台湾観光旅行の基礎知識

外国に行くならば、その国の基本的なことは知っておいた方がよいでしょう。 台湾は日本に近いのですが、意外と日本人は台湾のことを知りません。 観光地もどこにあるかわからないですよね。 旅行に出かけて、南も北もわからないと感動が今ひとつになってしまいますね。 さて、台湾の基本情報を紹介しましょう。 まず、人口ですが、おおよそ2000万人強です。 その中の1割以上が台北市です。 その次は高雄市で、150万人です。 国土の面積はほぼ九州と同じです。 ただし、九州の人口は1500万人ですから、人口密度は高いと言えますね。 沖縄の南側に位置していますから、気候的には南国そのものです。 湿度も意外と高いのです、すぐに汗ばんでしまいますが、冬場が一番過ごしやすいようです。 海外の治安の悪さは、いろいろな旅行の口コミを読むとわかるのですが、台湾は犯罪発生件数が少ない方からトップクラスです。 つまり治安はいいのです。 もちろん、国内でも同じですが貴重品はしっかりと持っておかなければなりません。 台湾の物価については、円高の影響もありますが、全般的に安いと考えて間違いありません。 日本の相場の半額と思えばよいでしょう。 台湾の観光名所をいくつか紹介します。 台湾南部の高雄市には「愛河」と言う美しい川があります。 観光スポットですね。 河畔には緑地公園や自転車道などが整備されています。 夕方の散策などいいですね。 それから、日本人が一番助かるのは、台湾にはチップの習慣がないことです。