ドリームトリップスは世界No.1の会員制旅行サービス

ドリームトリップスは、世界の超一流ホテルに最安値で宿泊できる旅行会社で、ケイティ・ペリー、サミュエル・L・ジャクソン、パフ・ダディといった世界のスターやセレブ達もこぞって参加している世界No.1の会員制サービスです。
憧れだったセレブ旅行

入国手続きの基礎知識

空港から飛行機に乗り、快適な空の旅を楽しんだ後は、いよいよ海外への入国となります。 ただ、いつまでも海外旅行気分に浸っているわけにはいきません。 早速ここで、ひとつの関門が待ち受けています。 それは、入国手続きです。 ここでトラブルを起こす人はかなり多いので、入国手続きの基礎知識は、なるべく事前に覚えておきましょう。 入国手続きの基礎知識としては、「到着」から「入国」までのフローを覚えておく事が重要といえます。 まず到着ですが、基本的には人の流れにそのまま付いていけば問題はありません。 ただし、トランジットの乗客に付いていってはいけないので、注意しましょう。 「Arrival」という看板やサインなどを目印にしておけば、間違いありません。 しばらく進むと、入国審査のカウンターに到着します。 そこで行うのは、パスポートおよび入国カードの掲示です。 ツアーで参加している場合は、事前に流れ教えてもらえます。 そうでない場合は、必ず一度は両アイテムをチェックしておきましょう。 場合によっては、航空券の掲示を求める国もあります。 入国審査が済んだら、次は荷物の受け取りです。 これは国内とほぼ同じですね。 場所がわからない場合は「Baggage Claim」という看板やサインを目印にして、人の流れに乗って行けば問題ありません。 ターンテーブルにはそれぞれ便名が提示されているので、それを参考に、自分の乗った便を探しましょう。 あとは、自分の荷物が出てくるのを待つだけです。 最後に、税関が待っています。 機内で税関申告書を記入した際には、赤いライトのカウンターに行き、申請を行います。 申告不要の場合は、緑のライトへ行きましょう。 税関が終わったらゲートを潜り、いよいよ入国です。 ここから本格的な海外旅行がスタートします。

鉄道、バスの基礎知識

現地に着いてからは、日本と同じような感覚で行動する事はできません。 何をするにしても、その国ならではの慣習、文化に振り回される事になるでしょう。 ただ、その中にあって、比較的日本に近い感覚で利用できるのが、鉄道です。 特にヨーロッパに旅行する場合は、鉄道での移動が主な交通手段となるでしょう。 鉄道で移動する場合は、あらかじめ「鉄道パス」を購入しておく事をおすすめします。 これを持っていればかなり割引されますし、ヨーロッパなどの地続きの場合は広大な範囲での利用が可能です。 日本の定期券同様、切符を購入する必要なく簡単に電車に乗ることができるので、時間に追われる海外旅行においては非常に有用です。 その国々の交通機関の基礎知識をあらかじめ学んだ上で、購入、利用すると良いでしょう。 また、バスの利用も視野に入れておいた方が良いでしょう。 海外旅行において、特にアメリカやオーストラリアでの移動は、鉄道よりバスの方が安く、また便利に利用できる事が多いとされています。 海外のバスの基礎知識としては、非常に安く利用できるという点が挙げられます。 長距離の移動が当たり前のアメリカなどは特にそうですね。 ただし、日本のバスと比べると、シートが堅いなどの問題があります。 長距離を移動する場合、シートの堅さはかなり大きなウエイトを占める問題なので、自分の身体と相談した上で、どういった交通手段を用いるかを決めるようにしましょう。 折角の海外旅行で体調を崩しては、元も子もありません。

海外旅行の服装の準備

海外旅行へ行くための準備で一番困るのが、来ていく服と持って行く服だと思います。 現地が冬の場合は、上着や長袖の準備をすると思いますが、冬の時期ではない暖かいところへ旅行する場合は、上着などはいらないだろうと、思うかもしれません。しかし、レストランやデパート、交通機関などでは、冷房がかなり効いているので、上着をすぐ取り出せるように準備しておきましょう。これは、日本から乗り込む飛行機でも必要になるかもしれないので、機内に持ち込む手荷物の中に用意しておきましょう。 現地へ持って行く服は、3日分程度で良いです。たいてい、海外旅行先のホテルに洗濯ができる施設や、クリーニングサービスなどがあるので、それらを利用しましょう。滞在日数分の着替えを持って行っては、荷物がかなり多くなってしまいます。3日分ならそれほどかさ張らないと思います。 靴は、できればスニーカーにしましょう。海外旅行では、ショッピングや観光など、普段よりも歩くことが多くなります。そのため、足の疲れや痛みを予防するためにも、履き慣れたスニーカーがおすすめです。 ただ、服装に関わらず、ほとんどの日用品は現地で買うことができます。あれもこれもという考えでは、うまく荷物が減らせずに、旅行先で荷物運びが大変になってしまいます。持ち物は、必要最小限にしましょう。 また、服装で注意したいことは、海外旅行中には、体に負担がかからないゆったりとした着心地のものが良いです。海外旅行先が暖かいところなのか、寒いところなのか、気温はどれくらいなのか、しっかり調べておくことが大切です。さらに、現地の文化や宗教、習慣などで、肌の露出が良くないところもあるので、事前に確認しておきましょう。

航空券の基礎知識

パスポートの次に、海外旅行を行う際に高確率で必要となるのが、航空券です。 韓国や台湾など、近い地域であれば船での移動も可能ですが、それ以外の旅行の際は飛行機での移動となります。 よって、航空券は海外旅行において必須アイテムといえるでしょう。 そのため、海外旅行で失敗しないためには、航空券の基礎知識をしっかりと学んでおく必要があります。 基礎知識としてまず知っておきたいのは、予約のタイミングです。 航空券は、即日購入できるという物ではありません。 事前に予約しておかなければ、希望の便には乗れないのです。 問題はその予約時期ですが、2~3ヶ月前が理想です。 特に、観光シーズンに旅行する場合は、できるだけ早く予約しておかないと、あっという間に満席となってしまいます。 航空券を予約する際には、出発日、帰国日、希望する航空会社等を聞かれます。 よって、予約の時点で旅行のスケジュールを固めておく必要があるのです。 いつ行っていつ帰ってくるか、どの航空会社を利用するかをしっかりと決めておきましょう。 また、航空券にはさまざまな割引サービスがあります。 航空会社独自に設定できる範囲での割引を行っている「正規割引航空券」をはじめ、色々な制約を設ける代わりに格安に設定された「格安航空券」等もあり、場合によってはかなり安い料金で購入できます。 ただし、制約がある場合は、あらかじめ帰国日が決まっているなどのデメリットもあるので、注意した上で購入するようにしましょう。

子ども連れの台湾旅行

冬に子どもさんを連れて海外旅行をするのなら、快適で暖かいところが良いですよね。そこで海外旅行先を台湾にするご家庭もあると思います。ここでは、台湾への海外旅行に子どもさんを連れて行く際に、事前によく確認して欲しいことを紹介します。 まず、持って行った方が良いものです。ハンカチやティッシュ、ウェットティッシュ、虫よけスプレーなど衛生面で必要なものは、旅行バッグ以外のバッグにすぐに取り出せるようにしておきましょう。 冬でなくても、電車やホテル、デパートなどでは、クーラーが寒いと感じるくらいよく効いていることが多いので、子どもさんが風邪をひいてしまうかもしれません。そのため、夏の時期に行く場合や、冬の時期に暖かいところへ行くとしても、長袖のシャツや上着を用意しましょう。 また、台湾ではスコールが降ることがあるので、急な雨から子どもを守るために、子ども用のカッパを用意しておきましょう。また、薬局やコンビニなどで、薄いビニールのカッパが売られているので、現地に着いてからでも手に入ります。ただ、雨がやんで晴れてくると、次は日差しが強くなります。そのため、折り畳みの晴雨兼用の傘を用意しておくと安心です。 台湾への海外旅行なら、生活用品を忘れてしまったという時は、コンビニやスーパーなどでもすぐ手に入るので、それほど心配いりません。いつも使っている風邪薬や頭痛薬、胃薬などは、日本から必ず持って行きましょう。台湾は日差しがとても強いので、日本で買った馴染みのある日焼け止めを持って行きましょう。 ホテルを選ぶポイントとしては、交通の便が良くて徒歩移動がなるべく少ないホテルにしましょう。海外旅行の荷物は大変多いでしょうし、子どもさんの面倒もあって、あまり移動が長いと疲れてしまいます。また、台湾の道路は整備されていなかったり、車やバイクがたくさん走っていたりして、子どもさんを連れて歩くのはとても危険です。できれば、最寄りの駅から送迎バスが用意されているホテルが安心です。

ホテルの選び方を学ぼう

予約するホテルを選ぶ際に重要なのは、「ロケーション」「ランク」「サービス」「ファシリティー」の4つです。 これら4つは、海外旅行時のホテル選びの基礎知識として、しっかりと学んでおく必要があるでしょう。 この中でも特に重要なのは「ロケーション」です。 つまり、どの場所にあって、どういった交通機関を利用できるか、という点ですね。 たとえば、パリのルーヴル美術館を見に海外旅行に出かけるとしましょう。 当然、その場合は「ルーヴル美術館を日中訪れた場合、その日のうちにチェックインできる範囲にあるホテル」が予約対象となります。 問題は距離ではなく移動時間です。 最短の交通機関を利用した場合、何時間で移動できるかといった交通の基礎知識をしっかりと事前に調べた上で範囲を絞り、その範囲にあるホテルから選ぶようにしましょう。 「ランク」も重要です。 ホテルにはさまざまな種類があり、それによって宿泊料金は大きく変わってきます。 当然、五つ星ホテルなどのような高級ホテルの場合は、非常に高い金額が設定されています。 逆に、ユースホステルやエコノミーホテルのような施設であれば、最小限の宿泊料金で済むでしょう。 海外旅行の際には、どういったランクのホテルに泊まるのかという事を事前に決めておく必要があります。 「サービス」と「ファシリティー」に関しては、そのランクを決める際の判断材料となります。 サービスや施設を重視するなら、ある程度のランクのホテルが望ましいでしょう。 そうでなければ、ランクを落としても問題ありません。

小学生におすすめの海外旅行

子どもが小学生にも成長すると、いろんなことがほとんど自分でできるようになり、体力もついてきます。そのため、長い距離、長い移動時間の旅行も問題なくなるので、海外旅行も楽しむことができるでしょう。また、海外旅行先でのアクティビティも、親子で挑戦して楽しめるようになります。 中でも、小学生の子どもさん連れの海外旅行でおすすめなのが「台湾」です。まず台湾の良いところは、飛行時間が成田空港から約4時間で、時差はたったの1時間ということです。小学生といっても、あまり飛行機に長時間乗っていると苦痛でしょう。また、時差は大きいと体調を崩してしまうこともあります。台湾への旅行なら、そのような飛行機の心配もないのです。 また、台湾は親日的だと知られているように、日本語を話すことができる人も多いですし、日本人とわかればとても親切にしてくれます。子どもにも優しいので、子どもがいると、電車などで席を譲ってくれたり、公共の場で子どもが駄々をこねていても、嫌な顔せずに温かく見守ってくれたりします。 台湾は1年中暖かいところだと思っている人も多いかもしれませんが、台湾にも四季があります。夏は暑くなり、冬の天気の悪い日はかなり寒くなります。冬休みに暖かいところへ行こうと台湾へ行ってみたら、あまりの寒さに驚いた、という方も多いようです。台湾の天気は読みにくく、寒波に覆われることもあるので、特に、子どもさんがいる場合は、暖かい服装を用意するなど、服装に注意してください。

ホテルの予約の仕方

国内旅行の場合もそうですが、旅行先で宿泊するホテルには、事前に予約を入れておくのが常です。 予約なしでいきなり押しかけても、泊まれるとは限りません。 特に観光シーズンは、ほとんどの場合満員となっており、宿泊は困難です。 そうなってしまうと、最悪野宿という事になりかねません。 国内であれば、宿泊施設の代わりに時間をつぶせる施設がある程度確立されていますが、海外ではそういった所があるとは限りませんし、あっても見つけるのは大変です。 そういった事態にならないためにも、海外旅行の際には事前に予約をしておきましょう。 ホテルの予約の基礎知識としては、いくつかの方法が存在するという点が第一に挙げられます。 最も単純かつわかりやすい方法としては、直接ホテルに電話して予約するという方法です。 現地の言葉が堪能な場合は、これでも問題ないでしょう。 インターネットの基礎知識があれば、ネット上での予約も可能です。 言葉がわからない場合は、別の方法をおすすめします。 ツアーの場合は旅行会社が用意しているケースが多いので、特に予約の必要はありません。 また、ツアーを利用しなくても、旅行会社に依頼して予約してもらう事ができます。 日本にもあるホテルチェーンなら日本で予約窓口を開設しているので、そちらを利用するという方法もあります。 日本語で予約できるので、言葉の壁は心配しなくて済みます。 また、ホテル予約専門のサービス会社もあるので、海外旅行の際にはそういった所を利用するという手もあります。

赤ちゃん連れにおすすめの海外旅行

乳幼児を連れての海外旅行は大変だと思いますが、赤ちゃんを連れて行くのにおすすめの旅行先を紹介します。 まずは、韓国のソウルと済州(チェジュ)島です。ソウルへの便は、日本各地の空港から何便も出ていますし、飛行時間も東京からだと2時間半で行くことができます。多くのリピーターがいるということもあり、パケージツアーの選択肢も豊富です。赤ちゃんがいる場合は、ハードに巡る市内観光は避けて、自由に行先や時間を決めることができるフリープランがおすすめです。また、ホテルを選ぶ際は、ゆったり過ごすことができるように、広めの部屋を選びましょう。 ソウルの冬は日本よりも長いです。この時期は、料金が安いのですが、とっても寒いので、小さなお子さんがいる場合はおすすめできません。ソウルは春や秋でも肌寒く感じるので、薄手のコートなどを用意しましょう。 ソウルの街中でベビーカーを押す際は、段差に注意してください。赤ちゃんなら抱っこひもなどを使うことをおすすめします。また、焼き肉店など韓国の料理店では火を扱うことが多いので、やけどの恐れがあります。子どもさんから絶対に目を離さないようにしてください。 済州島は、成田空港から約2時間45分で行くことができるリゾートアイランドです。韓国の中でも暖かいところです。夏は暑くなりますが、湿度が低くカラットしています。暖かいところと言っても、冬はとても寒くなるので、防寒着が必要になります。 直行便はあまりないですが、飛行機に乗る時間が短いですし、リゾート地ならではのゆったりとした時間が流れているので、赤ちゃんとのんびりくつろぐことができます。小さい子を連れての観光は、タクシーチャーターがおすすめです。日本語が話せるドライバーさんが、親切に島内を案内してくれますよ。 赤ちゃん連れの海外旅行の参考にしてみてください。

海外のホテルの基礎知識

海外旅行の楽しみのひとつとして、多くの人が挙げるであろうホテル。 日中を観光や娯楽に費やした後の癒やしの空間として、ホテルは非常に重要な拠点となります。 また、旅行に来たと最も自覚するのが、このホテルでのひと時でしょう。 単なる遠出ではなく、家ではない別の施設に宿泊する事で、旅行にやって来たという気分を明瞭に味わえるのです。 まして海外となると、それはさらに顕著になります。 特に初日はなかなか気の休まらない緊張の連続で、ヘトヘトになった状態でチェックインするケースも多いでしょう。 そのため、海外旅行におけるホテルは、特別な意味を持ちます。 ただ、言葉が通じない等、ホテルにおいても少なからずトラブルの種はあります。 そういった心配事の芽を少しでも摘むためには、事前に基礎知識や常識などを頭に入れておく必要があるでしょう。 海外のホテルの基礎知識として学んでおきたいのは、チップです。 これは日本にはない習慣なので、多くの人が混乱するかもしれません。 基本的に、ホテルにおいてチップが必要なのは、「荷物を運んでくれるベルボーイ」「タクシーを呼んでくれるドアマン」「ルームサービスなどを部屋に運んでくれるスタッフ」に対してです。 それ以外の、たとえばホテル内にあるレストラン等では、チップを渡す必要はありません。 チップを渡す際には「ありがとう」という意味の現地の言葉をいうと良いでしょう。 英語ならサンキュー。 フランスならメルシーという感じです。