インド料理

旅行に行ったら現地に料理を楽しみたいものですよね。 日本人はカレーが大好きですから、インドでもカレーを食べてみたくなりますよね。 インド旅行での食事について考えてみましょう。 もちろん、日本で食べるカレーと本場のインドカレーは全然違います。 インド料理にはカレーに限らず、スパイスが利いたものが多いのです。 しかし、インドは日本よりはるかに広いですから、料理と言ってもその地域によってかなり変わってくるのです。 多民族国家であり、宗教による料理の制限もありますよね。 しかし、逆に考えれば多様なバリエーションを楽しめることになります。 大きく分けると小麦を主食とするのが北インド料理、米を主食とするのが南インド料理になります。 それから、ベジタリアン料理もあります。 また、海の近くなら淡水魚を材料にした魚料理もあります。 小麦を主体とした北インド料理の代表はスパイシーな焼き鳥であるタンドリーチキンやマトンの串焼きシークカバブが有名ですね。 それから、パンはナンやロティです。 一般の家庭には窯はありませんからフライパンで焼くチャパディやロティがメインです。 カレーの香辛料にはクミン、コリアンダー、カルダモンの他に、カシューナッツ、生クリームなど甘いものも用いられます。 南インドに比べると見た目が豪華です。 南インド料理では米を使います。 野菜だけを食べる菜食主義者も多いことから、料理には野菜がたくさん入ります。 全体的にヘルシーなメニューと言えますね。