韓国旅行での食事について

Pocket

韓国旅行でちょっと気になるのが韓国料理のマナー。
韓国料理のお店自体は日本にもたくさんありますから、なじみがありますね。
韓国のレストランでは、キムチやナムルなどは無料でサービスされます。
おかわりも自由のお店がほとんどです。
これはとってもうれしいですよね!ちなみに、キムチとナムルは各家庭でも常備してあり、韓国の家庭では毎回の食事でたくさんの種類のおかずが並ぶのが日常だそうです。
豊かな食文化は、一般家庭にも根付いているんですね。
そういえば、韓国料理店では、長い柄のついたスプーンと、お箸が両方出てきますよね。
どっちを使うか一瞬、迷ってしまいますが、韓国では、ご飯や汁物はスプーンで食べ、汁の無いおかずはおはしで食べるのが基本だそうです。
また、ご飯を汁物に浸し、まぜて食べるのもアリなんだとか。
この発想の柔軟さは、肩肘張らずに食事ができて、観光客にもうれしいところ。
また、食器は持ち上げず、テーブルに置いたまま食べるのがマナーです。
ただ、冷麺を食べるときや、汁物を食べ終わって、最後の一滴までスープをおいしくいただくときは、器を持ち上げてもかまわないという意見もあります。
ちなみに、日本と違って、汁物や麺類を音を立ててすするのは、あまりよくないとか。
これ、意外と知らなかったという方も多いのでは。
でも、そのためにスプーンとお箸、両方が出てくるんだなと納得です。
バリエーション豊富で、身体にもよく、美容にも良い韓国料理、本場で思いっきり味わって楽しみましょう。

コメントは受け付けていません。