ハワイでタイムシェア

Pocket

「タイムシェア」をご存じですか。
新しい形の宿泊形態、もしくは新しい形の物件所有法と申しましょうか。
簡単に申しますと、1年を52週に分けて、1週間単位で物件の所有権を購入するシステムです。
つまり、海外に一週間単位で暮らすことができる別荘を持っているようなものです。
そのメリットというのは、長い目でみればホテルよりも安く、広いお部屋に自宅のように滞在できるということに尽きるでしょう。
旅行に来ていながら、そこで暮らしている感覚になれますね。
ハワイの場合、その多くはコンドミニアム形式です。
コンドミニアムには通常、プールやジム、テニスコート等々の共同設備も備わっていますので、それらを自由に使うことも出来ます。
そして、このタイムシェアというシステムが、現在、ハワイで増えてきているのです。
ハワイは旅行のリピーターが非常に多く、できれば暮らしてみたいというかたも多いため、そのようなシステムが支持されるのでしょう。
また、ハワイだけでなく、世界各国に旅行したいかたには、他のかたの所有するタイムシェア物件との交換利用も可能となります。
ですが、日本人は、まずハワイのタイムシェア物件を希望するかたが多いようです。
個人でハワイに別荘を持つには、いくら経済的に豊かと言われている日本人でも、一般のかたがたにはまず難しい話です。
経済的な面ではクリアできるかたであっても、管理の面で難しいと思われます。
となれば、やはりタイムシェアが最適だということになりませんか。
不動産としての登記も行われますから、資産的な価値もちゃんとあるのです。
ただ、やはり物事にはメリットもあればデメリットもあるもので、タイムシェアのデメリットは、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休みに物件を使用したいかたが集中するということですね。
外国人の使用者が多い場合には、ゴールデンウィークに混雑することは少ないでしょうが、夏休みと冬休みはやはり混雑するでしょう。
ですから、一般的な会社勤めではないかたやリタイア後のかたのほうが所有に向いているということになるでしょう。

コメントは受け付けていません。