あると便利な持ち物

Pocket

荷造りは事前に必要な持ち物をリストアップしておいてから行うとスムーズにできます。
当日にならなければ準備できない荷物もありますから、忘れることがないようにリストにまとめて準備できたものからチェックしていきましょう。
海外旅行であると便利な持ち物をいくつか紹介したいと思います。
「薄手の長袖」。
海外旅行先が常夏だったとしても、ぜひ1枚は持参してほしいのが薄手の長袖の服です。
海外では、建物内の冷房がきつめで寒いと感じるところも少なくありません。
日差しの強いところでは、紫外線対策としても役に立ちます。
薄手のものならば荷物にしてもかさばらないので大丈夫です。
「ドライヤー」。
日本のホテルのようにすべてのホテルに設置されているわけではありません。
3つ星以上の高級ホテルになれば大抵設置されているか、ホテルでレンタルすることができます。
しかし現地事情もよくわからないので、念のため持っていくといいと思います。
ただし海外では電圧が違うため、日本で使っているものをそのまま使うことはできません。
電圧の変換プラグを持っていくか、海外対応のドライヤーを持っていくといいでしょう。
「目覚まし時計」。
ホテルの部屋に設置されている時計でアラームを設定できるところもありますし、フロントへモーニングコールを頼むこともできます。
しかし安いホテルになるとアラームがついていないこともあるため、持っていくと便利です。
海外旅行では時間厳守、特にツアーに参加している場合は寝坊することはできません。
収納しやすい小型の時計を1個持っていくようにしましょう。
海外旅行が2週間以上長期化する場合、自分の体調がどうなるか先のことはわかりません。
そのため風邪薬や胃薬、解熱鎮痛剤など必要になりそうな薬を持っていくといいでしょう。
女性の場合は、生理用品も忘れてはいけません。
環境、食べ物の変化で予定より早くなることもあるため、念のため持参した方がいいと思います。

Comments are closed.