インドの見どころ

Pocket

インド旅行を紹介するサイトで見どころを調べてみましょう。
旅行としては遺跡巡りが一番オーソドックスですね。
古代からの世界遺産がたくさんあります。
いくつか紹介しましょう。
ガンジス川の近くにあるベレナスはヒンズー教、仏教の大聖地です。
三島由紀夫の紀行や遠藤周作の小説にも出てくるところです。
多くの人がこの地を訪れて感銘を受けているのですね。
長淵剛もベレナスを訪れています。
インドの首都デリーから南東に約800kmです。
デリーとカルカッタの丁度真ん中に位置しています。
大小1500程の寺院があります。
グシャラート州はインド西部に位置します。
中心都市であるアーメダバードは工業化が進んでおり、インドの中では比較的豊かなところです。
ここは何故が州の法律で禁酒となっています。
ここにもいろいろな遺跡があります。
金曜モスクとして知られているのはジャママスジッドです。
1423年にアーメド・シャーによって建てられた建造物です。
異なる高さのドームが15戸とあり、柱には蓮や金剛杵の彫刻が残っているようです。
バドラ城は1411年に同じくアーメド・シャーによって建てられました。
バドラとはヒンズー教の女神カーリー神の化身の名前です。
現在は政府の庁舎として使用されていますので、中に入ることはできません。
1400年代の遺跡がたくさん残っている地方です。
歴史に興味がある人にはとても魅力的なものかもしれませんね。
マハトマ・ガンジーが活動拠点としていたところがガンジー・アシュラムです。
寝起きしていた非常に質素な家です。

コメントは受け付けていません。