ドリームトリップスは世界No.1の会員制旅行サービス

ドリームトリップスは、世界の超一流ホテルに最安値で宿泊できる旅行会社で、ケイティ・ペリー、サミュエル・L・ジャクソン、パフ・ダディといった世界のスターやセレブ達もこぞって参加している世界No.1の会員制サービスです。
憧れだったセレブ旅行

ハワイでホエールウォッチング

海外旅行へ冬のハワイに行くのなら、冬限定の「ホエールウォッチング」を体験しないと損です。とても大きな体で大迫力のパフォーマンスを間近で見ることができるホエールウォッチングは、毎年、12月~4月がチャンスの時期です。 クジラの大きな体の迫力のある大ジャンプや勢いよく吹き上げる潮、水面をたたくシッポなど、ハワイの雄大で青く美しい海で目の当りすることができます。また、親子で寄り添って泳ぐクジラに遭遇できる場合もあります。このようなホエールウォッチングができるクルーズは、ハワイの各島から用意されています。 ホエールウォッチングで見られるクジラは、「ザトウクジラ」です。ザトウクジラは冬になると、出産や子育てのために、寒いアラスカから暖かいところを求めてハワイを目指します。「ザトウ」とは“琵琶法師”を意味する「座頭」のことで、座頭が背中を丸めて琵琶を演奏している姿にザトウクジラの体型が似ていることから付けられました。体長はオスが約14mでメスが約15mにもなり、体重は大きいものだと約40tもあります。 また、「マウイ島」では、海沿いにあるレストランから、肉眼でクジラを見ることができることもあります。世界に生息するザトウクジラの半分近くが、越冬のために暖かいところを求めてマウイ近海へやって来るので、マウイ島周辺はザトウクジラの保護区となっています。2月には、マウイ島の各所で「マウイ・ホエール・フェスティバル」が約1ヶ月間にわたり開催され、クジラたちを歓迎しさまざまなイベントが行われます。 冬の海外旅行でハワイへ行くなら、ぜひホエールウォッチングを体験してください。

クレジットカードや国際キャッシュカードの利用

旅行の際のお金の使い方は、国内においても結構な悩みどころです。 まして、海外旅行となると、その問題はさらに敷居が高くなります。 海外の場合はまず現地のお金に替えなければなりませんし、物価も全く異なるので、日本と同じ感覚で買い物することが難しいためです。 そういった背景もあるため、海外旅行におけるお金の基礎知識は、旅行に出かける前にひと通り覚えておく必要があります。 たとえば、クレジットカードの基礎知識に関しても、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。 海外旅行先で、クレジットカードはかなり重宝します。 なにしろ、現地の通貨を用意する必要がなく、現金を持ち歩くリスクもないため、旅行先では必需品とさえ言われています。 しかしその一方で、クレジットカードでの買い物は、使いすぎてしまうという問題があります。 現金と違ってカードを出すだけの買い物なので、お金をたくさん使っているという感覚がどうしても残らないのです。 まして、物価が違う状況なので、自分の感覚と、実際に払った額との間にギャップが生まれる可能性が高くなります。 また、口座にたくさんの額を入れた状態で盗難被害に遭うと、場合によっては甚大な被害を受ける可能性もあります。 盗まれたり、紛失したりした場合は、速やかにカード会社に連絡を入れられるよう、カード会社の番号をあらかじめ控えておきましょう。 キャッシュカードの利用に関しても、注意が必要です。 いざという時のために持っておく分には問題ありませんが、使いすぎると後でトラブルになる可能性があります。 手数料もかかるので、なるべく控えた方が無難でしょう。

ハワイの楽しみ方

ハワイは、年末年始の寒い冬の時期に暖かいところを求めて、多くの日本人観光客が集まっています。日本は凍えるような寒い時期でも、ハワイは常夏です。そんな快適な気候の中で、水着になってビーチでくつろいだり、ショッピングを楽しんだり、暖かいところならではの最高の時間を堪能できます。 ハワイと言えば「海」です。せっかくハワイに来たのだから、マリンスポーツにチャレンジしてみましょう。 スノーケルやスキューバーダイビング、サーフィンなど、日本ではなかなかチャレンジする機会のないマリンスポーツですが、ハワイでは初めての方でも気軽に体験することができます。 特に、純白のビーチと知られるオワフ島のワイキキでは、年中、各国から多くの観光客でにぎわっています。ワイキキでぜひ体験してほしいのが、美しい海で自然に暮らすイルカと戯れることができる「ドルフィン&ユー」というツアーです。イルカと一緒に泳いだり、スノーケリングできれいな熱帯魚を間近で見たり、ウミガメとも泳いだり、カヤックでゆったりと波乗りしたり、ハワイの海を思う存分楽しむことができます。 レンタカーを借りて、美しいビーチタウンを自分で運転してみるのも、また違った楽しみ方ができます。時間に追われずに、行きたい場所に思いのままに行く、ツアーでは体験できないような新しい発見がたくさんあるはずです。また、ショッピングの際も、レンタカーがあれば、手荷物を気にしないで楽しむことができます。 なお、ハワイ州では、入国してから1年以内ならば、日本の運転免許証でレンタカーを運転することができるので、安心してください。 冬の海外旅行に迷ったら、ぜひハワイへの海外旅行を検討してみてください。

トラベラーズチェックを利用しよう

旅先で必要な物は数多くありますが、一番重要なのは、やはりお金です。 お金があれば、仮に何かを失くしてしまっても、買い足す事が可能です。 パスポート等を失っても、手続きさえすれば、どうにかなります。 しかし、お金がなくなってしまうと、帰りの旅費も払えません。 交通機関も宿も利用できず、場合によっては治安の悪い地域で野宿…等という事になってしまいます。 実際、そういった例は少なからず存在します。 海外旅行の開放感で浮かれてしまい、お金を使い込んでしまったり、盗まれたりするケースは、決して少なくないのです。 そういった事にならないよう、お金は常に所持しておく必要があります。 1箇所にかためておくのではなく、財布以外の所にも持っていた方がいいでしょう。 むしろ、財布には入れていない方が良いかもしれません。 これは、海外旅行の基礎知識として覚えておきたい事のひとつです。 そしてもうひとつ、海外旅行のお金に関する基礎知識として、「トラベラーズチェック」の事も知っておくと便利です。 トラベラーズチェックというのは、旅行小切手の事です。 「T/C」と略する事が多いですね。 サインをするだけで現金にできる小切手で、アメリカ等の国では店頭でそのまま現金として利用できます。 サインが必要なので、本人でなければ利用できない分、盗難や紛失の際に他者に使われる恐れが少ないというメリットがあります。 ただし、手数料が必要なケースもあるので、コスト面も考慮した上で利用する必要があります。

ハワイの気候について

寒い冬の時期に海外旅行へ行くのなら、綺麗な海を満喫できる暖かいところへ行きたいものです。そんな海外旅行を望んでいるのなら、ハワイがぴったりです。 ハワイの気候は一年中温暖で、冬場でも日中の気温は真夏くらいまで上がり、ビーチで過ごすこともできます。ただ、ハワイには雨季と乾季があるので、そのことを知っておかないといけませんし、事前の準備も必要になります。 乾季の時期は4月~9月で、もちろん暑い日が続きますし、直射日光が日本に比べてとても強いので、日差しから守るために、サングラスや帽子、日焼け止めクリームを用意しましょう。特に、肌の弱い人は、ビーチだけでなく、観光地や街中の観光の際にもしっかりとこまめに日焼け止め対策をしましょう。 雨季の時期は10月~3月ですが、ずっと雨が降っているわけではなく、雨は断続的に降ります。現地の人は、傘を持ち歩く習慣がないので、日本のお店のように簡単に傘を手に入れることはできません。一日中降り続くことはないので、傘は必ずしも必要ではないですが、心配な方は、カッパや折りたたみ傘を持っていくと安心でしょう。また、雨の時は気温も下がるので、長袖の上着を用意しましょう。 海がメインとなる暖かいところへの海外旅行の必需品と言えば、水着やビーチサンダルなどのビーチで遊ぶことができるグッズです。また、荷物をまとめられる携帯用のバッグや、濡れたものを入れる防水バッグなども用意しておくと便利です。

パスポートとビザの用意

海外への旅行を視野に入れている人は、基礎知識の取得や準備をできるだけ早い段階で行っておく事をおすすめします。 というのも、その準備のために行う手続きが、国内旅行よりかなり複雑だからです。 短期間で一度に行うと、その数の多さに戸惑う事も十分あり得ます。 そのため、なるべく分散して行ったほうが良いのです。 海外旅行へ行く際には、現地の基礎知識を学ぶのが鉄則ですが、ほとんどの行き先において、用意しておかなければならない物もあります。 それは、パスポートとビザです。 特にパスポートは海外へ出る時点で必要な物なので、真っ先に用意しておくべき物といえるでしょう。 パスポートの申請を行う際には、「一般旅券発給申請書」「戸籍抄本または謄本」「証明写真」「本籍地の入った住民票」「身分証明書」が必要です。 原則として、発行や撮影から6ヶ月以内の物が必要となります。 写真のサイズは、縦45mm×横35mmです。 これらを、パスポート申請を行う本人の住む都道府県にある「パスポート申請窓口」に持って行く事で、申請が可能です。 パスポートに関する問題で多いのが、海外旅行先で紛失してしまった、という事例です。 この場合は現地の警察へと赴き「紛失・盗難届出証明書」を発行してもらう必要があります。 そして、それを持って日本大使館、あるいは領事館といった施設へ行き、「旅券の執行手続き」および「新規旅券発給」もしくは「帰国のための渡航書発給」を申請すれば、日本へ戻る事が可能となります。 紛失の手続きはかなり手間がかかるので、無くさないようしっかりと管理しておきましょう。

ニュージーランドのアクティビティ

日本の冬休みや年末年始の海外旅行は、やっぱり暖かいところがいいですよね。日本が寒い冬でも南半球のニュージーランドは、暖かく快適な夏です。 ニュージーランドへ海外旅行するのなら、ぜひ壮大な自然の中で楽しむアクティビティを体験してください。アクティビティというと、日本人にとってもはあまり身近なものではありませんが、ニュージーランドの人たちにとっては、週末にアクティビティを楽しむのが一般的となっています。 ニュージーランドは島国です。そのため、水上で楽しむアクティビティが特に盛んです。たとえば、ゴムボートで急流を下るラフティングや高速スピードで狭い岩壁の間を疾走するジェットボードなど、スリルを体中で存分に楽しめるアクティビティ、船の上から雄大な景色を眺めながら贅沢な時間を過ごすクルーズ、美しい水面を気の向くままに操るカヤックやカヌー、日本では味わえないようなパワフルな釣りを体験できるフィッシングなど、水上で楽しめるアクティビティは数えきれないくらいあります。 夏や暖かいところで楽しむアクティビティでも、ジェットボードなどのスピードが出るものは、風に当たると寒いと感じるくらいなので、暖かいジャケットなどの上着やタオルを用意しましょう。 また、ニュージーランドは日差しが強いので、サングラスや日焼け止めクリームも必要です。サングラスについては、フィッシングを行う場合、偏光サングラスを使う方が多いと思いますが、偏光サングラスは、鮮明な視界をそのままにさらに目が疲れないので、他のアクティビティの際にもおすすめです。

まずは行き先を決めよう

どういった旅行形態で海外旅行へ出かけるかを決めたら、次は行き先の決定ですね。 当然、旅行ですから、自分が行きたい国に行くというのが理想です。 ただ、漠然と海外旅行へ行きたいと考えている人も結構いるのではないでしょうか。 そういった際には、パッケージツアーのリストの中から選ぶという方法もあります。 格安のツアーの行き先は、基本的に「定番スポット」か「超穴場スポット」のどちらかです。 定番スポットというのは、ハワイやソウルなど、多くの人が希望している行き先ですね。 安定した客足を望むことができ、また他会社との競争が激しい事もあり、旅行プランを提案する各ツアー会社も値段をギリギリまで下げるケースが多いのです。 それに対し、超穴場スポットというのは、単純にそれほど多くの人が知らないスポットという事で、アピールもかねて値段を下げるケースが目立ちます。 おすすめなのは、この超穴場スポットですね。 最初の海外旅行は定番の方が良いかもしれませんが、2度目、3度目といった場合はこういったツアーに参加してみると、さらに世界観が広がるのではないでしょうか。 ひとつ注意したいのは、行き先を決める際に、その現地に関する基礎知識をある程度は頭に入れておくという事です。 文化も言葉も異なる場所へ行くのですから、何の基礎知識もなく赴くと、場合によっては痛い目を見ます。 朱に交われば赤く…という言葉の通り、旅行先の文化に触れ、自分も染まるという事が、海外旅行では必要となるのです。

ニュージーランド旅行について

暖かいところへの海外旅行として、ニュージーランドを選ぶ方は多いと思います。それでは、ニュージーランド旅行について紹介します。 ニュージーランドの季節の楽しみは、日本とは逆の時期になります。たとえば、スキーを楽しみたいならニュージーランドの冬にあたる6~8月、ハイキングやアクティビティなどはニュージーランドの夏にあたる12月~2月がシーズンとなります。 海外旅行を取り扱う旅行会社では、ニュージーランドのさまざまなツアーが用意されています。1つの都市を集中的に周遊するにしても、一都市に観光地がとても多いので5日は必要になります。他の都市も回るツアーならば、さらに2、3日使って主要な観光スポットを回ることになります。ニュージーランドは北島と南島があるため、そのどちらも観光するツアーならば、8日間以上必要になります。 ニュージーランドへのフライトは、日本を夕方に出発して、翌日の午前中に北島のオークランドに到着する直行便があります。北島と南島があるので、どこを拠点に回るのかでそのツアー内容は違ってきます。 寒い冬の日本から暖かいところを求めてニュージーランドを訪れるなら、南島南部にある都市で、ニュージーランド屈指のリゾート地である「クイーンズタウン」がおすすめです。美しい山々の景色の中で、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。夏の時期は、夜の21時になっても外が明るいので、一日にそれだけ長く楽しめるのです。

格安価格で海外旅行を満喫

いくら、一昔前よりはるかに安い費用で海外旅行に行けるようになったとはいえ、それでもさらに安く済ませたい、と考えるのは人間の持つ当然の欲求です。 現在の水準において、できるだけ安く、それでいて安全に海外旅行を満喫したいというのは、海外旅行に行く事を視野に入れている人のほとんどが考える事でしょう。 では、実際にどういった方法ならば、格安料金で海外旅行へ行く事ができるのか。 その鍵を握るのは、パッケージツアーです。 自分で基礎知識を学び、現地の交通事情から宿の手配まで行う場合、安い所を探して選ぶ事はできます。 しかし、それはあくまでも自分で調べられる範囲に限定されてしまいます。 知る人ぞ知る穴場スポット等を探すのは、極めて困難です。 よって、格安で旅行をするというのはなかなか難しいのが実状です。 一方、ツアーの場合は、たくさんの旅行者をまとめて斡旋するという性質上、さまざまな点で「お勉強」ができます。 つまり、割引が可能という事ですね。 団体客だからこそできる事なので、個人で旅行する際には得られない特典です。 さらには、ツアー会社ならではの基礎知識や現地のコネで、穴場スポットを紹介する事も十分に可能となっています。 こういった利点もあって、パッケージツアーの中には驚くほど格安なケースが多々あるのです。 安全性をしっかりと検証した上で、格安パッケージツアーを見繕うというのが、最も安く海外旅行を満喫できる方法といえるのではないでしょうか。