パスポート

Pocket

どこの国へ行くにしても日本から出るためには必ず必要となるのが、パスポートです。
初めて海外旅行へ行く人は、パスポートを申請して入手する必要があります。
すでに持っている人は、パスポートの有効期限がきちんと残っているか確認する必要があります。
海外旅行へ行く国によって、パスポートの残存有効期間が違っています。
例えば、ハワイやグアムならば、帰国時までの期間があれば大丈夫ですが、カナダ、中国、シンガポールなどは入国時から6ヶ月以上の残存期間がなければいけません。
国によって違うので、早めに確認して必要に応じて更新手続き必要があります。
初めて申請する人は、申請に必要となる書類を準備しなければいけません。
・戸籍謄本か戸籍抄本のどちらかを1通。
・パスポート申請用の写真(45mm*35mm)。
・運転免許証、保険証など身分証明ができるもの。
・申請手数料(10年間有効の旅券は16,000円、5年は11,000円、12歳未満は5年で6,000円)。
手数料は受け取りの際に必要です。
この他、住民票の写しが1通必要になる人もいます。
住基ネットに登録していない人、あるいは登録している都道府県と違う場所で申請する人などです。
これらの必要書類を準備したら、旅券センターなどの申請窓口へ行き手続きをします。
基本は住民登録している都道府県にある窓口へ行ってください。
申請には「一般旅券発給申請書」も必要になりますが、これは窓口にあるので現地で記入すれば大丈夫です。
パスポートが交付されるのは、申請してから1週間から10日ほどです。
土日をはさむとさらに日にちがかかることもあります。
余裕を持って申請するようにしましょう。

Comments are closed.