赤ちゃん連れにおすすめの海外旅行

Pocket

乳幼児を連れての海外旅行は大変だと思いますが、赤ちゃんを連れて行くのにおすすめの旅行先を紹介します。
まずは、韓国のソウルと済州(チェジュ)島です。ソウルへの便は、日本各地の空港から何便も出ていますし、飛行時間も東京からだと2時間半で行くことができます。多くのリピーターがいるということもあり、パケージツアーの選択肢も豊富です。赤ちゃんがいる場合は、ハードに巡る市内観光は避けて、自由に行先や時間を決めることができるフリープランがおすすめです。また、ホテルを選ぶ際は、ゆったり過ごすことができるように、広めの部屋を選びましょう。
ソウルの冬は日本よりも長いです。この時期は、料金が安いのですが、とっても寒いので、小さなお子さんがいる場合はおすすめできません。ソウルは春や秋でも肌寒く感じるので、薄手のコートなどを用意しましょう。
ソウルの街中でベビーカーを押す際は、段差に注意してください。赤ちゃんなら抱っこひもなどを使うことをおすすめします。また、焼き肉店など韓国の料理店では火を扱うことが多いので、やけどの恐れがあります。子どもさんから絶対に目を離さないようにしてください。
済州島は、成田空港から約2時間45分で行くことができるリゾートアイランドです。韓国の中でも暖かいところです。夏は暑くなりますが、湿度が低くカラットしています。暖かいところと言っても、冬はとても寒くなるので、防寒着が必要になります。
直行便はあまりないですが、飛行機に乗る時間が短いですし、リゾート地ならではのゆったりとした時間が流れているので、赤ちゃんとのんびりくつろぐことができます。小さい子を連れての観光は、タクシーチャーターがおすすめです。日本語が話せるドライバーさんが、親切に島内を案内してくれますよ。
赤ちゃん連れの海外旅行の参考にしてみてください。

Comments are closed.