クレジットカードや国際キャッシュカードの利用

旅行の際のお金の使い方は、国内においても結構な悩みどころです。 まして、海外旅行となると、その問題はさらに敷居が高くなります。 海外の場合はまず現地のお金に替えなければなりませんし、物価も全く異なるので、日本と同じ感覚で買い物することが難しいためです。 そういった背景もあるため、海外旅行におけるお金の基礎知識は、旅行に出かける前にひと通り覚えておく必要があります。 たとえば、クレジットカードの基礎知識に関しても、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。 海外旅行先で、クレジットカードはかなり重宝します。 なにしろ、現地の通貨を用意する必要がなく、現金を持ち歩くリスクもないため、旅行先では必需品とさえ言われています。 しかしその一方で、クレジットカードでの買い物は、使いすぎてしまうという問題があります。 現金と違ってカードを出すだけの買い物なので、お金をたくさん使っているという感覚がどうしても残らないのです。 まして、物価が違う状況なので、自分の感覚と、実際に払った額との間にギャップが生まれる可能性が高くなります。 また、口座にたくさんの額を入れた状態で盗難被害に遭うと、場合によっては甚大な被害を受ける可能性もあります。 盗まれたり、紛失したりした場合は、速やかにカード会社に連絡を入れられるよう、カード会社の番号をあらかじめ控えておきましょう。 キャッシュカードの利用に関しても、注意が必要です。 いざという時のために持っておく分には問題ありませんが、使いすぎると後でトラブルになる可能性があります。 手数料もかかるので、なるべく控えた方が無難でしょう。

トラベラーズチェックを利用しよう

旅先で必要な物は数多くありますが、一番重要なのは、やはりお金です。 お金があれば、仮に何かを失くしてしまっても、買い足す事が可能です。 パスポート等を失っても、手続きさえすれば、どうにかなります。 しかし、お金がなくなってしまうと、帰りの旅費も払えません。 交通機関も宿も利用できず、場合によっては治安の悪い地域で野宿…等という事になってしまいます。 実際、そういった例は少なからず存在します。 海外旅行の開放感で浮かれてしまい、お金を使い込んでしまったり、盗まれたりするケースは、決して少なくないのです。 そういった事にならないよう、お金は常に所持しておく必要があります。 1箇所にかためておくのではなく、財布以外の所にも持っていた方がいいでしょう。 むしろ、財布には入れていない方が良いかもしれません。 これは、海外旅行の基礎知識として覚えておきたい事のひとつです。 そしてもうひとつ、海外旅行のお金に関する基礎知識として、「トラベラーズチェック」の事も知っておくと便利です。 トラベラーズチェックというのは、旅行小切手の事です。 「T/C」と略する事が多いですね。 サインをするだけで現金にできる小切手で、アメリカ等の国では店頭でそのまま現金として利用できます。 サインが必要なので、本人でなければ利用できない分、盗難や紛失の際に他者に使われる恐れが少ないというメリットがあります。 ただし、手数料が必要なケースもあるので、コスト面も考慮した上で利用する必要があります。

パスポートとビザの用意

海外への旅行を視野に入れている人は、基礎知識の取得や準備をできるだけ早い段階で行っておく事をおすすめします。 というのも、その準備のために行う手続きが、国内旅行よりかなり複雑だからです。 短期間で一度に行うと、その数の多さに戸惑う事も十分あり得ます。 そのため、なるべく分散して行ったほうが良いのです。 海外旅行へ行く際には、現地の基礎知識を学ぶのが鉄則ですが、ほとんどの行き先において、用意しておかなければならない物もあります。 それは、パスポートとビザです。 特にパスポートは海外へ出る時点で必要な物なので、真っ先に用意しておくべき物といえるでしょう。 パスポートの申請を行う際には、「一般旅券発給申請書」「戸籍抄本または謄本」「証明写真」「本籍地の入った住民票」「身分証明書」が必要です。 原則として、発行や撮影から6ヶ月以内の物が必要となります。 写真のサイズは、縦45mm×横35mmです。 これらを、パスポート申請を行う本人の住む都道府県にある「パスポート申請窓口」に持って行く事で、申請が可能です。 パスポートに関する問題で多いのが、海外旅行先で紛失してしまった、という事例です。 この場合は現地の警察へと赴き「紛失・盗難届出証明書」を発行してもらう必要があります。 そして、それを持って日本大使館、あるいは領事館といった施設へ行き、「旅券の執行手続き」および「新規旅券発給」もしくは「帰国のための渡航書発給」を申請すれば、日本へ戻る事が可能となります。 紛失の手続きはかなり手間がかかるので、無くさないようしっかりと管理しておきましょう。

まずは行き先を決めよう

どういった旅行形態で海外旅行へ出かけるかを決めたら、次は行き先の決定ですね。 当然、旅行ですから、自分が行きたい国に行くというのが理想です。 ただ、漠然と海外旅行へ行きたいと考えている人も結構いるのではないでしょうか。 そういった際には、パッケージツアーのリストの中から選ぶという方法もあります。 格安のツアーの行き先は、基本的に「定番スポット」か「超穴場スポット」のどちらかです。 定番スポットというのは、ハワイやソウルなど、多くの人が希望している行き先ですね。 安定した客足を望むことができ、また他会社との競争が激しい事もあり、旅行プランを提案する各ツアー会社も値段をギリギリまで下げるケースが多いのです。 それに対し、超穴場スポットというのは、単純にそれほど多くの人が知らないスポットという事で、アピールもかねて値段を下げるケースが目立ちます。 おすすめなのは、この超穴場スポットですね。 最初の海外旅行は定番の方が良いかもしれませんが、2度目、3度目といった場合はこういったツアーに参加してみると、さらに世界観が広がるのではないでしょうか。 ひとつ注意したいのは、行き先を決める際に、その現地に関する基礎知識をある程度は頭に入れておくという事です。 文化も言葉も異なる場所へ行くのですから、何の基礎知識もなく赴くと、場合によっては痛い目を見ます。 朱に交われば赤く…という言葉の通り、旅行先の文化に触れ、自分も染まるという事が、海外旅行では必要となるのです。

格安価格で海外旅行を満喫

いくら、一昔前よりはるかに安い費用で海外旅行に行けるようになったとはいえ、それでもさらに安く済ませたい、と考えるのは人間の持つ当然の欲求です。 現在の水準において、できるだけ安く、それでいて安全に海外旅行を満喫したいというのは、海外旅行に行く事を視野に入れている人のほとんどが考える事でしょう。 では、実際にどういった方法ならば、格安料金で海外旅行へ行く事ができるのか。 その鍵を握るのは、パッケージツアーです。 自分で基礎知識を学び、現地の交通事情から宿の手配まで行う場合、安い所を探して選ぶ事はできます。 しかし、それはあくまでも自分で調べられる範囲に限定されてしまいます。 知る人ぞ知る穴場スポット等を探すのは、極めて困難です。 よって、格安で旅行をするというのはなかなか難しいのが実状です。 一方、ツアーの場合は、たくさんの旅行者をまとめて斡旋するという性質上、さまざまな点で「お勉強」ができます。 つまり、割引が可能という事ですね。 団体客だからこそできる事なので、個人で旅行する際には得られない特典です。 さらには、ツアー会社ならではの基礎知識や現地のコネで、穴場スポットを紹介する事も十分に可能となっています。 こういった利点もあって、パッケージツアーの中には驚くほど格安なケースが多々あるのです。 安全性をしっかりと検証した上で、格安パッケージツアーを見繕うというのが、最も安く海外旅行を満喫できる方法といえるのではないでしょうか。

海外旅行の形態

行き先が違うだけで、基礎知識をはじめ、数多くの点で大きく変わってくる海外旅行。 その違いは、旅行形態によっても発生します。 海外旅行というと、いわゆる「ツアー」の印象がかなり強いのではないでしょうか。 旅行会社が企画したツアーに参加し、共通の目的を持った大勢の人達と移動を共にして、そこから自由行動…というパターンですね。 あらかじめ企画されたツアー計画に則る形で進行していくので、航空便から現地の宿泊、交通、観光地の選別など、全て旅行会社が管理しており、お金さえ払えば、あとはほとんどの手続きをしてくれるというのが大きく、人気を博しています。 海外ツアーにはさまざまなメリットがあり、利用者数も非常に多い旅行形態ですが、問題点もあります。 それは、自由度があまり高くない点です。 スケジュールに則って行動するので、気分次第で動くという事が困難です。 また、自分ではほとんど準備をしないで良い分、あまりその旅行先に関する基礎知識などの予習をしないため、思い入れという点でもあまり深く立ち入る事がしにくい状況が生まれてしまいます。 一方、自ら準備をして旅行計画を立てる「手配旅行」の場合は、基礎知識等を身に付けなければならない分、準備にかなり時間がかかります。 その分思い入れが生まれ、かなり意義深い海外旅行になる事も多く、決してデメリットばかりではありません。 場合によっては、ツアー以上に穴場のコースを見つける事もできるので、格安で旅行できる可能性もあります。 とはいえ、安全面を考慮した場合など、ツアーの方が良いという点も少なからずあります。

海外旅行と世代

海外へ旅行に出かけるのは、決して楽な事ではありません。 もちろん楽しい事ですが、同時にかなりのエネルギーが必要となります。 まず、準備段階で既に国内旅行とは比較にならないほどに消耗します。 行き先となる国の基礎知識を常に頭に入れておく必要がありますし、それに合わせた準備には相当な時間と手間が必要です。 また、旅行先でトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、それに対する基礎知識や対策も必要となってきます。 こういった事もあって、昔は海外旅行というと、若い世代、特に20代が関心を示すものでした。 しかし、近年では状況は一変し、若い世代よりも高齢層に人気を博しているというデータが出ています。 収入的な問題もあるものの、一番の理由は海外に対する意識の違いです。 高齢層は海外に強い憧れを持っているのに対し、若い人達はそこまで強い意識は持っていないというのが大きいようです。 そんな世代間の意識の差は、行き先にも現れています。 20代~30代の間で特に人気の高い海外旅行先は、ソウルやバンコクといったアジアの国々です。 また、バリ島や香港も高い人気を誇ります。 旅費が安くて済むアジアに、人気が集中しているという感じですね。 一方、40代以上にはパリが圧倒的な人気を誇っています。 花の都パリ、という印象が強いようですね。 また、ニューヨークも安定した人気を誇っています。 特に60代は、ローマやロンドンといったヨーロッパ諸国に対する憧れが強いようです。

海外旅行の行き先

ひと口に「海外旅行」と言っても、その行き先はそれこそごまんとあります。 何しろ、日本以外の国に行く全ての旅行が、海外旅行。 同じ海外旅行でも、どこへ出かけるかによって言葉や対策、基礎知識も変わってきます。 共通しているのは、文化の異なる国へ行くという事くらいですね。 そんな海外旅行の行き先として最も多いのは、アメリカです。 なんといってもハワイ、グアム、ホノルルといったリゾート地への旅行者が圧倒的に多く、それがアメリカ旅行を支えています。 アメリカ本土への旅行も、ニューヨークやラスベガスを中心に、かなり多いようです。 一方、旅行ではなく仕事で赴くという場合は、中国の方が多くなっているようです。 海外赴任、あるいはビジネスの交渉といった理由で中国へ渡るケースが圧倒的に多く、海外旅行先としてはまだ多くはないものの、今後大きな娯楽施設が増える事が予想されており、一気に旅行者数が増える可能性が高い国でもあります。 同じアジアでいえば、韓国が最も海外旅行先としては多いようです。 特にソウルへの観光旅行はかなり多く、ソウルに関する基礎知識を記した書籍等も人気が高いと言われています。 何より、韓国は旅費が非常に安く済むというのが大きいようですね。 これ以外の国では、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス等といったヨーロッパや、タイ、シンガポールといった東南アジア、オーストラリアなどが海外旅行の定番の行き先となっています。 香港も上位に挙げられる常連のひとつです。

近年の海外旅行事情

1990年代に入ると、海外旅行は急激に身近なものへとなっていきます。 バブルが弾け、景気が傾いてきた時期もその傾向は変わらず、1995年には過去最大級の円高水準を記録した事で、むしろ国内の旅行より海外旅行が安いのでは?という状況にまでなっていきました。 実際、円高に加え、飛行機が大型化した事もあって旅費は低下の一途を辿っており、この頃から台湾、韓国などのアジア近隣諸国に関しては、国内とほぼ同等、場合によっては国内旅行よりも安い価格で旅行できるようになりました。 2000年代に入ると、アメリカ同時多発テロなどの勃発によって安全面での不安が叫ばれるようになり、一時海外旅行の需要は伸び悩みを見せます。 さらには、原油価格の高騰による燃料費の急騰や国内旅行の巻き返し等もあって、海外旅行者数は減少した事もありました。 しかしその後、海外へ赴く際の注意点、基礎知識などをまとめた書籍やインターネットサイトなどが普及し、またさらなる格安プランが次々と生まれ、円高が進む等の海外旅行に有利な点がいくつも出てきた事で、その旅行者数は回復し、以前の水準に戻っています。 これは単に状況がそうなったというだけでなく、海外旅行というパッケージ自体の魅力が不変である事を示しているといえるでしょう。 昔と違い、近年は海外旅行は富裕層の娯楽、高嶺の花、夢といったものではなくなりました。 ハワイへ行くにしても、北海道や沖縄に行くのとほとんど変わらない値段になってきています。 今では、修学旅行で海外へ赴くというケースも珍しくはなくなってきました。 海外旅行に関する基礎知識も確立しており、今や海外旅行というのは、一般市民の娯楽のひとつとして定着しているのです。

海外旅行は夢から現実へ

近年、海外旅行をする人は珍しくはありませんが、昔は海外旅行というと、いわゆる高嶺の花でした。 その歴史を紐解くと、1800年代にまで遡ります。 海外へ渡った日本人はそれ以前にも数多くいましたが、旅行目的で日本を飛び出したのは、あの「ジョン万次郎」が最初ではないかと言われています。 いずれにせよ、彼が生きていた1800年代に、海外旅行という定義が生まれたと言って良いでしょう。 以降、戦争を経た日本は徐々に国際化を進め、その過程の中で、旅行先がワールドワイドな方向へと向いていくようになります。 特に契機となったのは、1964年に開催された東京オリンピック。 オリンピックが国内で開催されたことによって、日本は一気にグローバル化を推進しており、その影響で海外旅行が一気に普及しました。 とはいえ、この時期はまだ「海外旅行=富裕層の娯楽」という図式のままで、実際にその費用は車を購入するより高く、一般人にはなかなか手が出ないものでした。 そのため、海外旅行の基礎知識も普及しておらず、多くの市民はそこに夢を見たと言われています。 1970年代になると徐々に費用が控えめになり、一般人でもどうにか手が届くようになりました。 海外旅行に関する基礎知識も徐々に浸透し、旅行目的で日本を出る一般人も増えはじめます。 そして、1980年代後半になると一気に円高が進行し、アメリカ訪問時のビザ免除制度も生まれ、急激に海外旅行は普及していきます。 海外旅行時代の幕開けです。