海外旅行の行き先

Pocket

ひと口に「海外旅行」と言っても、その行き先はそれこそごまんとあります。
何しろ、日本以外の国に行く全ての旅行が、海外旅行。
同じ海外旅行でも、どこへ出かけるかによって言葉や対策、基礎知識も変わってきます。
共通しているのは、文化の異なる国へ行くという事くらいですね。
そんな海外旅行の行き先として最も多いのは、アメリカです。
なんといってもハワイ、グアム、ホノルルといったリゾート地への旅行者が圧倒的に多く、それがアメリカ旅行を支えています。
アメリカ本土への旅行も、ニューヨークやラスベガスを中心に、かなり多いようです。
一方、旅行ではなく仕事で赴くという場合は、中国の方が多くなっているようです。
海外赴任、あるいはビジネスの交渉といった理由で中国へ渡るケースが圧倒的に多く、海外旅行先としてはまだ多くはないものの、今後大きな娯楽施設が増える事が予想されており、一気に旅行者数が増える可能性が高い国でもあります。
同じアジアでいえば、韓国が最も海外旅行先としては多いようです。
特にソウルへの観光旅行はかなり多く、ソウルに関する基礎知識を記した書籍等も人気が高いと言われています。
何より、韓国は旅費が非常に安く済むというのが大きいようですね。
これ以外の国では、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス等といったヨーロッパや、タイ、シンガポールといった東南アジア、オーストラリアなどが海外旅行の定番の行き先となっています。
香港も上位に挙げられる常連のひとつです。

Comments are closed.