海外での食事を楽しもう

外国へ足を運んだ際に、是非堪能したいのが料理です。 世界各国、その国ならではの文化がありますが、それが一番はっきりと現れているのは、食事です。 その食事を楽しむ事は、その国の文化に触れるという事でもあります。 そういう意味でも、海外旅行の際にはその国ならではの食事を楽しまないともったいないですよね。 その国の食事の基礎知識を予習しておき、食べたい物をロックオンしておきましょう。 ただ、海外での食事は、日本とは異なるマナーがあります。 特に大きな違いとなるのは、チップですね。 チップの基礎知識も、なるべく事前に学んでおきましょう。 アメリカやヨーロッパへの海外旅行の際、レストランに入る時にはチップを用意しておく必要があります。 最低限のマナーとして、サービスを受けた際にはチップを支払う事は覚えておきましょう。 ただし、国によっては支払う必要がない場合、最初から勘定にチップが含まれている場合があるので、どの国にどんなマナーがあるのか、あらかじめ調べておくと良いでしょう。 チップ以外にも、レディーファーストや食事中に音を立てない、ワインはウエイターが注ぐのを待つなど、マナーの基礎知識はある程度頭に入れておくようにしましょう。 高級レストランの場合は、予約が必要になってきます。 基本的には、予約は現地に着いた時点で行う方が良いでしょう。 もし、そのレストランありきで海外旅行をするのならば、日本で予約していても構いませんが、あまりメリットはありません。

海外旅行おすすめの安全な国<ニュージーランド>

海外旅行での安全な国としてのおすすめは、前記の北ヨーロッパとはまったく正反対ともいうべき南半球に位置するオーストラリアそしてニュージーランド地方が挙げられています。 とりわけ日本からの女性による独りまたはグループで観光目的によって訪問するまさにおすすめの安全な国のトップ的な存在になっているようです。 訪問したてきた女性、あるいはこれから出かける女性などに訊くと、国の関係省庁による統計的な調査結果において治安が良くて危険度が低く安全と判断された一覧によっても安全な国とみられるし、なによりも英語が十分に使えることも主張されています。 気候的には、日本とはまったく正反対であることにも興味が持たれるようです。 つまり真夏の日本を去ると、真冬の世界に着けるということです! 日本からは飛行機でおおよそ15時間ほどで、これまた別世界を堪能できるのですから、まさにおすすめの安全な国といえるでしょう。 しかしネットでのレビューによると長年ニュージランドに住んでいる人に言わせると、日本人があまりにもハメを大きく外して安全から遠ざかっているかの人が居るようにも述べていますので、いかに治安が良いとはいえ日本人のマナーに関係してくることです。 なお面白いのは、ニュージーランド地方での世界地図は、日本でも稀に見ることがありますが、上下が反対になっているのです! 一見じつに奇妙に感じてしまうのはとうぜんのことです。 時間があればぜひともフィジー諸島をも訪れて一種独特の海辺の雰囲気に浸ってみましょう。