台湾観光旅行の魅力

台湾旅行の魅力はどこにあるでしょうか。 もちろん、人それぞれに旅行に求めるものは違うでしょう。 台湾には観光地もたくさんありますから、観光地を巡る旅行もいいですね。 他の国と比べてどうかと言いますと、食事がおいしいと言うことでしょうか。 日本人の味覚に合うのでしょうね。 中国や韓国料理はちょっと苦手だと言う人は多いのですが、台湾料理がダメと言う人は少ないのです。 台湾の気候は沖縄のイメージです。 冬がなく、1年中暖かい国ですね。 観光産業が極端に盛んなわけではありませんから、日本語がそのまま通じるわけではありません。 しかし、台湾の表記は漢字ですから、日本人なら何となく意味がわかるようです。 しゃべらなくても指させばいいのです。 レストランでメニューを見ながら、これと言えばいいのです。 ホテルには日本語がわかるスタッフがいるようです。 治安も悪くありません。 ただ、スリだけは注意しておきましょう。 財布やパスポートを取られてしまう日本人は少なくないのです。 台湾のレストランは高級料理店から、道端の屋台でもおいしく食べられます。 もちろん、円高の影響もあり、費用の面ではかなり余裕ができるでしょう。 お土産などもたくさん買えますね。 日本からは3,4時間程度で台湾に着いてしまいます。 沖縄から北海道までと変わらないのです。 あなたも台湾旅行をしてみませんか。 口コミサイトなどを読んでみると、その魅力がわかります。 ぜひ、自分で体感してみましょう。

初心者の台湾観光旅行

家族旅行として初めて台湾ツアーに出かけた人の話です。 インターネットでツアーを探して、台湾横断と言う14日間のツアーに出かけたそうです。 家族でこれだけ長期間の海外旅行ができるなど、うらやましい限りですよね。 見どころを巡る台湾横断の旅は、高雄・台南・台中・台北・日月潭を巡る旅でした。 このツアーのよいところはすべての食事が付いていることです。 食事は自分で食べたいものを選ぶツアーが多いのですが、初めての国で、何を食べればよいのか迷ってしまいますよね。 ツアーに食事が付いている方が、何も考えずに済むのです。 この家族の場合は、初めての台湾ではありません。 ある程度慣れているからこそ、このような長期の旅ができるのでしょう。 台湾の観光地をじっくりと見る旅行は意外と時間がかかりますよね。 1か所に1日としても、観光地が多いのです。 ツアーに参加した時の記録をネットで公開することで、自分たちの思い出にもなりますね。 海外旅行で食事先を決めていたとしても、いざ現地に着いたら店がないと言うこともあります。 そのような時には食事の場所を探すのが大変になりますね。 ツアーで食事付を選ぶかどうかは、そのようなリスクも考えておきたいものです。 ツアーと言っても、添乗員がいなければ、予約にしたがって食事やホテルを移動することになります。 途中で迷子になっても誰も助けてくれないのです。 初めての台湾旅行ならば、長期間のツアーは止めておいた方がいいでしょう。 さらっとしたスケジュールで、ちょっと物足りなさが残る程度がいいでしょう。

韓国旅行での食事について

韓国旅行でちょっと気になるのが韓国料理のマナー。 韓国料理のお店自体は日本にもたくさんありますから、なじみがありますね。 韓国のレストランでは、キムチやナムルなどは無料でサービスされます。 おかわりも自由のお店がほとんどです。 これはとってもうれしいですよね!ちなみに、キムチとナムルは各家庭でも常備してあり、韓国の家庭では毎回の食事でたくさんの種類のおかずが並ぶのが日常だそうです。 豊かな食文化は、一般家庭にも根付いているんですね。 そういえば、韓国料理店では、長い柄のついたスプーンと、お箸が両方出てきますよね。 どっちを使うか一瞬、迷ってしまいますが、韓国では、ご飯や汁物はスプーンで食べ、汁の無いおかずはおはしで食べるのが基本だそうです。 また、ご飯を汁物に浸し、まぜて食べるのもアリなんだとか。 この発想の柔軟さは、肩肘張らずに食事ができて、観光客にもうれしいところ。 また、食器は持ち上げず、テーブルに置いたまま食べるのがマナーです。 ただ、冷麺を食べるときや、汁物を食べ終わって、最後の一滴までスープをおいしくいただくときは、器を持ち上げてもかまわないという意見もあります。 ちなみに、日本と違って、汁物や麺類を音を立ててすするのは、あまりよくないとか。 これ、意外と知らなかったという方も多いのでは。 でも、そのためにスプーンとお箸、両方が出てくるんだなと納得です。 バリエーション豊富で、身体にもよく、美容にも良い韓国料理、本場で思いっきり味わって楽しみましょう。

海外旅行保険の口コミ

口コミサイトのおすすめを参考にして、いろいろな商品購入の検討をしている人は少なくないでしょう。 海外旅行保険も同じです。 口コミサイトを見れば、たくさんの情報を入手することができます。 海外旅行保険は通常の保険と同じ考えでいいのですが、国によってトラブルの内容が違います。 天候が悪くなったり、飛行機が故障したりして、日程がスケジュール通りにならない国はたくさんあります。 日本ではほとんど考えられないことがたくさんあるのです。 食べ物が合わずに腹痛を起こしてしまう例は多いかもしれません。 口コミサイトでも多くの体験がつづられています。 病気や怪我の場合は、帰国後でも通院をしなければなりません。 誰でも旅行先で具合が悪くなることは予想できません。 スリや置き引きなどの犯罪なら避ける方法はありますが、病気ではどうしようもありません。 外国では食材が違いますから、体質に合わないケースも少なくないのでしょう。 胃腸が弱い人は特に注意しておきましょう。 注意しなければならないのはインターネットでの契約とカウンターでの契約は金額に大きな差があることです。 インターネットでは大幅割引があるのです。 そのことを知らずに空港のカウンターで加入して、憤慨している人もいます。 口コミサイトを読むと、いい感想と悪い感想があります。 どちらも理由がありますから、間違っているわけではありません。 自分に合った保険がおすすめの保険であることを忘れないようにしましょう。

食事

海外旅行の楽しみの1つと言えばやはり「食べること」だと思います。 食事はツアーについていたり、自分たちで現地のレストランへ行って食べたりすることになると思います。 日本でプランを考えているときに、いいお店を見つけたら事前に予約しておくといいと思います。 言語に自信がある人は電話やFAX、あるいはインターネットで予約するといいと思います。 言語が心配な人は、旅行会社を通して予約するといいと思います。 ただし手数料がかかるかもしれません。 もちろん現地に行ってから予約することも可能です。 ホテルの部屋にある電話からレストランへ電話して、自分で予約するか、ホテルのフロントなどに頼んで予約してもらうといいでしょう。 海外旅行ではチップを用意する必要があります。 レストランでは特にチップが必要なるため、小銭を準備しておきましょう。 海外での食事のマナーについて説明します。 レストランへ着いたら、入口で予約名を伝えます。 勝手に店内には入らないで案内されるのを待ちます。 案内されてテーブルまで歩くときにレディーファーストなので女性を前にします。 料理をオーダーするとき、メニューを見て何がいいのか困ったらお店の人におすすめを聞いてみるといいと思います。 「おすすめはなんですか?」という英語を覚えていくと便利です。 食事後の支払いは、海外ではテーブルで行います。 日本のように席を立ってレジに行くのではなく、座ったまま「チェックプリーズ」と勘定をお願いします。 勘定書にサービス料が入っていなければ、チップ分も支払うようにしましょう。 カードで支払うときには、チップ分だけ小銭を置いていくか、カードの伝票にチップ額を記入する欄がありますので確認してください。 レストランによっては、ドレスコードがあるところもあります。 少しおしゃれなレストランを予約したときには、入店を断られないようにきちんとした服装をしていかなければいけません。 どんなときにも困らないように最低でも1着はドレスコード対応の服を準備していった方がいいと思います。

海外での食事を楽しもう

外国へ足を運んだ際に、是非堪能したいのが料理です。 世界各国、その国ならではの文化がありますが、それが一番はっきりと現れているのは、食事です。 その食事を楽しむ事は、その国の文化に触れるという事でもあります。 そういう意味でも、海外旅行の際にはその国ならではの食事を楽しまないともったいないですよね。 その国の食事の基礎知識を予習しておき、食べたい物をロックオンしておきましょう。 ただ、海外での食事は、日本とは異なるマナーがあります。 特に大きな違いとなるのは、チップですね。 チップの基礎知識も、なるべく事前に学んでおきましょう。 アメリカやヨーロッパへの海外旅行の際、レストランに入る時にはチップを用意しておく必要があります。 最低限のマナーとして、サービスを受けた際にはチップを支払う事は覚えておきましょう。 ただし、国によっては支払う必要がない場合、最初から勘定にチップが含まれている場合があるので、どの国にどんなマナーがあるのか、あらかじめ調べておくと良いでしょう。 チップ以外にも、レディーファーストや食事中に音を立てない、ワインはウエイターが注ぐのを待つなど、マナーの基礎知識はある程度頭に入れておくようにしましょう。 高級レストランの場合は、予約が必要になってきます。 基本的には、予約は現地に着いた時点で行う方が良いでしょう。 もし、そのレストランありきで海外旅行をするのならば、日本で予約していても構いませんが、あまりメリットはありません。