インド映画と旅行

Pocket

インドの娯楽は何と言ってもインド映画ですね。
日本や他の国の映画とは趣が非常に違っています。
インド旅行に行ったならば、一度は映画を見てみるのもよいでしょう。
インドで制作される映画の本数は世界一だそうです。
多くの人が映画大好きなのですね。
どのような映画なのでしょう。
映画のほとんどは娯楽作品で、芸術作品はほとんどありません。
ミュージカル仕立てになっています。
ヒーローやヒロインが衣装を変えながらインド歌謡を歌います。
映画音楽がインドのヒット曲となっています。
基本的に楽しい映画ばかりです。
インド映画で大事なのはナヴァ・ラサと呼ばれる九つの情感です。
全体の物語の中に色気、哀れ、怒り、笑い、勇気、恐怖、驚き、憎しみ、安心が入っていることです。
これがインド映画の基本なのですね。
ストーリーは単純で、必ずハッピーエンドになります。
ヒンドゥー語がわからなくても、映像を見ていればあらすじがわかる程度です。
映画館の中はベンチシートになっています。
映画の内容によって観客たちは非常に盛り上がります。
ヒーローやヒロインが登場する時や格闘シーンなどでは観客から歓声が飛び交います。
インド人にとっては、映画が唯一の娯楽なのかもしれません。
毎日の貧しい生活を忘れて、希望を持たせてくれるのが映画なのでしょう。
そのような観点からインド映画を見ていると、幸せな国民だと思ってしまいますよね。
貧しいけれども不幸ではないのです。
逆に裕福だけど幸せに慣れない日本人の方が多いようです。
インド旅行に行って改めて感じられますね。

コメントは受け付けていません。