ハワイの魅力1(気候)

Pocket

何故、多くの日本人はこれほどまでにハワイへ旅行に行きたがるのでしょう。
たとえば、ハワイが飛行時間2~3時間で到着する暖かい場所にあるというのであれば、お手軽に行けるリゾート地ということで、まだ納得がゆきます。
しかし、実際の飛行時間は7~9時間ほどもかかります。
つまり、それだけの時間をかけて飛行機で出かけていく価値のある場所だということになりますね。
ほとんどのかたが口を揃えて言うことには、ハワイはなんと申しましても、気候がいいのだということです。
常夏の島というイメージのハワイですが、日本のジメジメした夏を想像してはいけません。
カラッと乾燥しているために、高温であることを苦痛に感じさせないのがハワイなのです。
ですので、温暖でいつお出かけしてもすごしやすい島ということになっています。
あまりにも気候が良いために、移住してしまう日本人も多いのですよ。
移住とまで行かなくても、長期滞在のかたがたも非常に多いです。
それほどまでに、日本人をひき付ける気候とはどのような気候であるのか、一度、体験してみたくありませんか。
ところで、常夏と言われるハワイではありますが、それなりに旅行のベストシーズンと言われている時期があります。
11月から3月にかけては雨が多くなりますので、それ以外ですと、本当に湿度が低くて最高に過ごしやすいようです。
会社勤めのかたでしたら、ゴールデンウィークか夏休みが最適ということになりますね。
しかし、ハワイの雨は一日中延々と続くことはほとんどありませんので、お正月でも充分に楽しむことは出来ます。
日本のゴールデンウィークは、南の地方を除き、天候によってはまだ肌寒い日などもありますので、ここはもう思い切ってハワイにでかけてしまうのも良いですね。

コメントは受け付けていません。