海外旅行と年齢

Pocket

一般的に保険の契約をする場合、年齢制限があります。
70歳を過ぎると保険契約ができないことが多いのです。
海外旅行に出かける時に保険に加入することが一般的です。
外国で病気になっても健康保険証が使えるわけではなく、治療費がすぐに高額になってします。
そのため、海外旅行保険で高齢者が加入できるものが増えてきました。
これまでは年齢制限があったのです。
現代のように高齢化社会となってくると、高齢者を制限することは現実的な対応と言えません。
もちろん、持病を持っている人の場合はリスクが高くなりますから、特約などで追加料金を支払うことになるでしょう。
それでも保険に入れるかどうかは非常に重要です。
ただ、旅行会社によって年齢制限を付けるかどうかは対応が異なります。
現実的には年齢制限なしは損保ジャパンだけです。
なぜ損保ジャパンだけが年齢制限なしの適用を決めているのかはわかりません。
現実的には大きなリスクではないと判断しているのでしょう。
おすすめの保険はどこでしょうと聞かれて、高齢者であれば損保ジャパンと応えて間違いないでしょう。
他の保険会社が今後どのような対応をするのか注目しましょう。
ただ、高齢になってから海外旅行をすること自体はあまりおすすめできません。
飛行機などに長時間乗らなければならないため、体力的に厳しい可能性があるからです。
せっかく海外に出かけても、そこで具合が悪くなってしまっては意味がありません。
元気に旅行を楽しめる若い時に行くことをおすすめします。

Comments are closed.