日本とインド

インドと日本の関係は良好です。 国同士の付き合いとしてはパートナーとしてうまくやっているのです。 しかし、日本人旅行客と現地のインド人はどうでしょうか。 日本の旅行客は現地では歓迎されます。 歴史的な背景としてインド人が日本人を嫌う理由がないからです。 それは中国や韓国などと比較してみればすぐわかることでしょう。 しかし、そのような歴史的な背景とは関係なく歓迎されているのは、日本人がお金持ちだからです。 もちろん、日本でお金持ちと言うことではなく、物価が安いために日本人には普通にお金を使っているつもりでも、現地の所得レベルと比較するとお金持ちなのです。 インドを旅行する日本人はバックパッカーが多いらしいです。 歴史的な建造物を見たいと思っている人は多いのですが、ホテルの予約もせずに一人旅をしようと考えている人がそれほど多いとは思えません。 もちろん、若い時にはどんどん海外で冒険するのもいいでしょう。 インドは治安が悪いわけではありませんから、お金さえケチらなければ身の危険を感じることはないかもしれません。 しかし、何事も交渉で進むインドの商売です。 交渉慣れしていない日本人がカモになってしまうのも仕方のないことでしょう。 表示されている価格は交渉の前段階なのです。 日本の技術がインドで使われていることもよくあります。 インドの地下鉄は日本からの輸入なのですよ。 女性の場合はナンパ目的の男性が道を歩くたびに声をかけてきます。 決して勘違いしないようにしましょう。