海外旅行と世代

海外へ旅行に出かけるのは、決して楽な事ではありません。 もちろん楽しい事ですが、同時にかなりのエネルギーが必要となります。 まず、準備段階で既に国内旅行とは比較にならないほどに消耗します。 行き先となる国の基礎知識を常に頭に入れておく必要がありますし、それに合わせた準備には相当な時間と手間が必要です。 また、旅行先でトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、それに対する基礎知識や対策も必要となってきます。 こういった事もあって、昔は海外旅行というと、若い世代、特に20代が関心を示すものでした。 しかし、近年では状況は一変し、若い世代よりも高齢層に人気を博しているというデータが出ています。 収入的な問題もあるものの、一番の理由は海外に対する意識の違いです。 高齢層は海外に強い憧れを持っているのに対し、若い人達はそこまで強い意識は持っていないというのが大きいようです。 そんな世代間の意識の差は、行き先にも現れています。 20代~30代の間で特に人気の高い海外旅行先は、ソウルやバンコクといったアジアの国々です。 また、バリ島や香港も高い人気を誇ります。 旅費が安くて済むアジアに、人気が集中しているという感じですね。 一方、40代以上にはパリが圧倒的な人気を誇っています。 花の都パリ、という印象が強いようですね。 また、ニューヨークも安定した人気を誇っています。 特に60代は、ローマやロンドンといったヨーロッパ諸国に対する憧れが強いようです。

海外旅行の行き先

ひと口に「海外旅行」と言っても、その行き先はそれこそごまんとあります。 何しろ、日本以外の国に行く全ての旅行が、海外旅行。 同じ海外旅行でも、どこへ出かけるかによって言葉や対策、基礎知識も変わってきます。 共通しているのは、文化の異なる国へ行くという事くらいですね。 そんな海外旅行の行き先として最も多いのは、アメリカです。 なんといってもハワイ、グアム、ホノルルといったリゾート地への旅行者が圧倒的に多く、それがアメリカ旅行を支えています。 アメリカ本土への旅行も、ニューヨークやラスベガスを中心に、かなり多いようです。 一方、旅行ではなく仕事で赴くという場合は、中国の方が多くなっているようです。 海外赴任、あるいはビジネスの交渉といった理由で中国へ渡るケースが圧倒的に多く、海外旅行先としてはまだ多くはないものの、今後大きな娯楽施設が増える事が予想されており、一気に旅行者数が増える可能性が高い国でもあります。 同じアジアでいえば、韓国が最も海外旅行先としては多いようです。 特にソウルへの観光旅行はかなり多く、ソウルに関する基礎知識を記した書籍等も人気が高いと言われています。 何より、韓国は旅費が非常に安く済むというのが大きいようですね。 これ以外の国では、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス等といったヨーロッパや、タイ、シンガポールといった東南アジア、オーストラリアなどが海外旅行の定番の行き先となっています。 香港も上位に挙げられる常連のひとつです。

近年の海外旅行事情

1990年代に入ると、海外旅行は急激に身近なものへとなっていきます。 バブルが弾け、景気が傾いてきた時期もその傾向は変わらず、1995年には過去最大級の円高水準を記録した事で、むしろ国内の旅行より海外旅行が安いのでは?という状況にまでなっていきました。 実際、円高に加え、飛行機が大型化した事もあって旅費は低下の一途を辿っており、この頃から台湾、韓国などのアジア近隣諸国に関しては、国内とほぼ同等、場合によっては国内旅行よりも安い価格で旅行できるようになりました。 2000年代に入ると、アメリカ同時多発テロなどの勃発によって安全面での不安が叫ばれるようになり、一時海外旅行の需要は伸び悩みを見せます。 さらには、原油価格の高騰による燃料費の急騰や国内旅行の巻き返し等もあって、海外旅行者数は減少した事もありました。 しかしその後、海外へ赴く際の注意点、基礎知識などをまとめた書籍やインターネットサイトなどが普及し、またさらなる格安プランが次々と生まれ、円高が進む等の海外旅行に有利な点がいくつも出てきた事で、その旅行者数は回復し、以前の水準に戻っています。 これは単に状況がそうなったというだけでなく、海外旅行というパッケージ自体の魅力が不変である事を示しているといえるでしょう。 昔と違い、近年は海外旅行は富裕層の娯楽、高嶺の花、夢といったものではなくなりました。 ハワイへ行くにしても、北海道や沖縄に行くのとほとんど変わらない値段になってきています。 今では、修学旅行で海外へ赴くというケースも珍しくはなくなってきました。 海外旅行に関する基礎知識も確立しており、今や海外旅行というのは、一般市民の娯楽のひとつとして定着しているのです。

海外旅行は夢から現実へ

近年、海外旅行をする人は珍しくはありませんが、昔は海外旅行というと、いわゆる高嶺の花でした。 その歴史を紐解くと、1800年代にまで遡ります。 海外へ渡った日本人はそれ以前にも数多くいましたが、旅行目的で日本を飛び出したのは、あの「ジョン万次郎」が最初ではないかと言われています。 いずれにせよ、彼が生きていた1800年代に、海外旅行という定義が生まれたと言って良いでしょう。 以降、戦争を経た日本は徐々に国際化を進め、その過程の中で、旅行先がワールドワイドな方向へと向いていくようになります。 特に契機となったのは、1964年に開催された東京オリンピック。 オリンピックが国内で開催されたことによって、日本は一気にグローバル化を推進しており、その影響で海外旅行が一気に普及しました。 とはいえ、この時期はまだ「海外旅行=富裕層の娯楽」という図式のままで、実際にその費用は車を購入するより高く、一般人にはなかなか手が出ないものでした。 そのため、海外旅行の基礎知識も普及しておらず、多くの市民はそこに夢を見たと言われています。 1970年代になると徐々に費用が控えめになり、一般人でもどうにか手が届くようになりました。 海外旅行に関する基礎知識も徐々に浸透し、旅行目的で日本を出る一般人も増えはじめます。 そして、1980年代後半になると一気に円高が進行し、アメリカ訪問時のビザ免除制度も生まれ、急激に海外旅行は普及していきます。 海外旅行時代の幕開けです。

海外旅行おすすめの安全な国<オランダ>

海外旅行でのおすすめの安全な国として、飛行機でも1日以上も要しますが南カリブ海に浮かぶとても小さい島からなるABC諸島(A=アルバ、B=ボネール、C=キュラソーという島の名前)を目指すことにしましょう。 その美しさこそはまさに比類が無いといわれており治安が良くて犯罪率が非常に低いことで日本から遠いとはいえ、英語も十分に使えますので大いにチャレンジしてください。 17世紀にはオランダの植民地だったものの、現在においてはABC諸島としてオランダ領になっています。 経済的にも十分に安定していますので、まったく不自由なく絵に描いたようなシーンの中で夢の世界にひたった下さい。 パステルカラーの見事な街並みは、日本人からはきっと好まれるでしょうが、日本からの観光客はそれほど多くはないようです。 ヨーロッパなど世界中からじつに多くの訪問客でにぎあっており、高い人気のあるリゾート地となっています。 なお地理的には正反対のヨーロッパになりますが、本国のオランダそしてベルギーも安全な国としておすすめの対象になるでしょう。 いずれも普通の英語で十分に理解し合えますが、東洋人への珍しさをあらわに示す外来者が居るようです。 オランダの大平原を飾る一面のチューリップの美しさは、あのモーツアルトの曲を聞かせて育てた結果だそうです。 アンネの家とかゴッホの吊り橋にもぜひ訪れましょう。 アムステルダム空港の全体のスタイルの美しさにゆったりと酔いしびれてください。 なおオランダは英語ではネザーランドといって、(海面より)低い土地という意味をもっています。

海外旅行おすすめの安全な国<アイルランド>

海外旅行の計画においては、おすすめとなる安全な国はどこであるかがもっとも重要なことでしょう。 政府の関係機関による治安の良い国のリストさらには旅行会社によって統計的に調査されてものなどで調べること自体も、すでに旅行気分となって楽しいことにつながってくるものです。 ところで日本は世界一といわれるほど治安が良いという評判が欧米などでは言われているようです。 わたしたちは最近とくにヨーロッパの魅力を大きく見出してきているようで、とりわけ大英帝国としてのイギリスに注目することが多々あるものです。 そしてアイルランドにおいては、スコットランドそしてイングランドと同様に”民謡の宝庫”などともいわれているのです。 そのこともあってか、治安が非常に良いことも高く評価され始めています。 世界保健機構(WHO)の発表によれば、そのエメラルド島こそがヨーロッパでもっとも安全なエリアとして認めるようになりました。 犯罪などは皆無に近くて、じつに平和で美しい大自然の多いアイルランドでのアルスターともに、まさにあまり有名ではない海外旅行の安全な国のおすすめのトップとさえいえるでしょう。 母国語はもちろん米語とはほど遠い生粋の英語ですが、訛りは少々含まれているとのことですから、ネットでのレビューにあるように最初は少々戸惑いを感じることがあるようです。 ロンドンとその郊外を満喫してから、トランジットによってこの夢のアイルランドに行って数日間でも過ごすと、そこに永住したくなるかもしれません。

海外旅行おすすめの安全な国<キプロス>

海外旅行にて安全な国のおすすめには、世界の治安や犯罪経歴に関する色んな統計的なデータ、そして旅行会社などの意見をも参考にして訪問先を決めることになるでしょう。 そして単なる観光そのものが目的であっても、なんらかの具体的なことに焦点を当てたものにすると、よりいっそう有意義な海外旅行になるものです。 人類の歴史的な観点からでしたら、まずは地中海の東部地方こそがその発端となりそうです。 そこでヨーロッパからの観光地としてもとくに高い関心がもたれているキプロスを訪ねることにしましょう。 これまでのあなたの英語会話のパワーを実際面にトライする格好のチャンスとなることを請け合います。 キプロスは一時的ではあったものの、民族的に南北に分断されたこともありますが、現在では平和的に統合されておりますので、治安面とか宗教的な論争さらに組織的な犯罪に関しても十分に安心できるでしょう。 文化の面でも非常にユニークな存在となっていますので、とりわけ日本人にはとても大きい魅力を実感することができるといえます。 なお宗教面においては、一種独特のものがありますので、あらかじめ大略や概要などを知っておいてください。 地理的にもトルコとエジプトの中間的という意味の深いものがあり、また美しさでは世界一というビーチを持っており、まったく未知の世界へ入り込むことになるでしょう。 まさに海外旅行におけるおすすめの安全な国の”穴場”ともいえそうです。 あなたのお友だちに、このキプロスを訪問した人は、どれだけかがおられるでしょうか?

海外旅行おすすめの安全な国<シアトル>

海外旅行を観光などで行きたいと思うと安全な国としてのおすすめ情報が気になるものです。 官公庁などによる治安情報をネットサイトで見ることができますので、一応の参考にはなるでしょう。 われわれが習っている英語会話は、ある有識者にいわせると英語会話ではなくて、”米語会話”に過ぎないなどといわれています。 それはとにかくとして、その米語会話を身につけたあなたは、アメリカを訪れることにします。 日本人にとってまったく”異質”な風景が非常に魅力的なシアトルが大きく浮かび上がってくるでしょう! なんと日本では想像がしにくい野外活動が一般化されており、その尽きることのないユニークさによって、もう日本へ帰るのはイヤだなどと思うあなたに変身してしまうかもです。 ダウンタウンもニューヨークなどとは比較にならないくらい生活程度そして治安ともに抜群に良いのですから、日本からの若い女性においても、リスクにつながるような非常識なことさえなければ、永住したい気持ちになるものです。 日本からの観光客そしてハネムーンさらには定年退職者のカップルなどなど、割と多くの日本人に出会うこともありますが、アメリカのほかの都会とはまったく異なった雰囲気をつねに維持している魅力は尽きることがないでしょう。 シアトルの人は、”人懐っこさ”が大きいとよく聞かれていますので、日本人とみればすぐに積極的に話かけてくることが多々あることは、ネットサイトのレビューなどでもよく見られることです。 旅行会社の人からも安全な国としておすすめの対象に関することを、いろいろ訊いておいてから出発するのも有意義でしょう。

海外旅行おすすめの安全な国<ルクセンブルク>

昨今になって日本でのとくにヤングはヨーロッパへの関心が強くなってきたといわれていますし、いっぽう東南アジアからハワイにかけてのグアムとかサイパンが身近になってきているようです。 行政機関による治安の良い国のランキングにおいても、いくつもの異なったエリアの国々が表示されているようです。 海外旅行を思うとだれしもが安全な国のおすすめ情報を知りたくなりますが、そこで避けられないのが言葉の問題そして日本人という特質のようものがあることを見逃すことができません。 そのような意識を正しくもって楽しい海外旅行を経験したいものです。 そこで歴史的にもとても治安が優れており犯罪が比較的少ないとされている国のルクセンブルクを訪ねてみることにしましょう。 とりわけアジアから訪問する外国人に対しては、なぜかとても好意的といわれており、日本人のヤングのものから高齢の旅行者またはハネムーンのカップルも多く見かけているものです。 大自然が非常に豊富あることによってヨーロッパにおけるミドリの中心地などとも称されており、観光業もとくに盛んなことが大きい魅力となっています。 このルクセンブルクこそが、まさに海外旅行における安全な国のおすすめとなる国として見逃すことができないでしょう。 海外からの人への差別意識がほとんど無いことによって、日本人の少々頼りない英語でも大丈夫かも(?)です。 ただし日本古代からの礼儀正さを大いに示すようにしたいものですし、いっぽうイエス・ノウだけははっきりと表現できるようにしておきましょう。

海外旅行おすすめの安全な国<オーストリア>

海外旅行において安全な国としておすすめできる国々は、とりわけ日本人にとってはヨーロッパにおいていくつもの国が思い浮かぶものでしょう。 なかでも音楽の都としてのウイーンを首都とするオーストリアは決して見逃すことはできません。 あの天才のモーツアルトを生んだのは、ウイーンから列車で数時間のところにある美しい小都市のザルツブルクであって、やはり印象的な中世の街並みを残しています。 日本人の音楽留学生もとても多くみられるところです。 モーツアルトが活躍したのは殆んどがウイーンであって、あのベートーヴェンをはじめシューベルト、そしてワルツ王ヨハン・シュトラウスなどなどが、まさに音楽の花を開いているのです。 中央墓地には日本人には馴染みの音楽家が眠っています。 治安が良いのはスイスと並んでヨーロッパではトップ的な存在でしょう。 しかし英語をまったく理解しない人も多くおりますし、ジプシーのような子どもたちがいて、色の浅黒い東洋人に対してはやや懸念されるような行動もあるようです。 大都会であるウイーンにおける報道されないような犯罪になるかどうかのじつに微妙なことが起こっているのです。 海外旅行においておすすめの安全な国といえども、とくに日本女性の曖昧な表現では誤解を生みやすいといわれています。 日本の行政機関による治安の良い国のリストアップなどのみの判断で良いのかという疑問があるようです。 インターネットにおけるレビューなどで、海外旅行でのナマの声をも大いに参考にしておきましょう。