ホテルの選び方を学ぼう

Pocket

予約するホテルを選ぶ際に重要なのは、「ロケーション」「ランク」「サービス」「ファシリティー」の4つです。
これら4つは、海外旅行時のホテル選びの基礎知識として、しっかりと学んでおく必要があるでしょう。
この中でも特に重要なのは「ロケーション」です。
つまり、どの場所にあって、どういった交通機関を利用できるか、という点ですね。
たとえば、パリのルーヴル美術館を見に海外旅行に出かけるとしましょう。
当然、その場合は「ルーヴル美術館を日中訪れた場合、その日のうちにチェックインできる範囲にあるホテル」が予約対象となります。
問題は距離ではなく移動時間です。
最短の交通機関を利用した場合、何時間で移動できるかといった交通の基礎知識をしっかりと事前に調べた上で範囲を絞り、その範囲にあるホテルから選ぶようにしましょう。
「ランク」も重要です。
ホテルにはさまざまな種類があり、それによって宿泊料金は大きく変わってきます。
当然、五つ星ホテルなどのような高級ホテルの場合は、非常に高い金額が設定されています。
逆に、ユースホステルやエコノミーホテルのような施設であれば、最小限の宿泊料金で済むでしょう。
海外旅行の際には、どういったランクのホテルに泊まるのかという事を事前に決めておく必要があります。
「サービス」と「ファシリティー」に関しては、そのランクを決める際の判断材料となります。
サービスや施設を重視するなら、ある程度のランクのホテルが望ましいでしょう。
そうでなければ、ランクを落としても問題ありません。

Comments are closed.