格安インド旅行

何度も旅行に行こうと考えているのであれば、格安の旅行を計画することが大切です。 インドに格安で旅行をする時のポイントを考えてみましょう。 まず、インドへ行くには航空機となります。 航空機は格安航空券が販売されていますから、インターネットでそれを調べて見ましょう。 東京からインドのデリーまでであれば、片道約26,000円から40,000円も幅があります。 もちろん、航空会社も違いますし、いろいろと制限事項が付いているチケットもあります。 安いチケットを探すのはいいですが、購入する前に十分確認しておくことが大切ですね。 インドのホテルは高級ホテルを選ばないのであれば、予約なしでもかまいません。 簡単に泊まることができるのです。 もっとも、インドのホテルや食堂などは衛生状態がよくありません。 インド旅行に行ったら、食べ物と飲み物、特に生水には気を付けるよう言われるはずです。 旅行の初日に生水を飲んで、下痢を起こして散々な旅行になった人もたくさんいるようですね。 格安旅行をしようと考えるならば、それらのリスクは自己責任と割り切っておくことが大切です。 また、格安の旅行ツアーもあります。 ツアーの金額は幅がかなりありますから、その内容を十分確認しておかなければなりません。 ツアーと言ってもホテルの場所も日程もほとんど未定の場合もあります。 つまり、行き当たりばったりのツアーもあるのです。 それはちょっとインドらしいと言えるかもしれません。 たいていの人は適当なのですよ。 ただ、ぼったくられないように気を付けておきましょう。

インド旅行ツアー

インドにはたくさんの世界遺産があります。 インド旅行をする時にはそれをいくつ見るかによって日程が大きく変わってきますね。 何しろインドは広く、旅行の日程を決めるのに移動距離を考慮しておかなければならないからです。 世界地図で見ていると、何となくそれほど広くないイメージがありますが、じっくりと見ているとやはり広いです。 初めてインドの旅行をするならば旅行会社のツアーを選んだ方が無難です。 もちろん、本当にインドの魅力を知るには不十分かもしれませんが、衛生面や安全面のことを考えておく必要があるからでし。 日本と比べると非常に不衛生です。 また、安全面ではそれほど心配はありませんが、タクシーの価格交渉など現地語でやらなければなりませんから、旅行の楽しみ以外の部分で気を使ってくたびれてしまう可能性が高いのです。 何度もインドを訪れている人ならば話は別ですけどね。 さて、代表的なツアーを紹介しましょう。 キャセイパシフィック航空の7つの世界遺産を巡るインドの周遊旅行です。 ゴールデントライアングルと呼ばれているデリー・アグラ・ジャイプールの3都市を周ります。 ホテルも高級ホテルです。 費用は16万から25万円くらいです。 もっと安いツアーもありますが、安心をお金で買うと思ってください。 滞在中は日本語が話せるガイドが同行します。 そして、毎日ミネラルウォーターが1本ずつもらえます。 これは現地の水は飲まない方がいいと言うことを意味しているのですね。 インドとはこんなところなのです。

フリーの台湾観光旅行

自分のスタイルに合わせて、フリーな台湾旅行を計画してみてはどうでしょうか。 飛行機とホテル、送迎がセットになったツアーがあります。 その他は自由行動となります。 観光地巡りは事前に調べておくことが大切です。 その土地のことや歴史を知っておくことで、感動が違ってきますね。 台湾にはホテルがたくさんありますが、ピンからキリまでありますから、選ぶ時は注意しましょう。 旅行会社に問い合わせながら選ぶと一番確実です。 インターネットの口コミサイトなどの情報だけで判断してしまうと、間違いの元になるでしょう。 台湾の中でも一番の都市は台北です。 ホテルを台北に取って、そこから自由行動で台湾の観光地を見て周るパターンが一番わかりやすいでしょう。 もちろん、予算に合わせてホテルを選ばなければなりませんが、あまり安いホテルは本当に寝るだけのことになってしまうかもしれません。 若いバックパッカーならそれで十分ですが、中高年の旅行者にとってはちょっと厳しいかもしれませんね。 国内旅行でも同じですが、海外旅行の予約を早めにしておくと割引が利きます。 一ランク上のホテルを選んで、割引を利かせましょう。 旅行会社によってはメンバー割引なども利用できます。 台湾の観光では日中と夜があります。 美しい夜景を見ながらの食事もいいものです。 台北にある展望台の眺めがすばらしいでしょう。 夜は士林夜市が有名です。 自由散策してみませんか。 台北なら九ふん名物のスイーツを食べてみたいですね。 白玉のぜんざいです。

台湾観光旅行ツアー

日本だけではなく、海外にも支店を持つHISの台湾観光旅行のツアーを見てみましょう。 故宮博物院や中正記念堂といった、台湾観光のメインの場所をツアーに組み込んだパターンや若い人に人気のある線と千尋の神隠しの舞台である九ぶん観光ツアーなど、目的に合わせて選択することができます。 台北4日間のツアーでは旅行代金が4万円から12万円ぐらいの幅があります。 もちろん、選択するホテルや観光名所の数などによって金額が異なります。 自分の予算に合わせて選べばいいのです。 一番安いのはエコノミークラスホテルの4日間です。 食事は朝食の3食のみです。 金額は曜日によって大きく異なります。 もちろん、土日を含む期間が一番高くなりますね。 日中は台湾料理を紹介してくれる昼食付の市内観光を選ぶか、終日の自由行動です。 気の置けない友達と刊行するのならば自由行動もいいでしょう。 その代わり、事前に観光地などを調べておくことが大切ですね。 台北までの移動は飛行機で4時間もかかりません。 その日のうちに楽に到着できるのです。 おおよそのスケジュールは初日に成田から台北空港に移動し、免税店に立ち寄ってホテルに直行します。 翌日は終日自由行動か、市内観光案内が選択できます。 3日目は自由行動です そして、4日目は免税店での買い物と帰路になります。 実質的には2日間の観光となります。 旅行で重要なのはホテルですよね。 価格だけを見てツアーを選んでしまうと、安いホテルになってしまい、ちょっとがっかりすることが多くなります。 余裕があれば一ランク上のホテルのツアーにした方がいいでしょう。

お得なツアーの見分け方2

続いて部屋について説明します。 海外旅行で「ハワイ」とか「グアム」といったビーチリゾートへ行く場合には、ダブルルームを選ぶといいと思います。 大概の場合「ツインルーム」でツアーが組まれていることが多いです。 しかし、カップル、夫婦など2人組みが多いこともあり、リゾートホテルではダブルルームの方が景色のいい側になっていることが多いのです。 旅行会社を通して申込み場合は、リクエストしてみてダメならば現地でリクエストしてみると意外に受け付けてくれることがあるので試すといいと思います。 そしてツアーで最もポイントとなるのが「オプション」です。 日本の旅行会社を通して申し込むオプショナルツアーはかなり割高です。 できるならば現地で直接申込みした方がかなりお得です。 ただしすでに満席でツアーがあいていないとか、予約している時間がないという場合もあるため、現地で時間にゆとりがある場合におすすめします。 偉大な遺跡、きれいな景色というのは郊外にあって、交通機関では行きにくいようなところがほとんどです。 オプショナルツアーを利用すれば、交通手段を調べる手間もありませんし、時間の節約にもなって、効率よくまわることができます。 また市内にいくつも観光スポットがある場合、個人で交通機関を利用していくとなるとかなり時間がかかります。 オプショナルツアーでは、半日で4ヶ所、5ヶ所、あるいは一日で7ヶ所、8ヶ所と回れるものもあります。 連れて行かれる感があって大変なこともありますが、じっくりではなく、複数の観光スポットをさっと見て回りたい人におすすめです。 特に旅行期間が短い場合には、市内観光に時間をそこまでかけていることはできないため、オプショナルツアーの利用は有効的です。 自分がどこの観光地を見て周りたいのか事前準備の段階でチェックしておくことが大切です。 ある程度行きたいと思った先を周ることのできるツアーを選ぶことが大切だからです。 自分の興味を持った、条件にあう海外旅行先、ツアーを探すために情報収集は欠かせないことです。 しっかりと事前準備をして、現地では思いっきり楽しんできてください。

お得なツアーの見分け方

何よりも大切なことは、海外旅行へ行く手配をすることです。 事前に各旅行会社のパンフレットをとってきて見比べたり、インターネットで調べたりするなどして準備しなければいけません。 いくつかの情報を得た中から、どの海外旅行がお得なのか見極めていきます。 お得なツアーの見分け方についてポイントを紹介していきます。 海外旅行でポイントとなるのは、ホテルです。 あまりに治安の悪い場所にあるホテル、格安ホテルだと現地での状態が心配になってしまいます。 安全に安心して旅行するためにも、ホテル選びは大切です。 海外のホテルをチェックするポイントは2つ。 「ランク」と「立地」です。 「三つ星ランク」とか「四つ星ランク」といった具合にホテルのランクがされていると思います。 ランク外になるようなホテルは避けた方がいいです。 またいくらランクの高いホテルでも市街地から離れた不便な場所にあるホテルは避けた方がいいと思います。 見知らぬ土地で利用するホテルですから、市の中心地にありある程度のランクがあるホテルを選ぶようにしましょう。 ツアーの場合、部屋までは指定できませんが、個人でホテルを予約するところから全部準備している人ならば、予約の際に部屋のランク指定ができると思います。 高級ホテルのランクが低い部屋と中級ホテルでランクが高い部屋があった場合は、高級ホテルでランクの低い部屋を予約するといいです。 部屋のランクが低いと言っても、高級ホテルですし、ロビー、レストランなど共有部分は断然そちらの方がきれいだと思うからです。

現地ツアー

日本から事前にツアーのオプションを予約しているケースが多いと思います。 しかしそれ以外にも魅力的なツアーを見つけたら現地で直接申込みをして参加することができます。 日本ではできない体験を海外で積極的にしていくことも海外旅行の楽しみの1つです。 事前準備が間に合わなくても、おもいつきで現地で参加を決めても間に合うオプショナルツアーはたくさんあります。 もちろん人気のツアーの場合は、空きがないことも考えられますから、そういったものは事前予約するしかないと思います。 現地ツアーには、現地の観光スポットにあちこち連れて行ってもらえる市内観光、ホエールウォッチング、イルカウォッチング、テーマパークツアー、各種体験、イベント参加などいろんなものがあります。 初めて海外旅行へ行った国の場合、まずは市内観光がおすすめです。 自分で周ったらきっと何日あっても周りきれないようなところも、半日か1日で何箇所も見どころを案内してくれます。 自分だと移動する交通手段だけでもかなり大変です。 時間がない場合には半日観光でも十分です。 ショッピング好きには、アウトレットモールへ連れて行ってくれるツアーがおすすめです。 交通手段を探す手間もなく、ホテルから連れて行ってもらえるので大変便利です。 エンターテイメント性のある国ならばショーがおすすめです。 ラスベガスならばぜひ本場のショーを1つは見てほしいと思いますし、ハワイならばフラダンス、ハワイアンダンスといったショーを見てほしいと思います。 日本ではなく海外に来ていると実感できる特別な時間を過ごすことができると思います。 人気があるショーなどの場合には、事前に情報収集、予約と準備して現地へ赴かなければ参加するのは難しいかもしれません。 レストランで食事をしながら気軽に見ることのできるショーなどもありますから、現地のツアーデスクなどで聞いてみるといいかもしれません。

旅行会社の選び方

いざ海外旅行に出かける事を決めた場合に、まずすべき事はやはり「行き先の決定」です。 行き先が決まらない事には、荷物も決められませんし、日程もままならないですよね。 当然、旅先の基礎知識などもそうです。 よって、最初はどこへ行くかを決める必要があります。 ただ、行き先を決めていなくてもできる事はあります。 それは、旅行会社の選定です。 というのも、いくら行き先を特定していても、ツアー等を利用する場合、旅行会社がその行き先のツアーを用意していなければ、意味がありません。 そのため、先に旅行会社を決めて、その用意しているパッケージツアーの中から行き先を決めるという方法も成立するのです。 もちろん、逆に行き先から旅行会社を決めるという方法もあります。 どちらにするかは、優先度次第です。 行き先を優先するか、旅行会社(安心やコスト面)を優先するかですね。 いずれにしても、旅行会社は早めに選ぶ必要があるでしょう。 海外旅行というものは、それなりにリスクのある娯楽です。 よって、そのリスクはなるべく排除したいところ。 では、どうすれば排除できるのかというと、旅行先で安心して遊べる環境作りをするという事に尽きます。 治安が悪い場所には一切近寄らない、注意喚起をしてくれる、スケジュールの管理をしてくれる等というエスコートがあれば、安全安心の旅を堪能できるでしょう。 旅行会社はこういった部分を担ってくれるので、どの会社を選ぶのかという事は、そのまま安全管理にダイレクトに影響するという事になるのです。 まずは旅行会社の評判や実績などを見極め、基礎知識を蓄えた上で、どこにお世話になるかを決める必要があるでしょう。

海外旅行の形態

行き先が違うだけで、基礎知識をはじめ、数多くの点で大きく変わってくる海外旅行。 その違いは、旅行形態によっても発生します。 海外旅行というと、いわゆる「ツアー」の印象がかなり強いのではないでしょうか。 旅行会社が企画したツアーに参加し、共通の目的を持った大勢の人達と移動を共にして、そこから自由行動…というパターンですね。 あらかじめ企画されたツアー計画に則る形で進行していくので、航空便から現地の宿泊、交通、観光地の選別など、全て旅行会社が管理しており、お金さえ払えば、あとはほとんどの手続きをしてくれるというのが大きく、人気を博しています。 海外ツアーにはさまざまなメリットがあり、利用者数も非常に多い旅行形態ですが、問題点もあります。 それは、自由度があまり高くない点です。 スケジュールに則って行動するので、気分次第で動くという事が困難です。 また、自分ではほとんど準備をしないで良い分、あまりその旅行先に関する基礎知識などの予習をしないため、思い入れという点でもあまり深く立ち入る事がしにくい状況が生まれてしまいます。 一方、自ら準備をして旅行計画を立てる「手配旅行」の場合は、基礎知識等を身に付けなければならない分、準備にかなり時間がかかります。 その分思い入れが生まれ、かなり意義深い海外旅行になる事も多く、決してデメリットばかりではありません。 場合によっては、ツアー以上に穴場のコースを見つける事もできるので、格安で旅行できる可能性もあります。 とはいえ、安全面を考慮した場合など、ツアーの方が良いという点も少なからずあります。