ベルギー・世界遺産都市ブルージュ

ベルギー 観光旅行
Pocket

ベルギーは九州ほどの大きさの小さな国ですが、EC本部やNATO本部もあるヨーロッパの中心国でもあります。その一方で中世の街並みが残る国としても有名です。その中でも、是非行ってみるべき街はブルージュです。
ブルージュはベルギーの首都、ブリュッセルから電車で1時間ほどの所にあります。世界遺産に登録されている街でもあります。中世に戻ったかのようなシックで美しい街で、石畳の道を徒歩で歩きながら、名所を巡ることが出来ます。
ブルージュの中心、マルクト広場のシンボルとも言える、鐘楼。13世紀から15世紀にかけて建てられ、塔の高さは88メートルにもなります。47個の鐘から生み出される音色は、荘厳で美しく、ヨーロッパの中でも指折りのものです。その音色を聞けば、ますます中世に戻ったかのような気持ちになりますよ。
ブルージュ駅から歩いてすぐの所には「愛の湖」という公園があります。沢山の緑に囲まれた静かで小さな湖は、物思いにふけるにはもってこいの場所です。湖には白鳥が泳ぎ、緑の間に建つ、古い建物とのコラボレーションは、おとぎ話の世界です。
ブルージュには縦横に運河が流れていて、そこをボートで巡ることができますので、是非、乗ってみましょう。ブルージュの良さを堪能することが出来ます。マルクト広場にいくつかボートのチケット売り場があり、簡単にチケットを購入できます。料金も日本円で千円くらいですので、ブルージュの魅力を徒歩とボートで、楽しみましょう。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL