ドリームトリップスは世界No.1の会員制旅行サービス

ドリームトリップスは、世界の超一流ホテルに最安値で宿泊できる旅行会社で、ケイティ・ペリー、サミュエル・L・ジャクソン、パフ・ダディといった世界のスターやセレブ達もこぞって参加している世界No.1の会員制サービスです。
憧れだったセレブ旅行

海外旅行保険の契約

海外旅行保険の契約はあなたが思っているよりも簡単です。 生命保険のように長期にわたって支払いが続くわけではありません。 海外旅行に出かける前に1度だけ支払えばいいからです。 保険の内容は保険会社によって少しずつ違います。 ただ、死亡補償、傷害補償などは同じです。 どこの保険会社とも契約することができます。 ただ、海外旅行の日程や内容を提示しなければならなりません。 多くの人が海外旅行に出かけています。 保険も日常茶飯事なのです。 おすすめの保険はどれかと聞いても誰もわかりません。 あなたのリスクがどのレベルか誰も判断できないからです。 保険を契約する理由は海外旅行での事故に巻き込まれた時の用心です。 何もなければ契約する必要はありませんし、掛け金は無駄となります。 保険会社を比較することでおすすめの保険が見えてくることでしょう。 海外旅行は楽しいことばかりではありません。 事故もありますし、病気になるかもしれません。 また、日本人は犯罪に巻き込まれやすいと言われています。 日本が一番平和だからでしょう。 平和慣れしてしまっているのです。 スリや置き引きは外国では日常茶飯事です。 保険によって保護することよりも、自分で注意できることをやってください。 それが一番確実です。 どれだけおすすめの保険を契約したとしても、スリにあってしまいがっくりした気持ちを治してくれるわけではありません。 海外旅行で楽しい思い出をたくさん作ってください。 そのための旅行です。

海外旅行保険での注意

クレジットカードには海外旅行保険が付いているものがあります。 つまり、海外旅行をする時はクレジットカードを利用してほしいと会社が考えているからです。 おすすめと言うことではありませんが、クレジット会社の保険の内容を知っていますか。 これから海外旅行に行こうとする時に保険はどうしようかと考えます。 クレジットカードに付いていたことを思い出して、新たな保険契約はしない人がいます。 しかし、クレジットカードの補償は最低限のレベルです。 実際に現地で怪我をしたり、病気をしたりすると、すぐに高額な治療費を請求されることになります。 国内であれば健康保険を利用できるのですが、海外で使用できるはずはありません。 サラリーマンなら1割負担ですから、国内の病院で通常払っている額の10倍の費用請求があると思わなければなりません。 ちょっとした診察でも高額になることを忘れないようにしましょう。 それから、海外はクレジットが基本だと思っている人もいますが、クレジットを受け付けてくれない病院なども少なくありません。 海外旅行保険は保険会社が提供しているものから選ぶことが安心でしょう。 もちろん、怪我をしないことが一番なのですが、これだけは予測できません。 治安が悪いところに旅行に出かける人もいますが、この場合は補償金額を増額しておくべきでしょう。 どこで海外旅行保険に加入するかよりも、どのような補償なのかをしっかりと押さえてください。 そうすれば、安心して海外旅行に出かけることができます。 おすすめは情報集めです。

海外旅行の問題

海外旅行ではトラブルが付き物です。 ただ、日本人は狙われやすいと言うことが世界の常識となってしまっていますから、海外旅行では注意が必要なのです。 スリや引ったくり、置き引きなど日常的に発生している地域に旅行に行く時は要注意でしょう。 日本の国内でも最近は引ったくりなどが増加していますが、外国はその比ではないと理解しましょう。 それでも外国旅行をしたいと思うなら、それなりの対処をしなければなりません。 旅行のための保険がありますから、保険契約するのも一つの考え方ですが、スリなどは対策を講じておくことが必要です。 自分の大事なものを取られてしまっても、戻ってこないと思わなければなりません。 保険から金額相当の補てんはあるかもしれませんが、それで済むことではないからです。 悔しい気持ちがせっかくの旅行を台無しにしてしまうのです。 タクシーでのトラブルも少なくありません。 どのようなタクシーが安全なのか知っておくことです。 要するに、海外旅行に行く前には十分な予備知識を持って必要があるのです。 旅行会社がおすすめとして提供している保険があります。 もちろん、おすすめでなくても基本的な部分は同じです。 保険に入っているから大丈夫だと思うのは大間違いでしょう。 楽しい旅行にするためにはトラブルが発生しないようにすることです。 そのためにできることをやっておくのです。 交通機関の事故や病気は予測することができません。 運が悪かったとあきらめるしかないでしょう。

海外旅行のおすすめ保険

海外旅行に出かける時には保険に入っておくことが常識となっています。 もちろん、何事もなく無事に帰ってくるに越したことはありませんが、万が一に備えておくことも大切です。 実際に海外旅行に出かけた人はどのような保険に入っているのでしょうか。 旅行会社がおすすめの保険を準備しているケースも少なくありません。 ただ、自分で納得した上で保険契約をしたいと考えているなら、早めに調べておくことが大切です。保険金額はそれほど高くありません。 保険期間が短期間だからです。 保険会社によっておすすめの保険は異なります。 旅行の目的地毎に危険度が違いますから、保険金額も変わってきます。 また、インターネットでの契約が一般的ですから、まずは情報を収集しましょう。 会社によって細かいところが違います。 よく比較しておいてください。 事故や病気になるかどうかは誰にもわかりません。 だからこそ保険に加入するのです。 海外で病院にかかることは非常に不安でしょう。 親族が渡航先まで様子を見に来るかもしれません。 そのような費用を考えると、保険に入らずに海外旅行に出かけるのはリスクが高すぎると思います。 海外旅行で楽しいことばかりを考えているかもしれませんが、リスク管理はしっかりとしておかなければなりません。 グループ旅行などを計画する立場であれば、なおのこといざと言う時のことを考えておきましょう。 旅行会社で計画を立てることが多いでしょうから、保険の契約も相談してみましょう。

海外旅行の保険の特徴

国内旅行などで事故に遭ったり、病気になったりした時は健康保険を使うことができます。 しかし、海外ではそうは行きません。 そのために、海外旅行保険があります。 保険内容は国内の保険とほとんど同じですが、海外特有の危険があるのです。 スリなどは国内よりはるかに多いことはよく知られています。 携行品盗難はおすすめの保険だけではなく、どの海外保険でも特約として付加することが一般的です。 いずれにしても、自分で海外保険の内容を理解することは難しいですから、渡航先の状況に合わせた海外旅行保険を選ぶようにしましょう。 旅行会社が保険契約もやってくれるはずです。 国によって危険度も違いますから、保険金額が変わります。 安全な地域と危険な地域があるからです。 死亡補償や傷害補償はわかりやすいですが、補償を受けられたとしてもその国の病院の状況がわかりません。 あまり、危険な国へは旅行しない方がいいのかもしれません。 日本人は他人に対する警戒感がほとんどありません。 そのためスリなどに遭いやすいのです。 もちろん、海外旅行の注意点として旅行会社からしっかりとレクチャーされていることでしょう。 しかし、現地に着いてしまうとそんなことはすっかり忘れてしまうのです。 最近のおすすめはインターネットでの保険契約です。 国内の保険よりも手続きは簡単です。 旅行の当日まで契約を受け付けているようですが、旅行内容が確定したら、早めに保険の契約をしておきましょう。

海外旅行の保険とは

どれくらいの人が日本から海外旅行に出かけているでしょうか。 その際にほとんどの人が保険契約をしています。 具体的にどのような保険なのでしょうか。 海外旅行の渡航先と滞在日数によって保険の内容と契約金額が異なります。 また、旅行会社と保険会社が一体となって、おすすめの契約を準備していることが多いようです。 海外保険の補償内容を見てみましょう。 基本的なことは国内の保険と同じです。 死亡、傷害、疾病、治療が基本となります。 それにオプションとして、保険会社毎に用意している内容が付加されます。 利用者が多いのは、携行品損害でしょうか。 スリに対する補償です。 それから航空機遅延補償も海外旅行特有かもしれません。 飛行機が遅れたために、ホテルや観光先での余分な費用の発生が補償されます。 救援者費用と言うのもあります。 これは旅行中の被保険者が事故に遭った場合、その親族が救援のために支出した費用が補償されるものです。 海外旅行での事故に遭いたいわけではありませんが、遭った場合には様々な費用がかかることになります。 それが補償されるのですからおすすめですね。 海外旅行保険で注意しなければならないのは、手続きと補償の期間です。 出発当日までに契約すればいいタイプと事前に契約しなければならないタイプがあります。 海外旅行の日数に応じて、保険金額が変わってきます。 旅行を計画する時に保険も確認しておきましょう。 どこまで補償を付けるかを迷うことも少なくないからです。 もちろん、保険が支払われずに無事に帰ってくることが一番です。

お得なツアーの見分け方2

続いて部屋について説明します。 海外旅行で「ハワイ」とか「グアム」といったビーチリゾートへ行く場合には、ダブルルームを選ぶといいと思います。 大概の場合「ツインルーム」でツアーが組まれていることが多いです。 しかし、カップル、夫婦など2人組みが多いこともあり、リゾートホテルではダブルルームの方が景色のいい側になっていることが多いのです。 旅行会社を通して申込み場合は、リクエストしてみてダメならば現地でリクエストしてみると意外に受け付けてくれることがあるので試すといいと思います。 そしてツアーで最もポイントとなるのが「オプション」です。 日本の旅行会社を通して申し込むオプショナルツアーはかなり割高です。 できるならば現地で直接申込みした方がかなりお得です。 ただしすでに満席でツアーがあいていないとか、予約している時間がないという場合もあるため、現地で時間にゆとりがある場合におすすめします。 偉大な遺跡、きれいな景色というのは郊外にあって、交通機関では行きにくいようなところがほとんどです。 オプショナルツアーを利用すれば、交通手段を調べる手間もありませんし、時間の節約にもなって、効率よくまわることができます。 また市内にいくつも観光スポットがある場合、個人で交通機関を利用していくとなるとかなり時間がかかります。 オプショナルツアーでは、半日で4ヶ所、5ヶ所、あるいは一日で7ヶ所、8ヶ所と回れるものもあります。 連れて行かれる感があって大変なこともありますが、じっくりではなく、複数の観光スポットをさっと見て回りたい人におすすめです。 特に旅行期間が短い場合には、市内観光に時間をそこまでかけていることはできないため、オプショナルツアーの利用は有効的です。 自分がどこの観光地を見て周りたいのか事前準備の段階でチェックしておくことが大切です。 ある程度行きたいと思った先を周ることのできるツアーを選ぶことが大切だからです。 自分の興味を持った、条件にあう海外旅行先、ツアーを探すために情報収集は欠かせないことです。 しっかりと事前準備をして、現地では思いっきり楽しんできてください。

お得なツアーの見分け方

何よりも大切なことは、海外旅行へ行く手配をすることです。 事前に各旅行会社のパンフレットをとってきて見比べたり、インターネットで調べたりするなどして準備しなければいけません。 いくつかの情報を得た中から、どの海外旅行がお得なのか見極めていきます。 お得なツアーの見分け方についてポイントを紹介していきます。 海外旅行でポイントとなるのは、ホテルです。 あまりに治安の悪い場所にあるホテル、格安ホテルだと現地での状態が心配になってしまいます。 安全に安心して旅行するためにも、ホテル選びは大切です。 海外のホテルをチェックするポイントは2つ。 「ランク」と「立地」です。 「三つ星ランク」とか「四つ星ランク」といった具合にホテルのランクがされていると思います。 ランク外になるようなホテルは避けた方がいいです。 またいくらランクの高いホテルでも市街地から離れた不便な場所にあるホテルは避けた方がいいと思います。 見知らぬ土地で利用するホテルですから、市の中心地にありある程度のランクがあるホテルを選ぶようにしましょう。 ツアーの場合、部屋までは指定できませんが、個人でホテルを予約するところから全部準備している人ならば、予約の際に部屋のランク指定ができると思います。 高級ホテルのランクが低い部屋と中級ホテルでランクが高い部屋があった場合は、高級ホテルでランクの低い部屋を予約するといいです。 部屋のランクが低いと言っても、高級ホテルですし、ロビー、レストランなど共有部分は断然そちらの方がきれいだと思うからです。

あると便利な持ち物

荷造りは事前に必要な持ち物をリストアップしておいてから行うとスムーズにできます。 当日にならなければ準備できない荷物もありますから、忘れることがないようにリストにまとめて準備できたものからチェックしていきましょう。 海外旅行であると便利な持ち物をいくつか紹介したいと思います。 「薄手の長袖」。 海外旅行先が常夏だったとしても、ぜひ1枚は持参してほしいのが薄手の長袖の服です。 海外では、建物内の冷房がきつめで寒いと感じるところも少なくありません。 日差しの強いところでは、紫外線対策としても役に立ちます。 薄手のものならば荷物にしてもかさばらないので大丈夫です。 「ドライヤー」。 日本のホテルのようにすべてのホテルに設置されているわけではありません。 3つ星以上の高級ホテルになれば大抵設置されているか、ホテルでレンタルすることができます。 しかし現地事情もよくわからないので、念のため持っていくといいと思います。 ただし海外では電圧が違うため、日本で使っているものをそのまま使うことはできません。 電圧の変換プラグを持っていくか、海外対応のドライヤーを持っていくといいでしょう。 「目覚まし時計」。 ホテルの部屋に設置されている時計でアラームを設定できるところもありますし、フロントへモーニングコールを頼むこともできます。 しかし安いホテルになるとアラームがついていないこともあるため、持っていくと便利です。 海外旅行では時間厳守、特にツアーに参加している場合は寝坊することはできません。 収納しやすい小型の時計を1個持っていくようにしましょう。 海外旅行が2週間以上長期化する場合、自分の体調がどうなるか先のことはわかりません。 そのため風邪薬や胃薬、解熱鎮痛剤など必要になりそうな薬を持っていくといいでしょう。 女性の場合は、生理用品も忘れてはいけません。 環境、食べ物の変化で予定より早くなることもあるため、念のため持参した方がいいと思います。

トラブル対策

あってはいけないことですが、海外旅行ではどんなことが起きても不思議ではありません。 不幸なことにトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。 いざというとき慌てずに行動することで、被害を最小限に食い止めることができます。 トラブルに合わないにこしたことはないのですが、知識として対策方法だけは頭に入れておくようにしましょう。 「パスポート紛失」。 パスポートは必ずコピーをとり、別途パスポートのナンバーと発行年月日をどこかにメモするなどして控えておくようにしましょう。 出発までにコピーを準備して、パスポートとは別の場所に保管して海外旅行へ持って行ってください。 海外旅行中にもしも紛失してしまった、あるいは盗まれてしまったら、すぐ現地にある日本大使館へ行き手続きをしてください。 このとき行うのは、「紛失届」と、「新規発給申請」です。 もしも帰国を急いでいたら「渡航書発給申請」をします。 「クレジットカード紛失」。 クレジットカードを紛失あるいは盗まれたら、すぐにクレジット会社へ連絡してください。 日本からカード会社の連絡先、カード番号、有効期限などをメモしていき、いざというときに連絡がとれるように準備していってください。 不正使用されないように、すぐにカードの無効手続きをとってもらわなければいけないので、早急に対応する必要があります。 「航空券紛失」。 すぐに航空会社へ連絡して再発行依頼をする。 航空会社の連絡先をメモして、航空券のコピーを準備しておくといいです。 どんな場合にも事前に連絡先などをメモして準備していることですばやい対応ができます。 紛失してから慌てて連絡先を調べても、時間が経つほど不正使用される可能性が高くなりますし、取り乱していて冷静に探せない可能性があるからです。