韓国旅行で今大流行のサムゲタンを

Pocket

韓国旅行に行ったらゼッタイ食べて欲しい、サムゲタン。
最近では、日本でも、身体に良くて温まるし、コラーゲンたっぷりで美容にもいい、とちょっとしたブームですよね。
鶏肉に高麗人参やもち米を入れて煮込んだこのスープ料理、実は韓国では、サムゲタンは夏の料理なんです! 日本における土用の丑の日のウナギのように、夏バテ時の疲労回復のためによく食べられるそうです。
サムゲタンは、基本的に、鶏肉の中に高麗人参ともち米を詰めた後、2~3時間じっくり煮込んでつくられます。
本場、韓国では調理時に味付けはほとんど行わず、食卓で塩・コショウ・キムチなどで各自が味をととのえて食べるのが習慣です。
鶏肉の旨味が充分出ているので、そのままでもやさしいお味で美味しいですし、変化をつけたいな、と思ったら味付けをする、というアレンジが自分でできるのは楽しいですね。
韓国旅行でサムゲタンを食べるなら、まずチェックしたいのが「土俗村(トソッチョン)」。
「サムゲタンといえば土俗村」といわれるほどの超有名なサムゲタン専門店。
土俗村では、高麗人参だけでなく、ナツメ、松の実、ひまわりの種など、30種類以上の食材を入れ、4時間ほどぐつぐつ煮込んでサムゲタンを作っています。
ほんとうに、とろけるほど美味しいのでぜひ食べに行ってみてください。
「土俗村」は「伝統的な村」というような意味で、その名のとおり昔なつかしい雰囲気の店構えや、広い店内の空間も味わい深いもの。
韓国旅行に行くならぜったいに訪れて欲しい、イチオシのお店です。

Comments are closed.