台湾の天気

旅行に行く前に現地の天気を調べておくことは大切ですね。 台湾は日本の隣ですから、日本の天気予報の中に台湾の天気予報もあります。 観光旅行先として台湾が選ばれる理由の一つとして、天気の安定があります。 亜熱帯、熱帯気候ですから、1年中温暖な気候となっています。 台風の時期を除けば、過ごしやすい国だと言えるでしょう。 日本のように明確な四季はありません。 3月から5月は晴れると暑いのですが、朝晩は少し冷えることがあります。 台風シーズンは6月から9月です。 湿度も高くなり暑苦しいですね。 ホテルなどではエアコンを強力に掛けていますから、逆に肌寒いかもしれません。 10月から11月は春先と同じで、日中は暑くて、朝晩は冷えます。 そして、12月から1月は気候的には日本の春のイメージです。 時には寒波に見舞われることもありますから、セーターを持っておくことをお勧めしますね。 台湾で日中に観光する時には、暑さ対策が大事です。 特に2012年の夏は日本と同じように猛暑となりました。 台湾旅行を計画しているならば、帽子、日笠、水分補給、サングラスなどを忘れないようにしておきましょう。 脱水症状や熱中症になってしまいます。 幸いなことに台湾にはコンビニがたくさんあります。 セブンイレブンやファミリーマートがあります。 お金さえあれば、水分補給の心配はないでしょう。 せっかくの台湾観光ですから、健康に注意して楽しみたいものですね。 しかし、実際の暑さは現地に行ってみないとわかりません。