海外旅行の保険の特徴

Pocket

国内旅行などで事故に遭ったり、病気になったりした時は健康保険を使うことができます。
しかし、海外ではそうは行きません。
そのために、海外旅行保険があります。
保険内容は国内の保険とほとんど同じですが、海外特有の危険があるのです。
スリなどは国内よりはるかに多いことはよく知られています。
携行品盗難はおすすめの保険だけではなく、どの海外保険でも特約として付加することが一般的です。
いずれにしても、自分で海外保険の内容を理解することは難しいですから、渡航先の状況に合わせた海外旅行保険を選ぶようにしましょう。
旅行会社が保険契約もやってくれるはずです。
国によって危険度も違いますから、保険金額が変わります。
安全な地域と危険な地域があるからです。
死亡補償や傷害補償はわかりやすいですが、補償を受けられたとしてもその国の病院の状況がわかりません。
あまり、危険な国へは旅行しない方がいいのかもしれません。
日本人は他人に対する警戒感がほとんどありません。
そのためスリなどに遭いやすいのです。
もちろん、海外旅行の注意点として旅行会社からしっかりとレクチャーされていることでしょう。
しかし、現地に着いてしまうとそんなことはすっかり忘れてしまうのです。
最近のおすすめはインターネットでの保険契約です。
国内の保険よりも手続きは簡単です。
旅行の当日まで契約を受け付けているようですが、旅行内容が確定したら、早めに保険の契約をしておきましょう。

Comments are closed.