ハワイでホエールウォッチング

Pocket

海外旅行へ冬のハワイに行くのなら、冬限定の「ホエールウォッチング」を体験しないと損です。とても大きな体で大迫力のパフォーマンスを間近で見ることができるホエールウォッチングは、毎年、12月~4月がチャンスの時期です。
クジラの大きな体の迫力のある大ジャンプや勢いよく吹き上げる潮、水面をたたくシッポなど、ハワイの雄大で青く美しい海で目の当りすることができます。また、親子で寄り添って泳ぐクジラに遭遇できる場合もあります。このようなホエールウォッチングができるクルーズは、ハワイの各島から用意されています。
ホエールウォッチングで見られるクジラは、「ザトウクジラ」です。ザトウクジラは冬になると、出産や子育てのために、寒いアラスカから暖かいところを求めてハワイを目指します。「ザトウ」とは“琵琶法師”を意味する「座頭」のことで、座頭が背中を丸めて琵琶を演奏している姿にザトウクジラの体型が似ていることから付けられました。体長はオスが約14mでメスが約15mにもなり、体重は大きいものだと約40tもあります。
また、「マウイ島」では、海沿いにあるレストランから、肉眼でクジラを見ることができることもあります。世界に生息するザトウクジラの半分近くが、越冬のために暖かいところを求めてマウイ近海へやって来るので、マウイ島周辺はザトウクジラの保護区となっています。2月には、マウイ島の各所で「マウイ・ホエール・フェスティバル」が約1ヶ月間にわたり開催され、クジラたちを歓迎しさまざまなイベントが行われます。
冬の海外旅行でハワイへ行くなら、ぜひホエールウォッチングを体験してください。

コメントは受け付けていません。