台湾観光旅行と日本語

Pocket

海外旅行では言葉の壁に心配する人が多いようです。
台湾の観光旅行での日本語はどうでしょうか。
日本人観光客が多いところは日本語で表記されている場合もありますし、ガイドが日本語で話してくれることもあります。
台湾全体で見ると、日本語が通じないところもありますが、通じるところもある感じですね。
インターネットなどで調べてみると、日本語のわかるスタッフがいるかどうかわかります。
どうしても日本語でなければ不安だと言う人は、そのような場所をピックアップして予約するとよいでしょう。
しかし、外国ですから日本語が通じないことが当たり前です。
あまり心配しなくてもよいでしょう。
また、台湾では中国語ですが、表記は漢字です。
漢字を見れば何となくイメージできるような気がします。
お年寄りなどには日本語を話せる人がいます。
日本の統治時代を生きてきた人たちです。
特別にローカルなところに行かない限り、言葉の心配はしなくてもいいと考えてください。
中国語も英語も話せない日本人が多いのに、不便を感じている人が少ないことがその証拠です。
台湾の特徴として、コンビニが多いことが挙げられます。
日本で販売されているものが置いてあることも多く、ほとんど違和感はありません。
悪く言えば外国に来た気がしないのです。
いずれにしても、相手とは笑顔で接すれば意思が通じるのかもしれません。
どうしても話さなければならない時は片言の英語で十分です。
相手もゆっくりと話してくれます。

コメントは受け付けていません。