ドリームトリップスは世界No.1の会員制旅行サービス

ドリームトリップスは、世界の超一流ホテルに最安値で宿泊できる旅行会社で、ケイティ・ペリー、サミュエル・L・ジャクソン、パフ・ダディといった世界のスターやセレブ達もこぞって参加している世界No.1の会員制サービスです。
憧れだったセレブ旅行

海外旅行おすすめの安全な国<スウェーデン>

海外旅行におけるおすすめの安全な国には、とりわけ日本人がとくに好む北欧すなわちスカンジナビア半島があり先述のフィンランドに次いで挙げられるのが、スウェーデンそしてノルウェーです。 スウェーデンこそは、まさにあのノーベル賞の発祥の国として日本にも広く知られていますが、高齢者が多いこともあって介護関連は世界のトップレベルにあって、日本へは介護要具などが多く輸入されていますし、デイケアーシステムも同様に大きく参考にしているのです。 首都ストックホルムは新市街と旧市街に二分されていますが、旧市街こそはまさに中世を代表しているような建築物があって、日本人の眼を圧倒しているかのようです。 白樺そして湖水の風景は映画のシーンにもよく使用されており、治安の良いことでは世界のトップレベルとされています。 なお男性の背が高いことも有名であって、平均では190cm近い人も決して珍しくありません。 (わたし自身は出張で訪問し、仕事の昼休みに自転車を借りて白樺の林の間を走りましたが、タイヤは30インチもあって困りました) さらにノルウェーは氷河とかフイヨルドの大風景には眼を奪われるとさえいわれており、これらの2~3つの国を結ぶ豪華客船は日本人の北欧訪問者がかならず乗船しているほどの豪華で美しい船といっても過言ではないでしょう。 なおシーズン的には5~9月ごろがベストであって、ミニチュアのような街並みの魅力はあなたをその虜にしてしまうことは間違いないでしょう。

海外旅行おすすめの安全な国<アイスランド>

海外旅行における安全な国としておすすめのひとつに、アイスランドがあげられます。 世界地図を眺めて、はてな?と思われそうですが、イギリスの北西に位置する島国であってキングダムイングリッシュつまり、日本人が正しく習っている英語でしたらまったく問題はありませんし、珍しいことに多国籍原語を理解できる人が多いといわれています。 治安の良いことは大安心できるものの、やはり女性での夜間の一人歩きはぜひとも避けるようにしましょう。 ロンドンを遠く離れた大田園風景につながるようなシーンでの夕陽はとても印象的です。 緯度が高いもののそれほど寒くはなくて、旅行に適しているのは6月から10月始めにかけてです。 6月前後ともなれば太陽は沈むことなく白夜を体験できますが。 9月以降ともなると昼間の時間がとても短くなります。 クリスマスから3月ぐらいまでにはオーロラを見ることができます。 エネルギー源としては地熱の利用が最大のものであって、いたるところで熱水の自然な噴出現象がみられており、そのためもあって地下資源の有効利用として地熱発電所などの技術が非常に優れています。 ブルーラグーン地方には、なんと世界最大の露天温泉があって、黒っぽい溶岩台地および青白い乳白色の温泉水との対照こそが最大の見ものになっています。 イギリスまでの観光は日本人にとって大衆化してしまっていますので、この安全な国アイスランドでの観光体験は非常にユニークで大いに自慢できるものとなることはまちがいないでしょう。

海外旅行おすすめの安全な国<デンマーク>

前記のフインランドなどと同時に北欧に含まれるデンマークといえば、広い牧畜によるチーズも名産ですが、観光地としての魅力は尽きるこのないおすすめの安全な国のトップ的な存在といえるでしょう。 なんといっても治安がよくて都市のコペンハーゲン自体もロマンのあふれる街並みは、まさに夢を見ているようです。 中央の市庁舎の前には日本でもおなじみの童話作家アンデルセンの空を仰ぐような銅像が備え付けられています。 別の島に鉄道またはバスによって渡り、アンデルセンの生家を訪ねましょう。 いずれの場所へ行っても、まさにオモチャかミニチュアが並んでいるような街並みは、あなたをまさに夢の世界へ誘ってくれることでしょう。 なおこのコペンハーゲンは英語にするとショッピングハーバーの意味であって、商業用の港という意味をもっています。 英語は大体において通じる程度ですから、ゆっくり話せばどうにか相互に理解はされるでしょう。 デンマーク語というものがあって、独特の発音がありますので、日常の挨拶程度でしたらそれほど困難な用語ではありませんので、覚えておくとすぐに親しくなれるでしょう。 しかし夜間などの女性の一人歩きは避けるようにしてください。 デンマークを訪れたら、ぜひとも鉄道によってシェークスピアの「ハムレット」の舞台として知られるクロンボルグ城を訪問しましょう。 まさに北欧ルネッサンスを代表する大傑作です。 そこからは遠く海峡を通る観光船そしてスウェーデンをも望むことができます。

海外旅行おすすめの安全な国<シンガポール>

東南アジアの中心に位置する大都市のシンガポールも治安の良いことで知られていますし、おすすすめの安全な国といえるでしょう。 航空会社のシンガポールエアラインは人気エアーのトップを誇っています。 マレー半島の先端に位置しており、日本からの観光客も一年を通してつねに多くが見られています。 じつにユニークな食べ物そして山並みと大洋の海の風景こそに訪れたあなたは心から満足することでしょう。 英語は国際用語ともいえるように常用されていますので、普通のショッピングなども含めて不便を感じることはいっさいありませんし、大半のことにおいて楽しい思い出につながる安全な国ということができます。 いっしゅ独特の民族衣装をまとったサービスレディーによるレストランで、日本では決して味合うことのできないアルコールそして食べ物を存分に満喫しましょう。 なお、現地の人のオリジナルとしての英語には一種独特の訛りのようなものが稀にありますので、聞き取りを間違って口論に近くなったということがネットのレビューで見られています。 レストランなどでの忘れものがあったりしたときには、よく落ち着いて話すようにしてください。 いかに安全な国でおすすめとはいえ、言葉によって生じる金銭問題はイヤなことにつながりますので、個人旅行の人はよく意識するよう心がけてください。 なお日本人の顔とか仕草は、東南アジアの人に似ているケースがあるようですから、表情とか微笑みにはとくに注意して誤解などが生じないようにしてください。

海外旅行おすすめの安全な国<スイス>

海外旅行における安全な国としておすすめできるのは、国の関係省庁による調査によって治安が良くて危険度の低い国に挙げられており、さらに旅行会社などによるベストランキングのこれまたトップ的な存在となっているのが、あのスイスこそが安全な国のおすすめの対象にが挙げられます。 スイスといえばまさに中立国として有名ですがが、中学生などの軍事教練的なことは一部でも行なわれているようです。 そしてなによりも山紫水明という言葉がぴったりであり、あのマッターホルンなどで世界的になっているスイスアルプスこそはその圧巻でしょう。 そしてもっとも有名なのが機械工業であって時計をはじめ重工業においてもまさに世界一のテクニックを誇っています。 日本人が観光などで訪れるのは、レマン湖やジュネーブ湖などの湖水地方からゆるやかな山並みにつれての一幅の絵を思いこされるシーンこそが最大の魅力となっています。 日本からの飛行機としてははスイスエアーによるトランジットとなることが多いようです。 絵画などの手工業も実に盛んであって銅によるエッチング芸術などなどには尽きない魅力があふれています。 音楽にいたってはリヒアルト・シュトラウルによる「アルプス・シンフォニー」は文字通りスイスアルプスの大自然を描いた傑作です。 英語ですべてはを進めることができますので、あなたの安全な国のおすすめのトップにぜひとも置いておいてください。 いちど訪問したら日本のような街角に電柱と電線が乱れ並ぶ国へは帰りたくなくなってしまうことでしょう!

海外旅行おすすめの安全な国<ニュージーランド>

海外旅行での安全な国としてのおすすめは、前記の北ヨーロッパとはまったく正反対ともいうべき南半球に位置するオーストラリアそしてニュージーランド地方が挙げられています。 とりわけ日本からの女性による独りまたはグループで観光目的によって訪問するまさにおすすめの安全な国のトップ的な存在になっているようです。 訪問したてきた女性、あるいはこれから出かける女性などに訊くと、国の関係省庁による統計的な調査結果において治安が良くて危険度が低く安全と判断された一覧によっても安全な国とみられるし、なによりも英語が十分に使えることも主張されています。 気候的には、日本とはまったく正反対であることにも興味が持たれるようです。 つまり真夏の日本を去ると、真冬の世界に着けるということです! 日本からは飛行機でおおよそ15時間ほどで、これまた別世界を堪能できるのですから、まさにおすすめの安全な国といえるでしょう。 しかしネットでのレビューによると長年ニュージランドに住んでいる人に言わせると、日本人があまりにもハメを大きく外して安全から遠ざかっているかの人が居るようにも述べていますので、いかに治安が良いとはいえ日本人のマナーに関係してくることです。 なお面白いのは、ニュージーランド地方での世界地図は、日本でも稀に見ることがありますが、上下が反対になっているのです! 一見じつに奇妙に感じてしまうのはとうぜんのことです。 時間があればぜひともフィジー諸島をも訪れて一種独特の海辺の雰囲気に浸ってみましょう。

海外旅行おすすめの安全な国<フインランド>

先にも少し触れましたように、われわれの普通の世界地図においては、日本の位置は中心になっているでしょう。 この場合にシンガポールなどの地方を、東南アジアとよんだりサウジアラビアの地方を中近東とよんだりしていますが、だれしもがとくに異常とは思っていないようです。 しかし方角的にはまたく違いますね。 そこでこの普通ではないもうひとつの地図を見てください。 なんと日本は地図の右端すなわち東の果てつまり”極東”なのです。 したがって上述の地域の呼び方も欧米を中心にしてのことです。 それはさておいて、日本が中心の世界地図を眺めて、あなたがもっとも行きたい国はどちらでしょうか? 国の関係省庁による治安が良くて危険度の低い国としては、北欧つまり北ヨーロッパの大三国すなわちフィンランドとスウェーデンそしてノルウェイが挙げられ、さらにはデンマークも含まれてくるでしょう。 とりわけフインランドこそは、世界一治安の良い国の第一候補ともなっており、おすすめの国のトップでしょう。 日本でも有名な作曲家ジャン・シベリウスの家へもぜひ訪ねてみましょう。 歴史的にはロシアの影響を受けた建物そしてなによりもムーミンの世界さらに森と湖そしてオーロラも見えるのです! とても多くの湖水地方を歩くと、一種異様な郷愁のようなものを感じるでしょう。 日本では温泉などで親しまれているサウナとはこの湖水での習慣のものが日本ではいつのまにか温泉用語になってしまっています。 首都のヘルシンキには、空港からの観光バスが珍しい街並みなどを見せてくれ、まさに湖水地方とともに夢のような時間を過ごせるでしょう。

海外旅行おすすめの安全な国<北欧>

初めての海外旅行は、なにをおいても安全な国としておすすめの候補になっている国を選びたいものです。 日本には国際空港が大小あわせてとてもたくさんありますが、空港入り口のゲートでの検閲などを終えると、もうそこは日本ではなくて外国扱いになるのですから、免税品店もありますし自分の周囲を見ると外国人ばかりというケースも決して珍しくありません。 雰囲気的になんとなく”気おくれ”のようなものを感じてしまうことがあるものです。 まして女性の一人旅ともなれば、なおされのことであり、おすすめの安全な国の土を早く踏みたい気持ちになるでしょう。 無事に飛行機のシートに座って、あなたにとっておすすめの安全な国のトップであるフィンランドまでの15時間ほど、あなたの前後左右ともに青い目の大男たちに囲まれてしまった心境にゆったりと耐えられるますか? なお直行便であれば問題はないでしょうが、パリなどを経由したときに自分の荷物が間違って下ろされてしまうことがあるもので、そうなるとおすすめの安全な国への海外旅行が、スタート時点から不愉快なケースになってしまうのです。 このようなケースには、航空会社の責任によって、パリからフインランドのヘルシンキ空港を経てホテルまで荷物を届けてくれることになっていますが、大半は洗面要具一式をお詫びの印しにくれたりするものです。 このようにトランジットがある空路でしたら、おすすめの安全な国に着く前にバッゲージクレームに出遭うということです。 なお前記のニュージランドと同様に北欧の諸国も治安が高くて安全な国のおすすめの対象であることを知っておきましょう。

海外旅行おすすめの安全な国<言葉>

先述のように国の関係省庁による治安が良くて危険度が低く安全と判断されている、たとえばカナダやニュージランドでは、安全な国としておすすめの候補ではあるものの、そのようなイメージが優先してしまうもので、現地に住んでいる日本人によれば、それほど治安が良いことはないようです。 さらに現地で前記のような嫌な感情を決して使うことのないようにしたいものです。 とうぜんながら日本人の”平和ボケ”の特質をもっている大多数は、昨今はインターネット犯罪に巻き込まれることは大いにあり得ることですから、これからの世界では大いに意識しておくべきことでしょう。 北ヨーロッパには安全な国としておすすめの対象になる国は多々ありますが、ニュージランドなどと同様に治安が高いことで、ついつい羽根を思い気入り伸ばしすぎてしまうのです。 すなわち、英語という言葉の問題に加えて曖昧な態度、宗教上の大きい相違さららには肌の色そしてライフスタイル自体の大きい相違によって酷い誤解などを生じて、せっかくのおすすめの安全な国として不本意なことになりかねないのです! ここでヨーロッパのおすすめの安全な国で治安が良いとされる某国における犯罪につながる一例をご紹介しておきましょう。 小学生低学年ぐらいの可愛い子どもが日本人に地図を見せて何かを訊いてくるのです。 少し説明してあげると去っていって、離れたところに居る父親に”あの東洋人がボクを苛めた”と言って、今度は父親が ”うちの子に、アンタは何をしてくれたのだ!”という言いがかりをつけてくるのです。 あなたはそのような目に逢ったら、どうしますか?

海外旅行おすすめの安全な国<対日感情>

宗教色の非常に濃い中近東諸国そしてアフリカさらには東南アジアにおいても、いわゆる”お祈りの時間”というものがあって、日本人から見て非常に見慣れないことからついつい不慣れな行動をとってしまい、現地の人に良くない印象を与えるこになって、不本意な状況を生み出してしまうのです。 このことによって、訪問した日本人はいわゆる”偏見”に近いような感情をもってしまって、現地の人との違和感さえいだくようになり、安全な国としてのおすすめの対象から外れてしまうというような事態にまでなってしまうのでしょう。 国によってはかっての歴史的なことによる対日感情へのこだわりがあって、非安全な国とならざるを得ないことは、ネットでのレビューとか口コミでも知られることでしょう。 英語力不足による誤解とこれらが相重なって現象をよりいっそう大きく問題化していることもあるのです。 そして昨今はインターネットの急速な発展によって、治安の良い国とはいえその国への外国人の進入によってネットによる組織的な犯罪があることを見逃してはなりません。 言わずもがな、なんと悲しいかな日本国内でもすでにその実例があるのです! いかに治安の良い国となっていても、安全な国としておすすめできるとはいえ、スマフォなどの端末タブレットさらにはクレジットカード・キャッシュカードをいとも気軽に使用している日本人が多いのです。 いわゆるネット犯罪には万全を期しつつ、海外旅行ではおすすめの安全な国を訪問したいものです。