ムンバイの旅

Pocket

インド最大の都市はムンバイです。
あなたがインド旅行でムンバイによるのなら、その良さを知ってください。
ムンバイは鈴の形をした島です。
インドの中西部にあります。
中央部が狭まって輝く砂浜になっています。
そして、その向こうにはアジア最大の良港があるのです。
1668年に東インド会社がムンバイを手に入れたのです。
そして、瞬く間に都市を作ったのでした。
当時ムンバイにはほとんど人が住んでいませんでしたから、東インド会社がすべてを作ったと言えるでしょう。
そのためにこの都市はインドでもなくヨーロッパでもない不思議な都市となったのです。
本土から渡ってきた様々な人種や宗教が混とんと入り混じっているのです。
ムンバイにある珍しいレストランを紹介しましょう。
その名も「ワサビ・バイ・モリモト」です。
何だか日本人の名前みたいですね。
そうです。
日本人の森本シェフがプロデュースした和食レストランなのです。
2004年にオープンしており、カウンター、テーブル、個室など本格的です。
ネタは築地から取り寄せているそうですから、まさに本物です。
でも、わざわざインドに行ってお寿司を食べるのもなんだかなですね。
それならばと、「レオポルド・カフェ」はどうでしょうか。
100年以上も経っている老舗です。
店内は高い天井で広々としています。
中華料理とインド料理がメインですが、どの料理もボリュームたっぷりです。
お勧めはチキン・ティッカ・マサーラーですね。
入店時にボディチェックがありますから、旅行客にとっても安全は保証付きです。

コメントは受け付けていません。