おすすめのインド旅行

インド旅行のおすすめはどこでしょうか。 観光地や世界遺産はたくさんあります。 しかし、インド旅行はそのような遺跡巡りが面白いわけではありません。 インド人を楽しむことの方がいいのではないでしょうか。 日本から飛行機でインドに行く時に注意しなければならないのは夜に空港に着いてしまうことです。 そこでタクシーに乗ったりすると大変な目に遭ってしまいます。 自分が予約しているホテルには連れて行ってもらえずに、ぼったくりのツアーを買わされる羽目になるのです。 このような被害に遭っている日本の旅行者はたくさんいるようですね。 インド人は外国の旅行者をカモにすることが当たり前と思っているのでしょうか。 それとも、インド人は物を購入したりする時にはお互いに価格の交渉をすることが基本だと考えているのかもしれません。 価格等あってないようなものですね。 また、人が少ないところには行かないようにしておきましょう。 特に女性の一人旅は要注意です。 夜になったら、宿でゆっくり休んでおくことです。 決して夜の散歩など考えてはいけません。 インドは特別に治安が悪いわけではありませんが、物売りが非常にしつこいのです。 馴れ馴れしくして、会ったばかりなのに友達になってしまっているのです。 インドの世界遺産の壮大さに比べると、インド人の性格はどうしてせっかちなのでしょうか。 それから、インドの鉄道やバスは時間にルーズです。 インド人自体がルーズなのです。 予定通りにはいかないと思っておきましょう。 おすすめのインド旅行は長期滞在ですね。

おすすめの韓国旅行のお土産

韓国旅行に行くと、種類がたくさんありすぎて悩んでしまうお土産・・・。 まず定番の韓国海苔は外せないですよね。 ごま油の香りが香ばしくって、ご飯のお供に、お酒のおつまみに、と大活躍。 ごま油で炒られて、塩が振ってあるので、ささっとすぐに食べられるのも魅力です。 誰に送っても喜ばれるし、軽くて持ち帰りやすいのもうれしいですね。 個包装で小分けされていて、お勤め先などで配りやすいタイプのパッケージがとっても助かっちゃいます。 韓国土産ではとうもろこしのお茶もオススメ。 とうもろこしの、ほのかな甘みと香ばしさはクセになります。 また、とうもろこし茶には鉄分と食物繊維が豊富で、健康茶として飲むのもいいですよ。 冷え性や貧血にも効能があるといわれています。 健康茶にありがちなクセがなく、飲みやすく、しかもカフェインレスなので妊婦さんにプレゼントしてもOK。 韓国旅行に行ったらぜひ買って帰りたい一品です。 女子へのお土産にはやっぱりコスメでしょうか。 でも、お顔のお肌につける物は肌質が人それぞれだし、メイクグッズは色のチョイスが難しい・・・なんて方は、リップクリームやハンドクリームがオススメ。 いくらあっても困らないアイテムですからね。 しかも、韓国のコスメの発展ぶりはよく知られているので、本場韓国のコスメグッズは女性にはかなり喜ばれるのではないでしょうか。 お土産、どうしようか・・・と悩むのも旅の醍醐味。 韓国旅行でショッピングをエンジョイし、ハッピーを周りのみんなにもお裾分けしてあげましょう!

渡航条件と海外旅行保険

外国旅行に出かける時に、わざわざ危険な国に行く人はほとんどいません。 しかし、どうしても旅行に行こうとすると制限がかけられます。 国から渡航条件が定められているのです。 海外旅行保険への加入が義務付けられているのです。 あなたは海外旅行に出かける時に安全な地域以外のところに行きますか。 もちろん、仕事で行く以外は、そのような危険を冒すことはありません。 海外旅行保険の保険金額は渡航先によって異なります。 どれだけのリスクがあるかと言うことで保険金額が決められているからです。 一般の海外旅行先では、生命の危険は予想できない災害や事故などによるものです。 紛争地域などは問題外と言えるでしょう。 生命の危険がない地域でも不慮の事故は避けられません。 それは国内でも同じことです。 ただ、海外旅行で違うのは、すべてのことに多額のお金がかかることです。 国内であれば、言葉が通じます。 安心して病院にかかることができるでしょう。 家族が駆け付けたとしても、その旅費はごくわずかです。 国境を越えると言うことは物理的な距離が遠くなることと、その移動のための費用が大きくなることです。 海外旅行に出かけた時よりも事故などで保険のお世話になった時にそのことを実感するのかもしれません。 日常と違う場所での事故は心細いものです。 おすすめの保険は手厚いサポートがある会社でしょう。 おすすめかどうかは、金額的なことよりも内容をチェックしておきましょう。 それが重要なことだからです。

海外旅行と年齢

一般的に保険の契約をする場合、年齢制限があります。 70歳を過ぎると保険契約ができないことが多いのです。 海外旅行に出かける時に保険に加入することが一般的です。 外国で病気になっても健康保険証が使えるわけではなく、治療費がすぐに高額になってします。 そのため、海外旅行保険で高齢者が加入できるものが増えてきました。 これまでは年齢制限があったのです。 現代のように高齢化社会となってくると、高齢者を制限することは現実的な対応と言えません。 もちろん、持病を持っている人の場合はリスクが高くなりますから、特約などで追加料金を支払うことになるでしょう。 それでも保険に入れるかどうかは非常に重要です。 ただ、旅行会社によって年齢制限を付けるかどうかは対応が異なります。 現実的には年齢制限なしは損保ジャパンだけです。 なぜ損保ジャパンだけが年齢制限なしの適用を決めているのかはわかりません。 現実的には大きなリスクではないと判断しているのでしょう。 おすすめの保険はどこでしょうと聞かれて、高齢者であれば損保ジャパンと応えて間違いないでしょう。 他の保険会社が今後どのような対応をするのか注目しましょう。 ただ、高齢になってから海外旅行をすること自体はあまりおすすめできません。 飛行機などに長時間乗らなければならないため、体力的に厳しい可能性があるからです。 せっかく海外に出かけても、そこで具合が悪くなってしまっては意味がありません。 元気に旅行を楽しめる若い時に行くことをおすすめします。

AIUの海外旅行保険

AIUが販売している海外旅行保険について紹介しましょう。 AIUは海外旅行のパイオニアとして長年お客様にサービスを提供してきました。 その特徴とおすすめの保険はどのような内容でしょう。 特長としてインフィニティプランがあります。 治療や救援火を無制限に補償するプランのことです。 無制限ですから自己負担はほとんどありません。 1か月の入院が必要となった場合、その治療費や家族の救援費、本人の日本への搬送費などざっと3,000万円くらいかかる計算です。 この費用がすべて無料になるのですから、保険の威力はかなり大きいですね。 もちろん、補償対象は旅行で生じた支払いの部分だけです。 それから出発前の病気を補償してくれる点も大きな魅力です。 持病を持っていて薬を飲んでいる人は少なくありません。 海外旅行先で持病が悪化して医師の治療を受けた場合の費用を補償してくれます。 その上、家族の救援費も補償対象となるのです。 ただ、妊婦の出産等に関する治療や歯科疾病は含まれていませんから、事前に確認しておくことが大切です。 妊婦に関しては、初期の22週未満の異常に対しては治療費が補償されます。 22週を過ぎると一般的には安定期となりますから、実質的なリスクは補償されていると考えていいでしょう。 特約を付けることによって歯科疾病も補償対象となります。 このようにいろいろな補償をしてくれるのがAIUです。 まずはインターネットで内容を調べてみましょう。 きっとおすすめのプランが見つかることでしょう。 自宅でじっくりと検討すれば、さらにおすすめ保険が契約できるかもしれません。

海外旅行保険の傾向

海外旅行に出かける人は毎年たくさんいますが、海外旅行保険で支払われている費用はどれくらいになるのでしょうか。 海外旅行でのトラブルの発生確率が過去の統計から公表されています。 それによると1000人に36人、つまり3.6%の人が何らかのトラブルに見舞われているのです。 その数を少ないと見るか多いと見るかはあなたの判断に任せますが、近年の傾向として保険で支払われている金額が年々増加していることがはっきりしています。 1件当たりの補償額も増加しています。 この数字は保険を契約する時の保険費用に跳ね返ってきます。 保険金額が高くなるからと言って、保険に入らずに海外旅行に出かけることもできますが、リスクが高いことになります。 保険に入らずに怪我や病気をした場合、その費用は国内の数倍になってしまいます。 宿泊日数が延びれば、さらに金額は大きくなるでしょう。 お金に余裕があって、海外旅行に出かけているのであれば問題ないでしょうが、やっと貯めたお金で旅行に行く場合は、余分な支出を抑えるべきでしょう。 ただ、おすすめの保険でないとしても、保険料の増加は1万円未満です。 その程度のお金を惜しむと痛い目に合うと思ってください。 保険の支払い額が増加している理由は明確ではありませんが、携行品損害を受けている人の数は昔から変わりません。 おすすめの対策を紹介しましょう。 少なくとも自分の持ち物に気を付けておくだけで、保険のお世話になる確率は半分以下になるのです。 どうしても避けられない事故や病気以外はできるだけ用心しておくことです。

海外旅行保険と留学

海外旅行で保険に入るのは一般的ですが、92日までの期間限定です。 それ以上になると別の手続きをしなければなりません。 留学の場合は旅行ではありませんから、海外旅行保険の中でも保険内容が異なります。 1年間の留学をするつもりなら、おすすめの海外旅行保険を探しておきましょう。 対象となる日数は違いますが、基本的な補償内容は海外旅行と同じです。 現地での病気や怪我に対する治療費などと、日本から救援のために駆け付けた家族の渡航費が保険から全額支払われます。 もちろん、怪我や病気がないに越したことはありませんが、いつどのようなトラブルに巻き込まれるかわかりません。 勉強など自分のスキルアップのために留学をしているのですから、お金のことで悩むのは大きなマイナスになってしまいます。 保険に入っておけば、その点安心できるでしょう。 学校などを経由して留学をする場合は、留学保険に入ることが義務付けられている場合もあります。 その際にはおすすめの保険を紹介してくれるかもしれません。 毎年留学生を出している学校では、生協などでも保険の取り扱いをしています。 学生用ですから、学校関係から申込むことがおすすめですね。 一般の海外旅行保険と留学保険の違いを説明しておきましょう。 長期の個人賠償責任の補償、生活用動産の長期補償、緊急一時帰国費用の補償などがあります。 留学している間は家族と遠く離れていますから、心細いこともたくさんあるでしょう。 少なくともお金の面で安心できるようにしておきましょう。

海外旅行保険とサポート

国内の旅行であれば、トラブル時の対処方法はおおよそ予想が付きます。 しかし、海外旅行の場合は言葉も通じませんから、不安に感じる人が多いでしょう。 このような海外旅行の不安を解消してくれるのが保険のサポートです。 おすすめの保険は補償内容よりも、それ以外のサポートの充実と考えている人も少なくないでしょう。 サポート体制は保険会社によって違いますから、事前にチェックしておくことが大切です。 保険金額ばかりを見ていると、思わぬところでがっかりさせられるかもしれません。 損保ジャパンの海外旅行サポートの例を紹介しましょう。 緊急トラブル時に電話翻訳サービスがあります。 これは現地での電話を日本語でできるサービスですから、非常に心強いでしょう。 片言の日本語であれば通じるところが多くなりましたが、病気などの症状を相手に伝えるのは簡単ではありません。 それから、大事なパスポートの紛失やクレジットカードの紛失は一大事です。 そのようなトラブルの場合対処すればいいのかわからなくなって、パニックになることでしょう。 しっかりとした現地での対処方法を教えてくれるサービスがあれば、安心して海外旅行に出かけられるのです。 この他にもいろいろなサポートがあります。 特約を付けることで安心して旅行に出かけられます。 もちろん、トラブルがない方が一番いいのですが、何が起こるかわかりません。 しっかりと準備をするために、おすすめの保険をチェックしておきましょう。

海外旅行の渡航先と保険

海外旅行保険では渡航先によって保険金額が異なります。 それはリスクが高いところほど金額が高くなるからです。 事故や病気などの発生確率によって保険料は決まっています。 したがって、保険料が安いところは安心して旅行に出かけられると考えていいでしょう。 おすすめの保険会社を持っている旅行会社も多いのですが、渡航先によって変わるのはどこも同じです。 グアムやサイパンは近場ですし、日本からの旅行客が多いためめったの事故などは起きません。 スリや置き引きが多いのが海外旅行の特長だと言われていますが、日本人を歓迎している国ではその対策も万全なのでしょう。 ただ、食べ物の違いや環境の違いによる体調不良は個人差がありますから、避けられないかもしれません。 日頃から自分の体調を管理しておくことが重要です。 現地で観光を楽しみたいと考えるなら、しっかりと準備をしておきましょう。 おすすめの保険は必要な補償だけを付けられるフリープランのタイプです。 死亡補償などはすでに生命保険に加入している人がほとんどです。 海外旅行保険で補償する意味がないのです。 あなたが海外旅行に出かけようと考えているなら、渡航先を先に決めるでしょう。 保険金額を確認してください。 金額が高いと言うことは理由があります。 それだけ注意が必要なのでしょう。 もちろん、金額はわずかな差です。 旅行全体の金額に比べると無視できるかもしれません。 例を上げますと、アメリカ7日間で6,800円、オーストラリア5日間で5,800円です。

三井住友海上の海外旅行保険

三井住友海上は幅広い保険を取り扱っている会社です。 おすすめの海外旅行保険について紹介しましょう。 最近の保険の手続きはインターネットを利用することが多くなりました。 三井住友海上でもインターネット専用の海外旅行保険があります。 「ネットde保険@とらべる」です。 あなたの海外旅行を強力にバックアップしてくれます。 どこの海外旅行保険が一番おすすめなのかをランキング付けしているサイトがたくさんありますが、その中で1位になっています。 インターネットを利用した手続きの特長は価格が安いことです。 書面での手続きと比べると約49%の安くなるのです。 つまり半額ですね。 場合によっては半額以上の割引となる場合もあります。 何度も海外旅行をしている人の場合はリピーター割引も適用されます。 一般の海外旅行とは92日以内の短期旅行に限定されています。 それ以上の長期にわたる旅行は別扱いとなります。 これはどこの会社でも同じです。 海外旅行に限らず、現地でどのようなトラブルに見舞われるかわかりません。 そのために事前に保険に入るのです。 何事も起きなければ旅行を楽しむことができるでしょう。 海外旅行で気を付けなければならないのは荷物を盗まれたりすることです。 置き引きやスリに合わないように気を付けることは当然ですが、保険によって補償されていることも安心となります。 海外の病院にかかったことがある人はほとんどいません。 わからないことが多いため不安になるのです。 海外旅行保険で安心して旅行を楽しみましょう。