ニュージーランドのアクティビティ

日本の冬休みや年末年始の海外旅行は、やっぱり暖かいところがいいですよね。日本が寒い冬でも南半球のニュージーランドは、暖かく快適な夏です。 ニュージーランドへ海外旅行するのなら、ぜひ壮大な自然の中で楽しむアクティビティを体験してください。アクティビティというと、日本人にとってもはあまり身近なものではありませんが、ニュージーランドの人たちにとっては、週末にアクティビティを楽しむのが一般的となっています。 ニュージーランドは島国です。そのため、水上で楽しむアクティビティが特に盛んです。たとえば、ゴムボートで急流を下るラフティングや高速スピードで狭い岩壁の間を疾走するジェットボードなど、スリルを体中で存分に楽しめるアクティビティ、船の上から雄大な景色を眺めながら贅沢な時間を過ごすクルーズ、美しい水面を気の向くままに操るカヤックやカヌー、日本では味わえないようなパワフルな釣りを体験できるフィッシングなど、水上で楽しめるアクティビティは数えきれないくらいあります。 夏や暖かいところで楽しむアクティビティでも、ジェットボードなどのスピードが出るものは、風に当たると寒いと感じるくらいなので、暖かいジャケットなどの上着やタオルを用意しましょう。 また、ニュージーランドは日差しが強いので、サングラスや日焼け止めクリームも必要です。サングラスについては、フィッシングを行う場合、偏光サングラスを使う方が多いと思いますが、偏光サングラスは、鮮明な視界をそのままにさらに目が疲れないので、他のアクティビティの際にもおすすめです。

ニュージーランド旅行について

暖かいところへの海外旅行として、ニュージーランドを選ぶ方は多いと思います。それでは、ニュージーランド旅行について紹介します。 ニュージーランドの季節の楽しみは、日本とは逆の時期になります。たとえば、スキーを楽しみたいならニュージーランドの冬にあたる6~8月、ハイキングやアクティビティなどはニュージーランドの夏にあたる12月~2月がシーズンとなります。 海外旅行を取り扱う旅行会社では、ニュージーランドのさまざまなツアーが用意されています。1つの都市を集中的に周遊するにしても、一都市に観光地がとても多いので5日は必要になります。他の都市も回るツアーならば、さらに2、3日使って主要な観光スポットを回ることになります。ニュージーランドは北島と南島があるため、そのどちらも観光するツアーならば、8日間以上必要になります。 ニュージーランドへのフライトは、日本を夕方に出発して、翌日の午前中に北島のオークランドに到着する直行便があります。北島と南島があるので、どこを拠点に回るのかでそのツアー内容は違ってきます。 寒い冬の日本から暖かいところを求めてニュージーランドを訪れるなら、南島南部にある都市で、ニュージーランド屈指のリゾート地である「クイーンズタウン」がおすすめです。美しい山々の景色の中で、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。夏の時期は、夜の21時になっても外が明るいので、一日にそれだけ長く楽しめるのです。

日本と真逆の季節「ニュージーランド」

寒い冬休みや年末年始の海外旅行は、暖かいところに行きたい気分になりますよね。日本が寒い冬の時期の海外旅行でおすすめなのが、気候が良くて過ごしやすい南半球の国です。それでは、南半球でおすすめの海外旅行として、“ニュージーランド”を紹介します。 ニュージーランドは、日本と同じように四季がありますが、南半球に位置するため、季節は日本と真逆になります。夏の最高気温は平均20度~30度と過ごしやすく、冬は10度~20度で積雪がほとんどなく、一年を通して温暖な気候です。 ニュージーランドの春から秋である10月~3月が観光のベストシーズンですが、一番暖かくなる12月~3月の夏でも一日の気温差が大きく、急に寒くなったり天候が変化したりすることがあります。そのため、ニュージーランドの醍醐味であるアクティビティやハイキング、自然を楽しむ際は、万全の準備が必要になります。 また、10月~3月のベストシーズンには、暖かいところを求める観光客が増えるので、観光ツアーやホテルは事前の予約が必要になります。特に、北島の北部は最高の天候で、オークランドはニュージーランドで最も暖かいところということで、大変人気の高い都市です。 12月のニュージーランドでは、真夏のクリスマスシーズンを楽しむことができます。ビーチでバーベキューやピクニックをしたり、綺麗にライトアップされた街のイルミネーションを楽しんだり、寒い日本のクリスマスとは全く違った楽しみ方ができますよ。

海外旅行おすすめの安全な国<ニュージーランド>

海外旅行での安全な国としてのおすすめは、前記の北ヨーロッパとはまったく正反対ともいうべき南半球に位置するオーストラリアそしてニュージーランド地方が挙げられています。 とりわけ日本からの女性による独りまたはグループで観光目的によって訪問するまさにおすすめの安全な国のトップ的な存在になっているようです。 訪問したてきた女性、あるいはこれから出かける女性などに訊くと、国の関係省庁による統計的な調査結果において治安が良くて危険度が低く安全と判断された一覧によっても安全な国とみられるし、なによりも英語が十分に使えることも主張されています。 気候的には、日本とはまったく正反対であることにも興味が持たれるようです。 つまり真夏の日本を去ると、真冬の世界に着けるということです! 日本からは飛行機でおおよそ15時間ほどで、これまた別世界を堪能できるのですから、まさにおすすめの安全な国といえるでしょう。 しかしネットでのレビューによると長年ニュージランドに住んでいる人に言わせると、日本人があまりにもハメを大きく外して安全から遠ざかっているかの人が居るようにも述べていますので、いかに治安が良いとはいえ日本人のマナーに関係してくることです。 なお面白いのは、ニュージーランド地方での世界地図は、日本でも稀に見ることがありますが、上下が反対になっているのです! 一見じつに奇妙に感じてしまうのはとうぜんのことです。 時間があればぜひともフィジー諸島をも訪れて一種独特の海辺の雰囲気に浸ってみましょう。