南国の小さな島サイパン

Pocket

冬の海外旅行、どうせなら暖かいところへ行きたいですよね?日本から近くて暖かいところの海外旅行先というと、グアムかサイパンが思いつくでしょう。どちらも、日本から行きやすく時差もあまりないですし、さまざまなマリンアクティビティやショッピングが楽しめます。
サイパンとグアムの大きな違いというと、島の大きさです。サイパンはグアムの4分の1の大きさですが、小さな島だけに、サイパンでは、ゆったりとした時間が流れています。穴場のビーチだと、観光客がほとんどいなくて貸し切りのような状態で、現地の人と触れ合うこともできます。
サイパンの平均気温は、26度~30度と年中常夏の気候で、冬の時期でも20度以下になることはありません。また、真夏でも、日本の夏の暑さとは全く違い、意外と涼しくとても快適に感じられます。また、日本では、夏から秋の時期に台風が多くやって来ますが、サイパンでは、大きな台風が直撃することがほとんどないので、安心して日程が立てられます。なお、サイパンで海を楽しみたいのなら、風が弱く海が荒れにくい5月~10月の時期がおすすめです。
サイパンの治安についてですが、サイパンの人々はとても温厚な性格で、ほとんど凶悪事件やテロ、宗教的な対立も起こりません。ただし、日本でもそうですが、夜の歓楽街は注意しなければなりません。
ショッピングについては、やはりグアムの方が断然お店の軒数は多いですが、サイパンでも必要なものやお土産品などに困ることはありません。
アメリカンな都会的なリゾートを求める方はグアム、のんびりとした南国の雰囲気を存分に楽しみたい方はサイパンがおすすめでしょう。

Comments are closed.