トランスファー

Pocket

多くの人が戸惑った経験のある「トランスファー」。
トランスファーは、別の飛行機に乗り継ぎすることです。
出発空港から直接目的地まで行ってくれる飛行機ならばいいのですが、海外旅行の場合にはツアーや航空会社によって、トランスファーするケースがあります。
いきなり目的地でもない国に下ろされて、そこからどこに行けばいいのかオロオロしてしまうこともあるでしょう。
まして飛行機が定刻に到着しないで、次の飛行機までの乗り継ぎ時間がわずかしかないときなど、かなり慌ててしまいます。
飛行機が定刻に間に合わず遅れて到着していたために、予定していた乗り継ぎ便に乗れなくて置いて行かれてしまうこともあります。
海外旅行にツアーで参加している場合には、旅行会社が次の便を手配してくれるので安心ですが、個人で航空券を手配していったときにはかなり不安になります。
航空会社から説明される事情をきちんと把握しなければいけません。
いざというときに慌てないように心の準備をしておきましょう。
トランスファーの際に、ターミナルを遠くまで移動しなければいけないこともあるため、迅速に行動する必要があります。
トランスファーと書かれている指示看板を目印にカウンターまで歩きます。
カウンターで、次に乗り継ぎをする搭乗ゲートと時間をすぐに確認してください。
ゲートの変更、搭乗時間の変更はよくあるので、何度も確認する必要があります。
一度確認してそのまま安心していると、いきなり違うゲートから搭乗開始されていたということもよくあります。
最初に日本を出発するときに乗り継ぎ便の搭乗券をもらっていればそれを見せて、もらっていなければカウンターで最初の搭乗券を見せて乗り継ぎ便の券をもらうようにします。
いずれにしても飛行機を降りたら搭乗券を準備して、いつでも出せるようにしておいてください。
トランスファーでは、預けた荷物が一度トランスファーの時に出てきて、受け取らなければいけないことがあります。
この場合には、一度荷物を受け取って再び入国審査を受けて荷物を預けなければいけません。
トランスファーでも、荷物は最終目的地で受け取ることもあります。
日本を出発するときに、どちらになるのか確認しておいてください。
大切な荷物がなくならないように、荷物を預けたときにもらうタグはきちんと保管しておきましょう。

Comments are closed.