パスポートその2

Pocket

パスポートの手続きには、最低でも2回窓口へ行かなければいけません。
しかも窓口は平日しかやっていない場合がほとんどです。
仕事をしている人が、海外旅行へ行く前に休みをとって行くことはかなり難しいと思います。
そういった場合には、旅行会社へ依頼するか、自分で代理人を立てて申請することもできます。
海外旅行のツアーを頼んでいる旅行会社があるのならば、そこへ頼むのも1つの方法だと思います。
ただし手数料はとられると思います。
代理人申請にした場合でも、自署が必要になる欄が必ずありますから、すべて任せきりにしないできちんと確認するようにしましょう。
申請に関しては代理人でもできますが、受け取りは必ず本人が行うことになっています。
パスポートの申請は、基本的に住民登録してある地で行うことになっています。
しかし特例があって認められれば居住している地での登録ができます。
特例で認められているのは、単身赴任者、長期出張者、海外から一時帰国していて海外に住民登録している人、住民地以外の県の学校へ通っている学生です。
申請する窓口は、各都道府県にある旅券センター、他に市役所などに窓口を設けているところもあります。
申請時間、受け取り時間共に窓口によって違います。
申請は、どの窓口でも平日しか手続きができません。
しかし受け取りに関しては、日曜日にもやっている窓口があります。
事前にきちんと確認して、海外旅行へ行くまでに間に合うよう準備しましょう。
パスポートを受け取りに行くときには、申請したときにもらった「受理票」と手数料が必要です。
忘れずに準備して受け取りに行くようにしてください。

Comments are closed.