インドの音楽

Pocket

長い歴史を持ったインドですから、旅行をするといろいろと新しい発見もあるでしょう。
学校で習ったインド以上に壮大な国なのです。
インド旅行に行く目的は何ですね。
タージマハルやその他の世界遺産を見るのもいいのですが、現地の音楽に触れてみるのはどうでしょうか。
日本にいるとインドの音楽を聴く機会はほとんどありませんよね。
インド音楽のことを紹介しましょう。
インドの音楽はその歴史の影響でしょうか、多様で奥の深い独自の世界となっています。
民族音楽から始まったヒンドゥースターニー音楽、カルナティック音楽などに代表されるインド古典音楽があります。
それから、バングラ、ラジャスタン、ラヴァニなどの民俗音楽が生み出されました。
現代は外国の影響でポップスも若者を中心にかなりの人気を集めています。
また、ヒップホップを取り込んだインド独自のダンスミュージックも広く親しまれています。
そして、世界最多の映画製作本数を誇るインドならではの音楽があります。
それはフィルミーと呼ばれる映画音楽です。
インド映画の多くはミュージカルです。
このミュージカルを形作っている映画音楽はインド人の暮らしの中に溶け込んだ日常の音楽となっているのです。
インドでは古典音楽から現代音楽まで多様な音楽を聴くことができます。
それはまるで、世界の始まりから現代までを聴いているかのようなイメージです。
インド独特の音階で奏でられる音楽はあなたの心に響くことでしょう。
インド旅行をしてよかったと思うはずです。

コメントは受け付けていません。