ドリームトリップスは世界No.1の会員制旅行サービス

ドリームトリップスは、世界の超一流ホテルに最安値で宿泊できる旅行会社で、ケイティ・ペリー、サミュエル・L・ジャクソン、パフ・ダディといった世界のスターやセレブ達もこぞって参加している世界No.1の会員制サービスです。
憧れだったセレブ旅行

ESTA

アメリカへ海外旅行に行く人は「ESTA」の申請をしなければいけません。 海外旅行へ行く前に日にちに余裕を見て準備するようにしてください。 アメリカの入国制度は2009年から次のようになりました。 観光目的、出張などで90日以内の短期滞在をする人、つまりビザを取得しないでアメリカへ行く人については「ESTA」という電子渡航認証システムでの事前申請を行うように指示したのです。 インターネットで事前申請を行うものなので、渡航前に行っておく必要があります。 海外旅行だとしても長期間滞在する場合には、準備しなければいけません。 アメリカでは、テロ防止を目的として、ビザを免除している国に対してESTAの導入を決めたのです。 ビザを免除している人の情報を事前にインターネットで収集しておき、アメリカへの訪問条件をきちんとみなした人なのかを出発前に確認しておくのです。 アメリカ国内へ行くのではなく、乗り継ぎでアメリカの空港に降り立った場合も同様にESTAの事前申請が必要です。 ESTA認証を受けてから行かなければ、入国を拒否されてしまうので注意してください。 ESTAの手続きは、インターネット上のESTAのサイトにアクセスして基本的には自分で行います。 ESTA申請のときに、14ドル支払う必要があります。 インターネット上にてクレジットカードで支払うことになります。 名前や性別、生年月日、飛行機の便名、パスポート番号などを入力します。 入力はローマ字です。 いくつか質問もあるので、「はい」「いいえ」で答えます。 申請を行うと、72時間以内には回答がでるので、確認を忘れないようにしてください。 「認証」されればOKですが、もしも「拒否」されてしまったら「ビザ」の申請をしなければいけません。

ビザ

先ほどもお話した通り、海外旅行先によっては「ビザ」がなければ入国できない国があります。 ビザは、目的によっても変わってきます。 観光のため、知人訪問のため、出張などで短期滞在する場合、海外で長期間滞在したり就労したりする場合では申請するビザが違うのです。 国によっては突然手続きが変更することもあるので、事前に渡航先予定の日本にある大使館で詳細を確認して準備しておくといいと思います。 海外旅行をツアーで行く場合などは、旅行会社が用意してくれるケースが多いので自分で準備しなくても大丈夫です。 旅行会社に確認するといいと思います。 ビザの準備が要らない、免除対象になるのは短期滞在の場合です。 免除措置をとっている国は、アメリカ、イギリス、韓国、台湾の他61ヶ国ほどです。 さらに海外旅行先がアメリカの人はもう1つ注意が必要です。 2009年1月からアメリカでは、「ESTA」という電子渡航認証システムの申請を義務付けました。 渡航前に事前に申請しておかなければ入国させてもらえないので注意してください。 ビザ申請する場合に準備するものは次の通りです。 ・パスポート(残存期間確認)。 ・申請書(大使館などの窓口に設置)。 ・写真(パスポート用と同じ)。 ・手数料。 写真はだいたいの国がパスポートの申請時のものと同じで大丈夫ですが、申請する国により規定が若干違います。 手数料も違うため、申請するときには渡航予定の大使館へ確認してからにするといいでしょう。

パスポートその2

パスポートの手続きには、最低でも2回窓口へ行かなければいけません。 しかも窓口は平日しかやっていない場合がほとんどです。 仕事をしている人が、海外旅行へ行く前に休みをとって行くことはかなり難しいと思います。 そういった場合には、旅行会社へ依頼するか、自分で代理人を立てて申請することもできます。 海外旅行のツアーを頼んでいる旅行会社があるのならば、そこへ頼むのも1つの方法だと思います。 ただし手数料はとられると思います。 代理人申請にした場合でも、自署が必要になる欄が必ずありますから、すべて任せきりにしないできちんと確認するようにしましょう。 申請に関しては代理人でもできますが、受け取りは必ず本人が行うことになっています。 パスポートの申請は、基本的に住民登録してある地で行うことになっています。 しかし特例があって認められれば居住している地での登録ができます。 特例で認められているのは、単身赴任者、長期出張者、海外から一時帰国していて海外に住民登録している人、住民地以外の県の学校へ通っている学生です。 申請する窓口は、各都道府県にある旅券センター、他に市役所などに窓口を設けているところもあります。 申請時間、受け取り時間共に窓口によって違います。 申請は、どの窓口でも平日しか手続きができません。 しかし受け取りに関しては、日曜日にもやっている窓口があります。 事前にきちんと確認して、海外旅行へ行くまでに間に合うよう準備しましょう。 パスポートを受け取りに行くときには、申請したときにもらった「受理票」と手数料が必要です。 忘れずに準備して受け取りに行くようにしてください。

お金

海外旅行では現地のお金が必要となります。 米ドル、ユーロなど一般的に広く使われているお金の場合には、日本で準備して行った方がいいと思います。 日本の銀行で外国為替を扱っているところならば、大抵、現地のお金に両替してくれます。 しかし海外旅行先がドルやユーロ以外の現地通貨を使っているようなところでは、日本の銀行で両替して準備していくのが困難になります。 日本の銀行では用意していないか、あるいはあったとしてもかなりレートが悪くなっているかです。 空港やホテルなどでチップが必要な国も多いので、海外旅行では常に小銭を持ち歩く必要があります。 あまりたくさんのお金を旅行中持ち歩くのも心配なので、クレジットカードを使って買い物したり、トラベラーズチェックという旅行小切手を使ったりする人もたくさんいます。 現地の小さなお店、チップなどの場合には現地通貨しか使えないところもあるので、ある程度の現地通貨は準備する必要があります。 しかしそれ以外の大きな買い物、旅行のオプションの支払い、有名レストランでの支払い、ブランド物を買う、お土産屋さんで買い物するときなどは、カード、トラベラーズチェックなどでいいと思います。 トラベラーズチェックの場合、行き先の国のものがないときには、米国ドル用のものを持っていけば大抵は使えると思います。 現地の空港、銀行などで両替する場合には、小銭を入れてもらうように頼むといいです。 大きなお札ばかりもらってもチップなどには使えないので、小銭を混ぜて両替してもらうように一言添えた方がいいでしょう。

パスポート

どこの国へ行くにしても日本から出るためには必ず必要となるのが、パスポートです。 初めて海外旅行へ行く人は、パスポートを申請して入手する必要があります。 すでに持っている人は、パスポートの有効期限がきちんと残っているか確認する必要があります。 海外旅行へ行く国によって、パスポートの残存有効期間が違っています。 例えば、ハワイやグアムならば、帰国時までの期間があれば大丈夫ですが、カナダ、中国、シンガポールなどは入国時から6ヶ月以上の残存期間がなければいけません。 国によって違うので、早めに確認して必要に応じて更新手続き必要があります。 初めて申請する人は、申請に必要となる書類を準備しなければいけません。 ・戸籍謄本か戸籍抄本のどちらかを1通。 ・パスポート申請用の写真(45mm*35mm)。 ・運転免許証、保険証など身分証明ができるもの。 ・申請手数料(10年間有効の旅券は16,000円、5年は11,000円、12歳未満は5年で6,000円)。 手数料は受け取りの際に必要です。 この他、住民票の写しが1通必要になる人もいます。 住基ネットに登録していない人、あるいは登録している都道府県と違う場所で申請する人などです。 これらの必要書類を準備したら、旅券センターなどの申請窓口へ行き手続きをします。 基本は住民登録している都道府県にある窓口へ行ってください。 申請には「一般旅券発給申請書」も必要になりますが、これは窓口にあるので現地で記入すれば大丈夫です。 パスポートが交付されるのは、申請してから1週間から10日ほどです。 土日をはさむとさらに日にちがかかることもあります。 余裕を持って申請するようにしましょう。

初めての海外旅行

海外旅行へ初めて行くとき、まず何を準備する必要があるのか、やること、準備することがあってよくわからなくなってしまいます。 初めて海外旅行へ行くときには、何を準備したらいいのか、説明していきたいと思います。 海外旅行へ行くと決めたら、準備しなければいけないものは「パスポート」です。 これがなければ日本から出国させてもらうことはできません。 パスポートの場合、申請してすぐにその場でもらえるわけではなくある程度手続きに日数がかかるため、日にちに余裕を持って準備する必要があります。 行き先によっては、パスポートと同時にビザが必要な国もあります。 ビザが必要かどうか確認して、必要ならば用意しなければいけません。 初めての場合は、航空券、現地の宿泊先など旅行会社のお得なツアーを利用するといいと思います。 自分ですべて手配するのは大変手間がかかりますし、費用も割高になります。 ツアーの場合、現地で市内観光がついていたり食事がついていたりします。 こういったものに参加しないでフリーに動きたい人はフリープランを利用するか、ツアーではなく航空券とホテルの手配だけを旅行会社に依頼すればいいと思います。 現地通貨を用意する必要もあります。 現地に飛行機で着いたとき、あるいは途中の乗り継ぎ空港などでも現地通貨が必要になることもあります。 現地の空港で両替するか、現地の銀行でするか、宿泊先のホテルで行うか、あるいは日本で両替して持っていくこともできます。 現地の空港やホテルは便利ですが、かなりレートが高いのでさけたほうがいいと思います。 準備できそうならば日本の銀行で両替してある程度お金を持っていが方が安心です。 どれも絶対必要なもので、事前に準備を必要とするものを上げてみました。

帰国は余裕を持って

存分に海外旅行を堪能し、最終日を迎えたら、いよいよ帰国準備を行う事になります。 基本的には、その前日に荷物をまとめておくようにしましょう。 最終日はなるべく移動だけにして、観光や買い物も前日に済ませておいた方が、バタバタせずに済みます。 帰国する際にはいくつかの手続きが必要となるので、事前に基礎知識を頭に入れておきましょう。 そのひとつが、免税手続きです。 海外で購入した物を税関で提示し、ショッピングチェックに確認スタンプを押してもらう事になります。 場合によっては、税金を払い戻ししてもらう事になるか、税金を納める必要が出てきます。 その際には、支払い方法、納税方法を確認した上で、指示通りに支払いましょう。 免税を行う税関の前にも、いくつかの手続きが必要です。 出国の際の基礎知識として、これらの事はしっかり頭に入れておきましょう。 アジアや南米、アフリカなどから帰国する場合、現地の空港へ着くと、まず検疫が行われます。 日本に現地の病原菌を持ち込まないようにするためです。 行われるのは健康相談で、体調面に関していくつかの質問がされます。 ここで体調が優れないと判断された場合は、健康診断を受ける必要が出てきます。 必ず正直に答えるようにしましょう。 検疫を抜けると、次は入国審査です。 日本への入国審査なので、基本的には難しい事は何もありません。 パスポートを掲示して、スタンプを押してもらえばOKです。 次は所持品のチェックですね。 動物や植物を持ち込む場合は、これらの検疫も行います。 それが済むと、税関が待っています。 出国の際と同じく赤ランプと緑ランプのカウンターがあるので、指示に従い、どちらかのカウンターへ行きましょう。 税関を抜けると、飛行機に乗る事ができます。 海外旅行のラストを飾る空の旅が待っています。

トラブルの際の基礎知識

楽しい事がたくさん待っている海外旅行ですが、ひとつ間違えれば落とし穴に落ちてしまうリスクもあります。 そういった時にどんな対処をするかによって、大きくその後の展開が変わってきます。 トラブルの際の基礎知識は、必ず事前に頭に入れておきましょう。 海外旅行先でのトラブルとして主に考えられるのは、「紛失」「盗難」「病気」です。 紛失に関しては、国内での生活以上に気を遣う必要があります。 盗難被害の予防は、治安の悪い所には近付かない事、現金や貴重品を持ち歩かない事に尽きます。 病気に関しては、なるべくちゃんとした所で食事を取る事、無警戒で水を飲まない事を心がけましょう。 もし、貴重品を紛失、あるいは盗難に遭った場合は、速やかな対応が必要となります。 紛失した際の基礎知識も抑えておきましょう。 たとえば、パスポートを紛失した場合は、警察で紛失届出証明書を作成してもらいます。 クレジットカードは、カード会社に連絡してすぐに無効手続きをしましょう。 航空券の場合は、航空会社に連絡して再発行の手続きをします。 パスポートや航空券は、コピーを控えておくとかなりスムーズに手続きが行えます。 盗難に関しては、原則として現地の警察へ行って盗難届を作成する事になりますが、返ってくる可能性はほとんどないと考えておきましょう。 病気の際には、ホテルで安静にするか、現地の病院へ赴く事になります。 あらかじめ風邪薬を持参しておくと、風邪の症状が出た際には便利です。 下痢を起こした場合は、高確率で現地の水や食事があたったと考えられます。 この場合は病院へ行った方が無難です。

海外でのショッピングを楽しもう

食事と並び、海外で楽しみたい事として上位に入ってくるのは、ショッピングではないでしょうか。 海外旅行に行く人のほとんどは、現地でのショッピングを楽しみにしていますね。 ショッピングに関しては、食事におけるマナーのような難しい事はほとんどないのですが、それでも基礎知識は最低限身に付けておいた方が良いでしょう。 海外でのショッピングにおいて覚えておきたい基礎知識には、「バーゲンの時期」があります。 同じ物を買うのであれば、安いに越した事はありませんね。 それなら、バーゲンの時期を狙うというのは、自然な事です。 海外旅行に行く場合は、その国のバーゲンシーズンがいつなのかを頭に入れておくと、よりショッピングが快適なものとなるでしょう。 海外のバーゲンは日本のバーゲンの時期と被っている国が多く、ヨーロッパや香港、シンガポールなどは、夏と冬がバーゲンシーズンです。 一方、アメリカは、1月、3月、7月、11月、12月といった時期がバーゲンセールです。 冬の寒い時期には、クリスマス商戦なども狙い所ですね。 海外旅行で買い物を楽しむ場合、その現地ならではの特産品に目を向けるケースと、ブランド物に目を向けるケースが特に多いと思われます。 特産品は、現地の人に尋ねる事ができるなら、それが一番確実です。 ホテルのスタッフやタクシーの運転手などに聞くと良いでしょう。 一方、ブランド品の場合は、日本にない商品や、日本より遥かに格安の商品が狙い目です。 インターネット等で情報を仕入れておくと、スムーズに買い物ができるでしょう。

海外での食事を楽しもう

外国へ足を運んだ際に、是非堪能したいのが料理です。 世界各国、その国ならではの文化がありますが、それが一番はっきりと現れているのは、食事です。 その食事を楽しむ事は、その国の文化に触れるという事でもあります。 そういう意味でも、海外旅行の際にはその国ならではの食事を楽しまないともったいないですよね。 その国の食事の基礎知識を予習しておき、食べたい物をロックオンしておきましょう。 ただ、海外での食事は、日本とは異なるマナーがあります。 特に大きな違いとなるのは、チップですね。 チップの基礎知識も、なるべく事前に学んでおきましょう。 アメリカやヨーロッパへの海外旅行の際、レストランに入る時にはチップを用意しておく必要があります。 最低限のマナーとして、サービスを受けた際にはチップを支払う事は覚えておきましょう。 ただし、国によっては支払う必要がない場合、最初から勘定にチップが含まれている場合があるので、どの国にどんなマナーがあるのか、あらかじめ調べておくと良いでしょう。 チップ以外にも、レディーファーストや食事中に音を立てない、ワインはウエイターが注ぐのを待つなど、マナーの基礎知識はある程度頭に入れておくようにしましょう。 高級レストランの場合は、予約が必要になってきます。 基本的には、予約は現地に着いた時点で行う方が良いでしょう。 もし、そのレストランありきで海外旅行をするのならば、日本で予約していても構いませんが、あまりメリットはありません。