情報収集

せっかく旅行に行くのだから、滞在中その国を満喫できるように、事前に情報収集をすることが大切です。 海外旅行先が決まったら、現地の気候、時差などを調べてそれによって服装など持ち物を準備するようにしましょう。 海外旅行をツアーなどで申し込むと、ある程度の情報は旅行会社が冊子などでくれると思います。 基本的な市内観光などがついているツアーならば、有名な観光地への行き方などは調べなくても連れて行ってくれると思います。 しかし行った場所がどんなところなのか、よくわからずにただ連れていかれて見ているだけでは感動もなにもありません。 ある程度の情報、知識を持った上で歴史的な建造物、街並みを見るとすごく感動すると思います。 どうやって情報収集すればいいのか、準備段階で行うといいことを紹介します。 情報収集する方法はいろいろあります。 ・ガイドブックを見る。 ・インターネットで検索する。 ・渡航先の情報がある観光局へ行く。 一昔前までは、本で現地の情報をチェックするのが当たり前だったと思います。 しかし今はインターネットさえ見られれば多くの情報が手に入ります。 現地の観光局が作っているサイトを見たり、現地に住んでいる人が作っているサイトを見たりするとかなりのことがわかります。 各国にある観光局のサイトでは、現地の気候について、治安について、交通情報、観光スポット、イベント紹介、レストランガイドなど海外旅行に必要な最新情報がわかります。 電話で問い合わせして、パンフレットなどを郵送してもらうこともできますし、FAXしてもらうこともできます。 情報はありすぎて困ることはありません。 少しでも気になる場所、気になることがあれば調べて、必要なものがあれば準備しておくと旅行先で困ることはないと思います。

海外旅行保険の加入方法

種類にもよりますが、海外旅行保険に加入する場合は、いくつかの方法が用意されています。 これらの基礎知識も覚えておくと、いざ加入するという際にスムーズにいくので、できれば事前に確認しておきましょう。 まず、最も確実、かつわかりやすいのは、保険代理店で加入するという方法です。 つまり、旅行会社を介せずに加入するという事になります。 海外旅行保険を用意している保険代理店に、直接コンタクトを取って手続きを行います。 保険のプロが手続きを受け持ってくれるという点で、安心感は一番ありますね。 わからない事もしっかり丁寧に教えてくれるので、時間が許せばこの方法がベストでしょう。 次の方法は、旅行会社での加入です。 旅行会社と契約する際に、保険の方にも加入するという流れになります。 二度手間にならないので、スムーズな契約が可能ですが、旅行会社の提携している保険会社しか選択できないという事になります。 もっとも、大抵の場合はそれでもほとんど問題はありません。 また、インターネットでの加入も可能です。 他の保険もそうですが、近年ではネット上で加入手続きを行えるというケースが増えてきました。 旅行の予約や手続き自体をネットで行う人が多いという性質上、海外旅行保険は特にいち早くその手続きを導入しているので、こちらも手軽に行えます。 インターネットの基礎知識があれば、この方法を用いても良いでしょう。 さらには、空港で契約するという方法もあります。 空港には、海外旅行保険用の機械が設置されており、これを利用する事で旅行先での保険適用が可能となります。 ただし、機械対応なので、本当にその保険が自分に合っているのかといったアドバイスは受けられません。

海外旅行おすすめの安全な国<対日感情>

宗教色の非常に濃い中近東諸国そしてアフリカさらには東南アジアにおいても、いわゆる”お祈りの時間”というものがあって、日本人から見て非常に見慣れないことからついつい不慣れな行動をとってしまい、現地の人に良くない印象を与えるこになって、不本意な状況を生み出してしまうのです。 このことによって、訪問した日本人はいわゆる”偏見”に近いような感情をもってしまって、現地の人との違和感さえいだくようになり、安全な国としてのおすすめの対象から外れてしまうというような事態にまでなってしまうのでしょう。 国によってはかっての歴史的なことによる対日感情へのこだわりがあって、非安全な国とならざるを得ないことは、ネットでのレビューとか口コミでも知られることでしょう。 英語力不足による誤解とこれらが相重なって現象をよりいっそう大きく問題化していることもあるのです。 そして昨今はインターネットの急速な発展によって、治安の良い国とはいえその国への外国人の進入によってネットによる組織的な犯罪があることを見逃してはなりません。 言わずもがな、なんと悲しいかな日本国内でもすでにその実例があるのです! いかに治安の良い国となっていても、安全な国としておすすめできるとはいえ、スマフォなどの端末タブレットさらにはクレジットカード・キャッシュカードをいとも気軽に使用している日本人が多いのです。 いわゆるネット犯罪には万全を期しつつ、海外旅行ではおすすめの安全な国を訪問したいものです。