初心者の台湾観光旅行

家族旅行として初めて台湾ツアーに出かけた人の話です。 インターネットでツアーを探して、台湾横断と言う14日間のツアーに出かけたそうです。 家族でこれだけ長期間の海外旅行ができるなど、うらやましい限りですよね。 見どころを巡る台湾横断の旅は、高雄・台南・台中・台北・日月潭を巡る旅でした。 このツアーのよいところはすべての食事が付いていることです。 食事は自分で食べたいものを選ぶツアーが多いのですが、初めての国で、何を食べればよいのか迷ってしまいますよね。 ツアーに食事が付いている方が、何も考えずに済むのです。 この家族の場合は、初めての台湾ではありません。 ある程度慣れているからこそ、このような長期の旅ができるのでしょう。 台湾の観光地をじっくりと見る旅行は意外と時間がかかりますよね。 1か所に1日としても、観光地が多いのです。 ツアーに参加した時の記録をネットで公開することで、自分たちの思い出にもなりますね。 海外旅行で食事先を決めていたとしても、いざ現地に着いたら店がないと言うこともあります。 そのような時には食事の場所を探すのが大変になりますね。 ツアーで食事付を選ぶかどうかは、そのようなリスクも考えておきたいものです。 ツアーと言っても、添乗員がいなければ、予約にしたがって食事やホテルを移動することになります。 途中で迷子になっても誰も助けてくれないのです。 初めての台湾旅行ならば、長期間のツアーは止めておいた方がいいでしょう。 さらっとしたスケジュールで、ちょっと物足りなさが残る程度がいいでしょう。

台湾観光旅行の事件

台湾を旅行していた女子大生が殺害される事件が過去に起きています。 1990年のことです。 台湾へ一人旅をしていた大学生がタクシー運転手に殺害されたのです。 この事件が起こってから、日本からの台湾旅行は激減しました。 台湾の観光業界に大きな打撃を与えたと言われています。 事件は、女性が帰国予定で予約していた飛行に搭乗せず、帰国しなかったためにわかりました。 彼女の母親が台湾に行き、日台交流協会を通じて警察署に捜査を依頼したのです。 当時の捜査では彼女の行方はなかなかわかりませんでした。 そこで警察は懸賞金として5万台湾元で情報提供を呼びかけましたし、同時に家族も日本円で50万円の懸賞金を出したのです。 被害者の母親は何度も台湾に行き、捜査の進展を見守ってきました。 そして、およそ1年後になって、タクシー運転手が捜査の網にかかり逮捕されたのです。 犯人の自供によると、被害者は殺害された後、衣服や所持品が捨てられ、遺体はガソリンをかけて燃やされたと言うことでした。 直接の被害者でなくてもこの事件で大きなショックを受けた人は多かったようです。 確かに、台湾に旅行に行く気にはならないですよね。 外国旅行では日本と同じ感覚になりがちですが、外国であることを忘れてはいけません。 それほど日本は平和な国なのです。 台湾には観光名所がたくさんあります。 そこに住む人たちのほとんどは日本人を歓迎してくれます。 しかし、このような事件が両国の関係を大きく損なってしまうことも事実なのです。

台湾観光旅行の予約

海外旅行は航空機やホテルの手配を確実にしておかなければなりません。 現地に到着して、予約されていなかった時などは途方に暮れてしまいますよね。 それが心配なら旅行会社のツアーを選ぶことですね。 台湾の観光旅行へは日本からたくさんの人が出かけています。 風土的にも日本に近いですから、初めての海外旅行に適しているのでしょう。 台湾ではインターネットが日本と同じように普及していますから、予約はネットでできます。 もちろん、日本の旅行代理店を通しての予約となります。 現地での自由時間を確保したいと思うならば、航空機とホテルだけの予約ツアーはどうでしょうか。 また、予約をする前にホテルの口コミを読んでおきましょう。 世界最大の旅行口コミサイトである「トリップアドバイザー」ではネットで予約できる旅行サイトへ直接リンクされています。 口コミサイトでホテルを決めたならば、そのまま予約の画面に入ることができるのです。 手順は難しくありません。 国内ホテルの予約と変わらないからです。 旅行の目的によって、ホテルや宿泊地を決めることが大切ですね。 数日間滞在して、台湾をじっくりと観光したいと思う人もいるでしょう。 ビジネス目的で、できるだけ安いホテルを取る人もいるのです。 台湾には世界が注目する先端技術の工場もたくさんあります。 商用で訪れる人も多いのです。 口コミサイトを見る時に、現地の写真が豊富にあるサイトを見るようにしましょう。 文章では何とでも書けますが、写真は一目瞭然、嘘は付けないからです。

台湾のホテル

台湾の観光旅行はホテルが大事ですね。 ホテルの人気ランキングを見てみましょう。 一位は「レスイーツ台北チンチェン」です。 おしゃれなホテルとして賞を受賞しています。 口コミ情報によれば、立地とスタッフは最高と言うことです。 駅からも近く、女性の旅には安心できます。 スタッフは日本語がすらすらと話せるわけではありませんが、英語で丁寧に話してくれます。 リラックスできる雰囲気ですね。 朝食もおいしいようです。 朝食は無料ですが、十分満足できるレベルです。 観光旅行では食事の質が楽しみの大きな要素となるようです。 ホテルの近くにはシャンプーが激安の美容院があります。 台湾は暑くて、汗ばみますから女性にとっては毎日のシャンプーが欠かせませんね。 部屋はシックな感じで落ち着くことができます。 その点、このホテルは十分及第点でしょうね。 口コミ投稿で悪い発言はありません。 リピーターの人も多いようです。 ホテルの設備を紹介しておきましょう。 それから、高速インターネットが準備されていますから、ネットがないと落ち着けないと言う人にはお勧めですね。 この他にフィットネスクラブや子供向けの用具もあります。 もちろん、バー・ラウンジはホテル内にあります。 気になる宿泊料金ですが、おおよそ1万8千円です。 格安ホテルを考えている人にとっては、ちょっと高いですね。 ホテルはある程度レベルの高いところを選んで、その他の部分の予算を削ると言う旅行もあります。 人それぞれの考えですね。

台湾観光旅行の費用

海外旅行を計画する時に重要なことの一つは費用ですね。 旅行会社に支払う費用だけではなく、日中の食事やお土産物などの費用も見込んでおきましょう。 台湾観光では何泊するかによって金額が大きく変わります。 まずは日程の計画を立てることですね。 格安ツアーは世界中のどこでもありますが、その内容をしっかり確認しておきましょう。 そして全体の費用を算出してみることです。 そのためには食事などの価格情報を知ることが大切です。 また、為替レートもありますね。 当然円高ならば、割安となるからです。 インターネットで、台湾観光旅行の情報を調べてみましょう。 台北ツアーを検索してみると、1万件以上のパターンがあります。 それだけ、多くの人が台湾旅行に出かけていると言うことでしょうか。 安いツアーであれば2万円の前半で予約できます。 もちろん、食事などは付いていません。 安いツアーを選択して、ホテルだけをランクアップすると言う手もあります。 自分のこだわりの部分だけはしっかり押さえておきましょう。 台湾までの移動時間は4時間程度ですから、移動日の行動がどうなるかも重要です。 4日間の旅と言っても、初日と最終日は移動のみとなるパターンも多いからです。 予算あっての観光旅行ですが、あまり費用面ばかりを気にすると、楽しめない旅行になりかねません。 ある程度の出費は覚悟しておきましょう。 めったに海外旅行に行かない人にとっては、一生の思い出になることでしょう。

台湾観光旅行について

日本からはすぐのところにある台湾ですが、私たちはあまり知らないのではないでしょうか。 どのような人たちがどのような生活をしているのかを知った上で、台湾観光旅行に出かけたいものです。 もちろん、観光旅行ですから、主な観光地の情報はしっかりと収集しておきましょう。 個人で台湾の旅行に出かける人はほとんどいないでしょう。 旅行会社のツアーを利用するのが一般的です。 価格も安くて済みますね。 日本と台湾の時差は1時間です。 台湾の方が進んでいます。 移動は飛行機で行けばすぐです。 札幌からでも4時間ですし、福岡からならもっと早くなります。 台湾の観光旅行を計画するなら、どの時期がいいかと言うと、いつでもいいようです。 日本の沖縄と同じような気候ですから、明確な四季はありません。 つまり、冬がないのです。 強いて挙げるならば、3月から5月がベストシーズンと言われていますね。 7月から9月は台風のシーズンになってしまうのです。 これは日本も同じことですね。 台湾にはたくさんの企業があり、中には国際的にも有名な企業もあります。 日本からのビジネスマンもたくさん仕事で出張しているのです。 ビジネスマンが多いため、ホテルはたくさんありますね。 観光客相手のホテルよりも、ビジネスホテルの方が安くて安心できるかもしれません。 台湾の治安はいいですから、トラブルに巻き込まれることは少ないかもしれませんが、貴重品だけはしっかりと持っておきましょう。 もっとも、これは現代の日本でも言えることですね。

子ども連れの台湾旅行

冬に子どもさんを連れて海外旅行をするのなら、快適で暖かいところが良いですよね。そこで海外旅行先を台湾にするご家庭もあると思います。ここでは、台湾への海外旅行に子どもさんを連れて行く際に、事前によく確認して欲しいことを紹介します。 まず、持って行った方が良いものです。ハンカチやティッシュ、ウェットティッシュ、虫よけスプレーなど衛生面で必要なものは、旅行バッグ以外のバッグにすぐに取り出せるようにしておきましょう。 冬でなくても、電車やホテル、デパートなどでは、クーラーが寒いと感じるくらいよく効いていることが多いので、子どもさんが風邪をひいてしまうかもしれません。そのため、夏の時期に行く場合や、冬の時期に暖かいところへ行くとしても、長袖のシャツや上着を用意しましょう。 また、台湾ではスコールが降ることがあるので、急な雨から子どもを守るために、子ども用のカッパを用意しておきましょう。また、薬局やコンビニなどで、薄いビニールのカッパが売られているので、現地に着いてからでも手に入ります。ただ、雨がやんで晴れてくると、次は日差しが強くなります。そのため、折り畳みの晴雨兼用の傘を用意しておくと安心です。 台湾への海外旅行なら、生活用品を忘れてしまったという時は、コンビニやスーパーなどでもすぐ手に入るので、それほど心配いりません。いつも使っている風邪薬や頭痛薬、胃薬などは、日本から必ず持って行きましょう。台湾は日差しがとても強いので、日本で買った馴染みのある日焼け止めを持って行きましょう。 ホテルを選ぶポイントとしては、交通の便が良くて徒歩移動がなるべく少ないホテルにしましょう。海外旅行の荷物は大変多いでしょうし、子どもさんの面倒もあって、あまり移動が長いと疲れてしまいます。また、台湾の道路は整備されていなかったり、車やバイクがたくさん走っていたりして、子どもさんを連れて歩くのはとても危険です。できれば、最寄りの駅から送迎バスが用意されているホテルが安心です。

小学生におすすめの海外旅行

子どもが小学生にも成長すると、いろんなことがほとんど自分でできるようになり、体力もついてきます。そのため、長い距離、長い移動時間の旅行も問題なくなるので、海外旅行も楽しむことができるでしょう。また、海外旅行先でのアクティビティも、親子で挑戦して楽しめるようになります。 中でも、小学生の子どもさん連れの海外旅行でおすすめなのが「台湾」です。まず台湾の良いところは、飛行時間が成田空港から約4時間で、時差はたったの1時間ということです。小学生といっても、あまり飛行機に長時間乗っていると苦痛でしょう。また、時差は大きいと体調を崩してしまうこともあります。台湾への旅行なら、そのような飛行機の心配もないのです。 また、台湾は親日的だと知られているように、日本語を話すことができる人も多いですし、日本人とわかればとても親切にしてくれます。子どもにも優しいので、子どもがいると、電車などで席を譲ってくれたり、公共の場で子どもが駄々をこねていても、嫌な顔せずに温かく見守ってくれたりします。 台湾は1年中暖かいところだと思っている人も多いかもしれませんが、台湾にも四季があります。夏は暑くなり、冬の天気の悪い日はかなり寒くなります。冬休みに暖かいところへ行こうと台湾へ行ってみたら、あまりの寒さに驚いた、という方も多いようです。台湾の天気は読みにくく、寒波に覆われることもあるので、特に、子どもさんがいる場合は、暖かい服装を用意するなど、服装に注意してください。

近年の海外旅行事情

1990年代に入ると、海外旅行は急激に身近なものへとなっていきます。 バブルが弾け、景気が傾いてきた時期もその傾向は変わらず、1995年には過去最大級の円高水準を記録した事で、むしろ国内の旅行より海外旅行が安いのでは?という状況にまでなっていきました。 実際、円高に加え、飛行機が大型化した事もあって旅費は低下の一途を辿っており、この頃から台湾、韓国などのアジア近隣諸国に関しては、国内とほぼ同等、場合によっては国内旅行よりも安い価格で旅行できるようになりました。 2000年代に入ると、アメリカ同時多発テロなどの勃発によって安全面での不安が叫ばれるようになり、一時海外旅行の需要は伸び悩みを見せます。 さらには、原油価格の高騰による燃料費の急騰や国内旅行の巻き返し等もあって、海外旅行者数は減少した事もありました。 しかしその後、海外へ赴く際の注意点、基礎知識などをまとめた書籍やインターネットサイトなどが普及し、またさらなる格安プランが次々と生まれ、円高が進む等の海外旅行に有利な点がいくつも出てきた事で、その旅行者数は回復し、以前の水準に戻っています。 これは単に状況がそうなったというだけでなく、海外旅行というパッケージ自体の魅力が不変である事を示しているといえるでしょう。 昔と違い、近年は海外旅行は富裕層の娯楽、高嶺の花、夢といったものではなくなりました。 ハワイへ行くにしても、北海道や沖縄に行くのとほとんど変わらない値段になってきています。 今では、修学旅行で海外へ赴くというケースも珍しくはなくなってきました。 海外旅行に関する基礎知識も確立しており、今や海外旅行というのは、一般市民の娯楽のひとつとして定着しているのです。