帰国は余裕を持って

Pocket

存分に海外旅行を堪能し、最終日を迎えたら、いよいよ帰国準備を行う事になります。
基本的には、その前日に荷物をまとめておくようにしましょう。
最終日はなるべく移動だけにして、観光や買い物も前日に済ませておいた方が、バタバタせずに済みます。
帰国する際にはいくつかの手続きが必要となるので、事前に基礎知識を頭に入れておきましょう。
そのひとつが、免税手続きです。
海外で購入した物を税関で提示し、ショッピングチェックに確認スタンプを押してもらう事になります。
場合によっては、税金を払い戻ししてもらう事になるか、税金を納める必要が出てきます。
その際には、支払い方法、納税方法を確認した上で、指示通りに支払いましょう。
免税を行う税関の前にも、いくつかの手続きが必要です。
出国の際の基礎知識として、これらの事はしっかり頭に入れておきましょう。
アジアや南米、アフリカなどから帰国する場合、現地の空港へ着くと、まず検疫が行われます。
日本に現地の病原菌を持ち込まないようにするためです。
行われるのは健康相談で、体調面に関していくつかの質問がされます。
ここで体調が優れないと判断された場合は、健康診断を受ける必要が出てきます。
必ず正直に答えるようにしましょう。
検疫を抜けると、次は入国審査です。
日本への入国審査なので、基本的には難しい事は何もありません。
パスポートを掲示して、スタンプを押してもらえばOKです。
次は所持品のチェックですね。
動物や植物を持ち込む場合は、これらの検疫も行います。
それが済むと、税関が待っています。
出国の際と同じく赤ランプと緑ランプのカウンターがあるので、指示に従い、どちらかのカウンターへ行きましょう。
税関を抜けると、飛行機に乗る事ができます。
海外旅行のラストを飾る空の旅が待っています。

Comments are closed.