港町・釜山で海鮮と砂浜を楽しもう

Pocket

韓国第二の都市、釜山(プサン)。
この都市は、アジア有数の港町として知られています。
日本の福岡とは、なんとたったの200キロの距離にあり、日本と最も近い都市のひとつです。
特に有名なのは、韓国最大の規模を誇る魚市場、「チャガルチ市場」。
また、「無いものは無い」=なんでも手に入る、といわれる「国際市場」も、活気あふれる市場です。
品物がたくさんあって、にぎわっている市場の様子は眺めているだけでも楽しいものですよね。
どちらも韓国旅行で釜山を訪れるなら必見のスポットです。
また、釜山といえば海、海といえばビーチです!「海雲台ビーチ(ヘウンデビーチ)」は潮風が心地よい、人気のビーチです。
弓なりに続く白い砂浜はとても美しく、海沿いにはたくさんの高級リゾートホテルが立ち並んでいます。
7月、8月の海水浴シーズンは、ゆったりと広い砂浜に、たくさんのパラソルが並んで、壮観。
シーズン以外でも、ほんとうに景色のいいビーチなので、砂浜を散歩するだけでも、潮風に、波の音に、心が洗われるような気持ちになります。
釜山の夜景を海側から楽しむことができるクルージングツアーもあります。
とれたての海産物で彩られた豪華なディナーを楽しみながら、大都会釜山の夜景を眺める、そんな韓国旅行のひとコマも、優雅でいいですね。
釜山へは、東京はもちろんのこと、大阪や北海道、名古屋からもフライトがあります。
また、大阪や神戸、博多からはフェリーで行くこともできますよ。
釜山を訪れて、韓国旅行のバリエーションをぐっと広げてみませんか?

Comments are closed.