホテルはたくさんありますから、万が一予約をしていなくても泊まる場所がなくなることはありません。 しかし、ホテルの設備はピンからキリまであります。 また、食事にしても食べられないような食事が出てくることはありませんが、味は当たりはずれがありますね。 インドの食事ならカレーでしょう。 香辛料たっぷりのカレーですが、日本人には好評のようですね。 インターネットでインド旅行のことを調べておくとよいでしょう。 ツアーで行くのならば、事前に観光場所の歴史的背景などを勉強しておけば、また違った感動を味わうことができるでしょう。 航空券やホテルの予約はインターネットからできます。 しかし、旅行会社を通じたものではなく、個人的に予約する場合は注意しておきましょう。 予約内容をきちんと確認しておかなければなりません。 現地についてから、間違いに気づいた時などはどうしようもありません。 安いホテルはたくさんありますが、トイレが汚いなど、不慣れな人にはショックが大きいかもしれませんね。 正にカルチャーショックでしょうか。 航空券の予約などは事前に済ませておくことで割引が適用されます。 インドは比較的近い外国ですが、安心して飛行機に乗るために、間違いなく予約しておくことが肝心です。