台湾のホテル

台湾の観光旅行はホテルが大事ですね。 ホテルの人気ランキングを見てみましょう。 一位は「レスイーツ台北チンチェン」です。 おしゃれなホテルとして賞を受賞しています。 口コミ情報によれば、立地とスタッフは最高と言うことです。 駅からも近く、女性の旅には安心できます。 スタッフは日本語がすらすらと話せるわけではありませんが、英語で丁寧に話してくれます。 リラックスできる雰囲気ですね。 朝食もおいしいようです。 朝食は無料ですが、十分満足できるレベルです。 観光旅行では食事の質が楽しみの大きな要素となるようです。 ホテルの近くにはシャンプーが激安の美容院があります。 台湾は暑くて、汗ばみますから女性にとっては毎日のシャンプーが欠かせませんね。 部屋はシックな感じで落ち着くことができます。 その点、このホテルは十分及第点でしょうね。 口コミ投稿で悪い発言はありません。 リピーターの人も多いようです。 ホテルの設備を紹介しておきましょう。 それから、高速インターネットが準備されていますから、ネットがないと落ち着けないと言う人にはお勧めですね。 この他にフィットネスクラブや子供向けの用具もあります。 もちろん、バー・ラウンジはホテル内にあります。 気になる宿泊料金ですが、おおよそ1万8千円です。 格安ホテルを考えている人にとっては、ちょっと高いですね。 ホテルはある程度レベルの高いところを選んで、その他の部分の予算を削ると言う旅行もあります。 人それぞれの考えですね。

韓国旅行・憧れのホテルに泊まる

海外旅行では特に重要なポイントになるホテル選び。 韓国旅行に行く場合、どんなホテルを選ぶのがいいのでしょう。 安全性や、清潔さ、観光地へのアクセス、周辺の利便性や、そしてなによりコストパフォーマンスなど、たくさんのチェックポイントがありますね。 韓国では、国の花であるムクゲの数でホテルのランキングをあらわします。 これは星と同様に5つのムクゲがついているのが最高級で、「特1級」と呼ばれ、金色で表示されます。 そして特2級、1級、2級・・・とランク付けされています。 ソウルの繁華街、明洞地区で有名なのがウェスティン朝鮮ホテル。 このホテルはギネスブックに韓国最古のホテルとして記録されているほど、伝統あるホテル。 しかも、明洞の地下街と、地下鉄の駅も直結していて、交通の便のよさも抜きん出ています。 ホテルの敷地内には、古くからの建造物も残されているのも、風情があります。 ロビー、フロントの高級感あふれる雰囲気は一軒の価値ありです。 また、ロッテホテルも有名ですよね。 ロッテホテルソウルは、ホテル内に10店舗ものレストラン・カフェがあったり、フィットネスジムや免税店もある大型高級ホテル。 とっても便利ですよ。 女性専用客室フロアもあって、女性どうしでの旅行にもオススメ。 隣にはロッテデパートがありますし、明洞もすぐそばで、立地も最高です。 どちらも日本語対応のホームページがあり、インターネット予約も可能なのは助かります。 ホテル代はケチらずに、ラグジュアリーがに過ごしたいという方にオススメのホテルです。

ホテルの予約の仕方

国内旅行の場合もそうですが、旅行先で宿泊するホテルには、事前に予約を入れておくのが常です。 予約なしでいきなり押しかけても、泊まれるとは限りません。 特に観光シーズンは、ほとんどの場合満員となっており、宿泊は困難です。 そうなってしまうと、最悪野宿という事になりかねません。 国内であれば、宿泊施設の代わりに時間をつぶせる施設がある程度確立されていますが、海外ではそういった所があるとは限りませんし、あっても見つけるのは大変です。 そういった事態にならないためにも、海外旅行の際には事前に予約をしておきましょう。 ホテルの予約の基礎知識としては、いくつかの方法が存在するという点が第一に挙げられます。 最も単純かつわかりやすい方法としては、直接ホテルに電話して予約するという方法です。 現地の言葉が堪能な場合は、これでも問題ないでしょう。 インターネットの基礎知識があれば、ネット上での予約も可能です。 言葉がわからない場合は、別の方法をおすすめします。 ツアーの場合は旅行会社が用意しているケースが多いので、特に予約の必要はありません。 また、ツアーを利用しなくても、旅行会社に依頼して予約してもらう事ができます。 日本にもあるホテルチェーンなら日本で予約窓口を開設しているので、そちらを利用するという方法もあります。 日本語で予約できるので、言葉の壁は心配しなくて済みます。 また、ホテル予約専門のサービス会社もあるので、海外旅行の際にはそういった所を利用するという手もあります。

海外のホテルの基礎知識

海外旅行の楽しみのひとつとして、多くの人が挙げるであろうホテル。 日中を観光や娯楽に費やした後の癒やしの空間として、ホテルは非常に重要な拠点となります。 また、旅行に来たと最も自覚するのが、このホテルでのひと時でしょう。 単なる遠出ではなく、家ではない別の施設に宿泊する事で、旅行にやって来たという気分を明瞭に味わえるのです。 まして海外となると、それはさらに顕著になります。 特に初日はなかなか気の休まらない緊張の連続で、ヘトヘトになった状態でチェックインするケースも多いでしょう。 そのため、海外旅行におけるホテルは、特別な意味を持ちます。 ただ、言葉が通じない等、ホテルにおいても少なからずトラブルの種はあります。 そういった心配事の芽を少しでも摘むためには、事前に基礎知識や常識などを頭に入れておく必要があるでしょう。 海外のホテルの基礎知識として学んでおきたいのは、チップです。 これは日本にはない習慣なので、多くの人が混乱するかもしれません。 基本的に、ホテルにおいてチップが必要なのは、「荷物を運んでくれるベルボーイ」「タクシーを呼んでくれるドアマン」「ルームサービスなどを部屋に運んでくれるスタッフ」に対してです。 それ以外の、たとえばホテル内にあるレストラン等では、チップを渡す必要はありません。 チップを渡す際には「ありがとう」という意味の現地の言葉をいうと良いでしょう。 英語ならサンキュー。 フランスならメルシーという感じです。