フランス旅行の楽しみ方その1

Pocket

みなさんは、フランス旅行をしたことがありますか?
フランスと言えば、やはりパリでしょう。
フランス旅行ではみなさん、パリを訪れると思います。
フランスの観光ガイドブックを見ても、やはり中心はパリですよね。
そして、観光でみなさんが訪れることが多い場所が、ルーブル美術館ではないでしょうか。
フランス行ったら、パリに行ったら、誰しも一度は訪れておきたい場所です。
ルーブル美術館で美術品をうっとりと眺めて、フランスの芸術に触れる旅行も素敵ですよね。
さて、このルーブル美術館、美術品を見るだけでは、もったいないです。
中庭をお散歩してみてはいかがでしょうか?
チュイルリー公園に続いているルーブル美術館の中庭には、「カルーゼルの凱旋門」というものがあります。
これは、とても歴史あるもので、あのナポレオンの時代に作られたものなのです。
凱旋門と言えば、誰でもシャンゼリゼ通りの先にある、凱旋門だと思うでしょうが、これも小さな凱旋門なのです。
このカルーゼル凱旋門に立って、西の方角を見てみます。
そこには、コンコルド広場にあるオベリスクが見えるはずです。
そして、その向こうにはパリの代表とも言える、あの凱旋門を見ることが出来ます。
また、その後ろに、かすかに見えるのですが、新凱旋門が見えると思います。
これはレアな観光でしょうが、同じ方角にルーブルの凱旋門、そして、コンコルド広場のオベリスク、また、凱旋門、新凱旋門も一緒に見えるのです。

Comments are closed.