海外旅行おすすめの安全な国<フインランド>

先にも少し触れましたように、われわれの普通の世界地図においては、日本の位置は中心になっているでしょう。 この場合にシンガポールなどの地方を、東南アジアとよんだりサウジアラビアの地方を中近東とよんだりしていますが、だれしもがとくに異常とは思っていないようです。 しかし方角的にはまたく違いますね。 そこでこの普通ではないもうひとつの地図を見てください。 なんと日本は地図の右端すなわち東の果てつまり”極東”なのです。 したがって上述の地域の呼び方も欧米を中心にしてのことです。 それはさておいて、日本が中心の世界地図を眺めて、あなたがもっとも行きたい国はどちらでしょうか? 国の関係省庁による治安が良くて危険度の低い国としては、北欧つまり北ヨーロッパの大三国すなわちフィンランドとスウェーデンそしてノルウェイが挙げられ、さらにはデンマークも含まれてくるでしょう。 とりわけフインランドこそは、世界一治安の良い国の第一候補ともなっており、おすすめの国のトップでしょう。 日本でも有名な作曲家ジャン・シベリウスの家へもぜひ訪ねてみましょう。 歴史的にはロシアの影響を受けた建物そしてなによりもムーミンの世界さらに森と湖そしてオーロラも見えるのです! とても多くの湖水地方を歩くと、一種異様な郷愁のようなものを感じるでしょう。 日本では温泉などで親しまれているサウナとはこの湖水での習慣のものが日本ではいつのまにか温泉用語になってしまっています。 首都のヘルシンキには、空港からの観光バスが珍しい街並みなどを見せてくれ、まさに湖水地方とともに夢のような時間を過ごせるでしょう。

海外旅行おすすめの安全な国<北欧>

初めての海外旅行は、なにをおいても安全な国としておすすめの候補になっている国を選びたいものです。 日本には国際空港が大小あわせてとてもたくさんありますが、空港入り口のゲートでの検閲などを終えると、もうそこは日本ではなくて外国扱いになるのですから、免税品店もありますし自分の周囲を見ると外国人ばかりというケースも決して珍しくありません。 雰囲気的になんとなく”気おくれ”のようなものを感じてしまうことがあるものです。 まして女性の一人旅ともなれば、なおされのことであり、おすすめの安全な国の土を早く踏みたい気持ちになるでしょう。 無事に飛行機のシートに座って、あなたにとっておすすめの安全な国のトップであるフィンランドまでの15時間ほど、あなたの前後左右ともに青い目の大男たちに囲まれてしまった心境にゆったりと耐えられるますか? なお直行便であれば問題はないでしょうが、パリなどを経由したときに自分の荷物が間違って下ろされてしまうことがあるもので、そうなるとおすすめの安全な国への海外旅行が、スタート時点から不愉快なケースになってしまうのです。 このようなケースには、航空会社の責任によって、パリからフインランドのヘルシンキ空港を経てホテルまで荷物を届けてくれることになっていますが、大半は洗面要具一式をお詫びの印しにくれたりするものです。 このようにトランジットがある空路でしたら、おすすめの安全な国に着く前にバッゲージクレームに出遭うということです。 なお前記のニュージランドと同様に北欧の諸国も治安が高くて安全な国のおすすめの対象であることを知っておきましょう。