韓国旅行で本場のピビンパを味わおう

Pocket

韓国といえば、日本でもおなじみのピビンパ。
韓国旅行にせっかく行くなら、ぜひ本場のピビンパを食べたいですね。
韓国では、ピビンパは手軽なメニューとして、レストランでも、一般家庭でも人気で、とても親しまれているお料理です。
ビュッフェのように、ご飯の上に乗せる具を自分で好きなだけ取る、というシステムのお店も人気があります。
ピビンパに載せる具はとってもバリエーションが豊富です。
オーソドックスなタイプの、ご飯の上にナムルを乗っけたものは「ボトン(普通の)ピビンパ」といいます。
有名どころではユッケを載せたユッケピビンパ。
タコや貝など海鮮を載せた「ヘムル(海鮮)ピビンパ」なんてのもあります。
最近では、ヘルシー志向を反映して、生野菜をたくさん載せたビピンパが若い女性には人気です。
ピビンパは、辛いお味噌の「コチュジャン」や、ごま油、多くのお店でフリーでサービスされるキムチを混ぜたり、自分でアレンジできるのも魅力です。
韓国では各地域にそれぞれの特色をもったいわば「郷土ピビンパ」があります。
とくに全羅北道と呼ばれる地域発祥の「全州ピビンパ」は、なんと、国の無形文化財に指定されているそうですよ。
ソウルでおいしいピビンパが食べられると有名なのは、「全州中央会館」。
石焼ピビンパはこのお店が発祥といわれているそうです。
美味しいピビンパを冷めずに美味しく食べられる石焼ピビンパ。
おこげもおいしいんですよね~。
「全州中央会館」はソウル随一の繁華街であり観光地でもある明洞に本店があります。
韓国旅行の際にはぜひ訪れてみてください。

コメントは受け付けていません。